膝の痛みに効く運動

8月 6, 2015

膝の痛みは、多くの人に良く見られる悩みです。非常に一般的な体の故障ですが、特に普段全く運動をしない人や、週末だけしかしない人に良く見られます。

膝を強くしてくれる運動を行いましょう。予防には運動が最適で、日常活動を難しくしてしまうほどの痛みを避けることができます。

 

膝の痛みを予防する運動

膝の痛みを予防してくれる運動は、どれもシンプルなものばかりです。家でもできるし、もちろんジムに行くのもいいでしょう。こういった運動をすることで、筋肉を強く丈夫にすることができ、さらに膝関節を柔軟にしてくれる健康改善に最適な方法です。

運動

エクササイズ#1

いすの背を支えにして立ちます。次に両膝を合わせたまま、右足の膝が90度の角度になるまで後ろ側に持ち上げていきます。この状態を最低でも5秒保った後、ゆっくりとを下していきます。反対側の足でも同じ動きを繰り返します。10回を3から4セット行うことが大切です。

エクササイズ#2

また、膝の痛みを和らげるもう一つの運動がこれです。仰向けに寝て、左足は伸ばしたまま、右足を膝を曲げた状態で持ち上げます。この姿勢を最低でも5秒保った後右足をおろし、同じ動きを反対の足で繰り返します。これも10回を4セット行います。この運動は、筋肉に負担をかけることなくゆっくりと行い、背中を真っ直ぐにキープすることが重要です。

エクササイズ#3

背中を壁につけて立ち、足は放した状態で(また壁から30センチ程度離して)、少しずつ背中を下していき、座っているような体勢になるところまで持っていきます。この状態を10秒間保った後、ゆっくりと背中をもとの位置まで上げていきます。膝を強くするには、一日20回も行えば十分でしょう。

エクササイズ#4

毎日少なくとも30分から40分外に出て歩くようにしましょう。ある程度の速さを保って、足を傷めないようにやわらかい靴で歩きます。このように歩くと気持ちが良く、また膝の痛みからくる不快感を予防することもできます。

このような体の不調を防ぐには、健康的で継続的な運動が大切だということを忘れてはいけません。運動を続けることが、柔軟で健康的で丈夫な関節を保つ唯一の方法なのです。

あなたへおすすめ