膝関節脱臼の原因と治療法

2月 12, 2020
膝関節脱臼は痛いものです。この種の怪我は、関節の成分の変位の結果であることが多いようです。

膝関節が脱臼してしまうと、大腿骨と脛骨が元の場所に戻らなくてはいけません。

一般的に、これは骨にだけ影響を与えます。ですが医師は、筋肉、血管や他の隣接する部分に他の怪我がないかどうかを確認しなくてはいけないでしょう。

膝関節脱臼のよくある原因

膝を抱える男性

現在、関節の脱臼を引き起こす原因として知られていることはいくつかあります。

  • 関節の外傷:これは場所や痛さにわずかに違いがあります。外傷はエクササイズ中や仕事中、家事の途中などに起こることがあります。
  • 血行不良:この場合は、すでに怪我をしているでしょう。
  • 先天性変化:うまれながらの変化がある人も脱臼を起こしやすいでしょう。
  • サポート不足、無理な運動:不本意または突然の動きによって脱臼してしまうこともあります。
  • いくつかの臨床例では、突然現れることもあります。

 

こちらも合わせてどうぞ:膝の怪我からの回復を早める効果的な方法

 

膝関節脱臼の症状

一般的に、膝関節脱臼を起こすと、特徴的な症状が現れるでしょう。

  • 体を動かそうとすると、関節に鋭い痛みや不快感を感じます。
  • 関節脱臼の部分に炎症が起こります。
  • 神経に支障をきたしている場合、過敏になったりチクチクと感じることがあります。
  • 変形した関節は、普通は不自然な位置になってしまいます。

関節脱臼は他の関節にも影響を与えうるトラブルです。

膝関節脱臼の種類

膝関節脱臼が初めてだという人は、慢性になるかもしれない突然の怪我です。一方、過去にも膝関節脱臼になったことがある人にとっては、繰り返し発生する問題となるでしょう。

関節の脱臼は体のどこの関節にも起こりうるトラブルです。例えばマルファン症候群のように、関節を形成する組織に影響を与えてしまう状態を引き起こすこともあります。大腿骨に関する脛骨の動きについては様々な種類があります。前方、後方、内部、外部膝関節脱臼です。

 

こちらも合わせてどうぞ:生姜とウコンで関節痛を緩和する方法

 

膝関節脱臼の治療とリハビリ

膝の痛み

まず、医療チームはどのような種類の関節脱臼を確認するでしょう。最終的な解決策は、膝を元の位置に戻すことです。

その後は、膝をスプリントで固定します。また、固定期間は、その深刻さによりますが、2〜3週間続くでしょう。

深刻なケースでは、手術が必要となることもあります。手術は、歪んだ骨を元の位置に正しく戻す唯一の方法です。必要であれば、手術は靭帯や半月板のような損傷した部分の修復にもなるでしょう。

膝関節脱臼の予防

関節脱臼はエクササイズ中に起こることが多いでしょう。そのため、患者は今後の怪我を予防するためのガイドラインを取り入れましょう。

まずは、エクササイズ中は足に合った適切な靴を履きましょう。こけるリスクのある滑りやすい場所は避けましょう。エクササイズをする前には必ずウォームアップをすることも大切です。

  • Menetrey, J. (2014). Knee dislocation. In European Instructional Lectures: Volume 14, 2014, 15th EFORT Congress, London, United Kingdom. https://doi.org/10.1007/978-3-642-54030-1_13
  • Rihn, J. A., Groff, Y. J., Harner, C. D., & Cha, P. S. (2004). The acutely dislocated knee: evaluation and management. The Journal of the American Academy of Orthopaedic Surgeons. https://doi.org/10.5435/00124635-200409000-00008
  • Eriksson, E. (2004). Dislocation of the knee. Knee Surgery, Sports Traumatology, Arthroscopy. https://doi.org/10.1007/s00167-003-0469-1