1時間で恋に落ちる36の質問

4月 3, 2016
誰かと恋に落ちるのに、36も質問をする必要がない時もあります。一目惚れをするかもしれません。時には、何年もかけて相手を知る中で恋に落ちていくかもしれません。

誰かと恋に落ちるポイントは、その人と親密な時間を何度も分かち合うことだと知っている人は多いのではないでしょうか。

誰かと一緒にいて信頼関係を築くことは、恋にもつながる魔法のような感情だといっても良いでしょう。

2人が恋に落ち惹かれ合うことは、時に理屈や論理ではないのです。

人と人との間に一体何が起こって2人が恋に落ちるのかは未だに研究中です。研究者たちは、人の奇妙な行動や衝動がカップルを誕生させ、何ヶ月、何年、時には一生続く強い気持ちを作り出すということを証明しようとしています。

1996年には、ニューヨークにあるストーニーブルック大学対人関係学科のアーサー・アーロンという心理学者が自身の研究室で大変面白い実験を行いました。

その実験とは、見知らぬ2人の人間が、お互いに幾つかの質問をすることで強い信頼関係を築きあげることができるかどうかということを調べたものです。

アーロン氏の当初の意図は、実験対象者を恋に落ちさせることではありませんでした。実験はロマンスの香りなどない研究室で行われましたし、アカデミックな環境でした。

ところが2015年1月、ニューヨークタイムズにマンディ・レン・キャトロン氏がこの研究に関するエッセイを載せたのです。

キャトロン氏によると、アーロン教授が与えた36の質問は2人の人間の絆をつくりだし、実際、恋に落ちることが可能であったというのです。

キャトロン氏はアーロン教授の研究結果が本物であったと繰り返しその証拠も見せました。今日の記事では、その36の質問を見ていきましょう。

アーサー・アーロン氏が出した、人を親密にする36の質問

 

koi kappuru
この質問は36項目あり、どれも個人的な内容になっています。実際、長く恋愛関係にあるカップルでも、このようなことを考えたり相手に質問したことはないのではないでしょうか。

質問36項目は3つのグループに分かれています。

よく知らない人にこれを行う場合は、ゆっくりと進み、まず第1グループの質問で様子を見ましょう。

もし不快に感じてきたら、質問は止めましょう。質問することで嫌な気持ちがしなかったり、相手を信頼できると感じた場合は続けてください。何事も試してみる価値はあります。

すでに恋愛関係にある相手にこの質問をするのもきっと面白いでしょう。質問を36項目終えるには1時間以上かかるかもしれませんが、きっとそれだけのものが得られるはずです。

これは単なる質問ゲームではありません。あなたの本心を引き出し、心を打つはずです。あなたが抱える恐れや個人的なニーズ、弱みや善行などが明らかとなるでしょう。これらの声は普段、とても小さいか隠されています。でもこの36の質問によって、本当の自分自身が現れるはずです。

この質問は誰と行っても構いません。もちろん、恋に落ちることを期待していなくても良いのです。

質問に答える時は、自分自身を相手にさらけ出せばきっと相手はあなたのことを知り、理解してくれるでしょう。相手の目の中にあなたの心が見えるはずです。

質問する時は以下のことに気をつけましょう。

  • 静かな場所を選びましょう。
  • 質問はそれぞれ声に出して読みましょう。2人共が質問に答えてから次の質問に移りましょう。
  • 2人共視線を合わせて答えましょう。
  • 質問は3つのグループに分かれています。それぞれのグループが終われば、次のグループの質問に進む前に休憩を取りましょう

それでは、準備はいいですか?

第1の質問グループ

  • この世界の誰かを夕食に招待するとしたら誰を選ぶ?
  • 有名になりたい?何で有名になりたい?
  • 電話をかける前に何て言おうか練習する?どうして?
  • あなたにとって「完璧」な1日ってどんな日か説明して。
  • 自分のために最後に歌ったのはいつ?誰かのために最後に歌ったのはいつ?
  • 90歳まで生きられるとしたら、健康な心があるか30歳の体があるかどちらがいい?
  • 自分がどんなふうに死ぬかわかると思う?
  • パートナーとの共通点でありたい事柄を3つ挙げて。
  • 自分の人生で一番感謝していることは何?
  • 自分が育てられた方法の中で何か一つ変えられるとしたら何を変えたい?
  • 自分の人生について4分間で話して。
  • 明日の朝、何かのパワーや素質を持って目覚めるとしたら、何がいい?

第2の質問グループ

 

  • josei tanpopo watage水晶玉に向かって、あなた自身のこと、あなたの人生のこと、未来のこと、そしてもう一つ何か質問できるとしたら、何を知りたい?
  • これまでにずっとやりたいと思っていたことはある?それができていない理由は?
  • これまでの人生で一番の達成は何?
  • 友情で一番大切なことは何?
  • 一番大切な思い出は何?
  • 一番嫌な思い出は何?
  • もし一年以内に死ぬとしたら、今の生活の何を変えたい?どうして?
  • あなたにとって友情とはどんな意味がある?
  • あなたの人生の中で、愛と哀しみにはどのような役割がある?
  • あなたがパートナーに求めることを5つ挙げて。
  • あなたと家族との関係は良好?他の人よりも幸せな子供時代を送ったと思う?
  • あなたとお母さんとの関係はどう?

第3の質問グループ

  • 「私たち(僕たち)」という言葉を使って自分の気持ちを表す文を3つ作って。例えば「私たちはお互いに相手について質問している」「僕たちは2人共穏やかで・・・」など。
  • 次の文を完成させて。「・・・を分かち合う相手がいたらなあ。」
  • パートナーと恋人ではなく、親友になるとしたら、相手に是非とも知ってもらいたい一番大切なことは何?
  • 彼/彼女について好きな部分を教えて。
  • 人生で恥ずかしかった瞬間は?
  • 最後に誰かの前で泣いたのはいつ?最後に一人で泣いたのはいつ?
  • 現在いるあなたの友達の好きな部分を教えて。
  • あなたが冗談にできないと思う事柄はある?
  • あなたの家が火事になります。愛する人やペットを救い出した後、もう一度家に戻ることができるとしたら、何を持って来ますか?それはなぜ?
  • 家族の中で誰の死が一番あなたに影響すると思いますか?それはなぜ?
  • 個人的な問題を一つ話して。そして今、目の前にいる人にアドバイスを求めて。その人ならどのように状況を解決する?

 

koi kisu
人間関係や感情に関する研究はとても興味深いものです。相手に質問を36するだけでは十分だとは言えないでしょう。

なぜなら、誰かを恋したり愛することは理由や説明ではないからです。時として、一目見て誰かに恋することもあるかと思えば、逆に何年もかけて誰かを愛するようになることもあります。いずれにせよ、恋はいつも素敵な冒険なのです。

あなたへおすすめ