いびきを止めるには

11月 11, 2015
いびきを止めるには、気道の詰まりを緩和することが重要です。その方法として、ユーカリオイルの香りの吸入や、鼻呼吸を活性化する生理食塩水などがあります。

快適で深くて良い夢はあなたの健康を改善しますが、それを妨げる要因の一つがいびきです。アルコール摂取や、風邪や副鼻腔の感染による鼻詰まり、寝る時の姿勢、隔膜の異常など、いびきの原因はたくさんあります。いびきは、不眠の原因となるほど大音量になることもあるため、パートナーやいびきをかく本人にとっては大問題となります。ナチュラルな方法でいびきを改善していきましょう

タマネギ、セージ、スチームバス

玉ねぎ、セージ、蒸し風呂はすべて、いびきの緩和または解消に役立ち、翌日の仕事や活動に必要なエネルギーを充電するための安らかな夜の休息を回復させます。

玉ねぎのメリットを享受するには、大き目にカットして15分間茹でます。それにブラウンシュガーを少し加え、お茶として飲みます。就寝2時間前に飲むことをお勧めします。水の中にセージの葉を数枚入れて沸騰させてお茶を作り、寝る1時間前に飲んでもいいでしょう。

良い呼吸はいびき防止に不可欠です。気道を開放する簡単な方法は、沸騰したお湯にユーカリ油を少し混ぜたスチームバスを使うことです。ボウルにそのお湯を注いでタオルでカバーし、その上に顔を置いて、サウナにいるかのように蒸気を吸い込みます。お湯が冷めるまでこれを続けます。

 

天然果汁ジュース

リンゴ

どんな材料でも天然ジュースはすべて、いびきを含む健康問題の治療に有用です。果物は、野菜と共に1日に5つ分を食べる必要があります。新陳代謝を高め、体の適切な機能を保つために、毎食前にフルーツジュースを飲みましょう。いびきを止めるのに役立つだけでなく、体にも良い天然果汁ジュースのレシピは以下の通りです。

必要な材料は:

  • りんご2個
  • ニンジン2本
  • レモン¼個と生姜を少々

準備は簡単、上記の食材に少量の水を加えてミキサーやジューサーに入れるだけ。一日に数回飲むのがベストです。

 

いびきが健康に与える影響とは?

頭痛

いびきは以下の状態を引き起こします:

  • 口内の乾燥
  • 睡眠パターンの乱れ
  • 疲労
  • 頭痛やイライラ

いびき解消には、鼻腔を通しての呼吸をしやすくするため、鼻の中に生理食塩水を入れましょう。室温にした水に塩小さじ半分と少しの重曹を混ぜ、溶液を作ります。

もう一つのオプションは、オリーブオイルとヘンルーダ(またはハーブオブグレイス)50gを混ぜて軟膏を作ります。それを瓶の中に入れて、2週間発酵させます。準備ができたら、左右の鼻孔につけ、胸と首にも塗ります。

また、ユーカリと生姜を混ぜたものも、いびきを減少させるのに有効です。 1杯の水にユーカリの葉と刻んだショウガ1片を入れ、5分間沸騰させます。それ冷ましてお茶のように飲んだ後、アロエジェルを大さじ2杯摂取します。寝床に入る30分前に取りましょう。

いびきの解消は可能か?

アルコール

いびきをかかないため、または緩和するためには、アルコールの飲み過ぎや、チョコレートの食べ過ぎを避け、揚げ物や加工食品の摂取量を最小限に抑えるべきです。

イラクサ、ミント、フェンネル、ヴァレリアン(セイヨウカノコソウ)の根も、口を開けたまま寝ることにつながる鼻腔の詰まりを緩和するのに役立ちます。いびきはパートナーだけでなくいびきに苦しむ本人の眠りの妨げともなります。十分な休息は、イライラや疲労、ストレス、様々な疾患と闘う力を与えてくれるのです。

あなたへおすすめ