胃腸炎について知るべきすべてのこと

5月 5, 2018
胃腸炎について知るためには、予防法だけではなく、その感染経路や治療法を理解することが大切です。

胃腸炎とは、消化管が炎症を起こして下痢や嘔吐を引き起こす疾患です。

胃腸炎とは何ですか?

胃腸炎は、胃腸管の炎症によって起こる下痢や嘔吐などの症状を伴う疾患です。下痢や嘔吐の症状に加えて、腹痛やけいれんが起こることがあり、重症の場合は重度の脱水を引き起こす危険があります。

こちらの記事もご覧ください:薬だけに頼らずクローン病の症状を和らげる9つの方法

胃腸炎に感染する人とは?

胃腸炎に感染する人

胃腸炎は最も一般的な病気の1つであり、世界中では年間3〜50億件の症例があります。先進国においても、医者の診察を受ける主な理由の1つです。

感染のリスクが高いのは、水質が低下する梅雨の季節や冬季です。

誰でも胃腸炎を発症するリスクがありますが、最も感染しやすい人は、後天性免疫を発症した人や、5歳未満の小児です。

開発途上国では、胃腸炎の発症率が非常に高く、それは多くの場合、衛生状態が悪く水が汚染され、これらなどの感染が広まるリスクが高まります。

 

胃腸炎の原因

胃腸炎の原因

寄生虫による胃腸炎の症例があるにもかかわらず、ウイルスおよび細菌が胃腸炎の主な原因ですクローン病または乳糖不耐症のような非感染性の原因による症例の割合は低いと言われています。

ウイルス

  • ロタウイルス
  • ノロウイルス
  • アデノウイルス
  • アストロウイルス

ロタウイルスは、免疫不全の症状や衛生状態が悪い場所では感染リスクが非常に高いため、主に子供が感染します。また成人では、胃腸炎の主な原因は、特にアメリカでは、ノロウイルスです。

 

子供は大人と同様の免疫システムを持っていないため、子供の感染性下痢の70%以上はウイルスが原因です。

  • 細菌
  • エシェリヒア・コリ
  • カンピロバクター
  • サルモネラ
  • クロストリジウム・ディフィシレ
  • コレラ菌

汚染された食物を介して細菌に感染すると胃腸炎を引き起こします。また食べ物が室温に保たれていると、細菌が増殖して感染する機会が増えます。

 

カンピロバクターは、生肉や未調理の肉を介して感染します。

コレラは、汚染された食物および水を介して感染するコレラ菌が原因の疾患で、アフリカやアジア諸国の胃腸炎の主な原因です。

抗生物質の使用が胃腸炎の発症を助長することがあります。 高齢者および入院患者の下痢の原因の1つは、クロストリジウム・ディフィシル感染症です。

こちらの記事もご参考に:デトックスに効果的なハーブティー5種

 

 

感染経路

胃腸炎の感染は、胃腸炎に感染した人々との物理的接触や汚染された水や食物を通じて伝染することが最も一般的ですが、感染経路は様々だということを理解する必要があります。

梅雨の季節は冬などの水質が低下する時期は、最もリスクが高いと言われています。

衛生状態が悪い場合に感染しやすいため、小児に感染のリスクが高まると言われていますが、胃腸炎の原因は非常に多様であり、感染経路や原因を一つに特定するのは難しいと言われています。

体内での増殖および感染期間
下痢

胃腸炎の症状は、感染してから通常1~3日後に現れます。

胃腸炎の持続時間は変動しますが、下痢や嘔吐の症状は通常最初の3〜8日間で消滅します。しかし、適切な治療が行われないときは、下痢が慢性化する可能性があります。

一方、成人が耐性を発達させると、症状が現れなくても感染性病原体の保菌者となることがあります。

こちらの記事もご参考に:人体に害を及ぼす危険な細菌9種

 

胃腸炎の症状

  • 嘔吐
  • 下痢:原因が細菌の場合、血液が便に現れることがあります。
  • 腹痛
  • 痙攣

ウイルス性胃腸炎を発症すると、発熱、疲労感および筋肉痛が現れることがあります。

合併症

胃腸炎の最も一般的な合併症は、下痢が原因となる脱水症です。 脱水は、軽度(<5%)、中等度(5〜9%)および重度(> 10%)に分類され、 中等度および重度の脱水では、目のかすみ、涙の欠如および口の乾燥などの症状が現れ、皮膚はその弾性を失います。

差動診断

胃腸炎の診断は臨床的であるため、他の病態を除外する必要があります。

  • ボルブルス
  • 糖尿病
  • 虫垂炎
  • セリアック病
  • 食中毒
  • 下剤の濫用
  • 炎症性腸疾患

治療法

治療法

胃腸炎の治療は、水分補給と体に必要な栄養の補給を中心に行われます。下痢を悪化させる恐れがあるため、砂糖が添加された飲み物を飲むのはお勧めしません。

経口補水液が水分補給には高い効果を発揮しますが、手に入らないときはろ過した純水を用いてください。

砂糖の摂取量を減らしながら健康的な食生活を維持し、プロバイオティクスの摂取量を増やすことが推奨されています。 胃腸炎のいくつかの症例は、制吐剤、抗生物質および鎮痙薬で治療することができますが、これは稀なケースと言えます。

予防法とワクチン

主な予防方法は、衛生状態を良好に保つことと汚染されていない水と食料を消費することです。また手を洗うことで、胃腸炎の発生率が30%まで低下します。

世界中では現在、非常に有効なロタウイルスワクチン接種プログラムが実施されています。

あなたへおすすめ