怒りがもたらす悪影響

· 2月 13, 2016
怒りを感じると、筋肉や関節は緊張し、血行が悪くなり、神経や循環機能、ホルモンの自然なバランスは阻害され、脳の活動にも影響があります。

怒りは人間関係だけでなく、私たちの体にも悪影響を及ぼします。心と体の間には密接な結びつきがあり、互いに影響し合っています。この記事では、怒りが健康にもたらす影響と、怒りによる不快な気分を避ける方法について紹介します。

怒り(または苛立ち)と恐れは、私たちの心や体、また心臓の健康にとって決して良いものではなく、いくつかの病気の引き金にもなることがあります。それでは怒りのネガティブな影響について見ていきましょう。

怒りを避け、長く、より良く生きる

幸福に生きることは、心身の不調や病気を予防する最善の方法です。いつも気持ちを楽にするように努め、激怒したり、怒りに任せて部屋を飛び出したりというような、心身の健康にも悪影響がある行動は取らないようにしましょう。心を穏やかで幸福に保つことで、前向きな態度で過ごすことができますし、怒りを避けることは体にも良い効果があります。怒りを感じると、筋肉や関節は緊張し、血行が悪くなり、神経や循環機能、ホルモンの自然なバランスは阻害され、心拍数とテストテトロン値の上昇に伴って血圧は上がり、脳の活動、特に前頭葉と側頭葉にも影響し、胆汁も過剰に分泌されることになります。

こちらもご覧ください 高血圧に効く自然療法

2-子供

また、怒りは、以下のような症状の原因になることがわかっています:

不整脈

怒りが引き起こす肉体的・精神的なストレスが、心臓発作や、その他の心臓疾患の引き金になることがあります。

肝臓・胆のうへのダメージ

怒りや過度のストレスによって、胆汁 が通常よりも多く分泌されるため、肝臓や胆のうもダメージを受けることがあります。

筋肉痛

日常の出来事や家族・人間関係などに怒りを感じたとき、また、恐怖を感じるような状況に置かれたとき、体内ではアドレナリンが分泌されます。アドレナリンは筋肉痛や筋けいれん、頭痛などの原因になる場合があります。肩、首、そして背中は、体の中で最も緊張する部分であるため特に負担がかかります。

3-口論

下痢

怒りは、大腸炎や下痢を引き起こす、過敏性腸症候群の一因になります。ストレス、恐怖、緊張や怒りは、腸内細菌のバランスを崩すことがあります。

胃炎

胃炎は怒りがもたらす結果としてよく知られている症状の一つで、胃酸の逆流、胃酸が胃の粘膜に炎症を起こすことによる痛み、焼けるような感覚などがその特徴です。怒りの原因がいくつもあって頻繁に腹を立てているような場合、胃炎のみならず、胃潰瘍を起こす可能性もあります。

皮膚炎

怒りが、かゆみ、発疹、掻痒症などの皮膚の症状の一因になる場合があります。緊張、ストレス、神経過敏、不安や恐怖なども同様です。皮膚に傷がある場合は、治りにくくなることもあります

4-肌トラブル

怒り、苛立ちと健康

怒りっぽい人もいれば、心を平静に保つことができる人もいますが、こういった感情は自分自身だけでなく、他者にも影響を与えます。

怒りにはさまざまな理由があり、またその理由は人それぞれ異なっています。確かなことは、人生において抱えている問題や、挫折のせいで、感情のコントロールができなくなる場合があるということです。

怒りは、恐れやストレス、個人のコントロールを超えた出来事などによっても生じます。しかし怒りを無理に押さえ込むことは、心身の健康にとって良いとは言えません。

こちらもご覧ください 子供の怒りをコントロールするモンテッソーリ教育法

5-呼吸

怒りを避けるために

怒りを避けるための鍵となるのは、セルフコントロールです。毎日があわただしく過ぎていくと、ささいなことで腹を立てやすくなり、自分自身とゆっくり向き合う時間を持つことも忘れてしまいます。そして、世の中の全てが自分を怒らせようとしているかのように感じ始めます。しかし、長時間の通勤、日々のイライラする仕事、経済的な悩み、人間関係の悩みなどの個人的な問題に怒りを感じるべきではありません。少しずつ習慣を変えていき、10分程度でも構いませんので、心をリセットする時間を取るようにしましょう。瞑想やヨガ、呼吸運動、一杯のお茶を飲むことや、読書、庭に座って鳥の声に耳を傾けることなどが良い方法です。

6-呼吸

お香やエッセンシャルオイルなどの心安らぐ香りに満たされた、清潔できれいに片付いた部屋は、リラックスのための理想的な空間です。波の音、クラシック音楽、瞑想のための音楽などの静かなBGMを選んで、目を閉じ、鼻から深く呼吸をして、心を落ち着かせましょう

腹が立ったりイライラしたときには、前述のようにリラックスして過ごしたときの穏やかな感情を思い出してください。ゆっくり、深く呼吸をし、1から10まで数えるのも良い方法です。他人の攻撃的な態度や、何らかの問題に直面したとき、すぐに感情的にならないように努めることで、あなたの苛立ちと怒りは次第におさまっていきます。