他人と適度な距離を置くということ

8月 9, 2016
他の人と適度に距離を置くことはお互いを尊重しあう意味でもとても重要です。時によっては距離を置いほうがあなたのためにもいいこともあります。

他人と適度に距離をとることはとても役立つ生活の知恵の一つです。他人を尊重することによって私達が人として成長することも助けます。

もし他の人があなたのパーソナルスペースを尊重してくれなかったり、あなたの権利や欲求を無視するようなことがあれば、そんな時は自分が離れましょう。

自分から離れると言うと逃げるみたいで臆病者のすることと思う方もいるかもしれませんが、それは違います。自分から離れるというのは賢い人のすることです。もし誰かがあなたのパーソナルスペースやプライベートな事を知ろうとしたりしてきたり、またはあなたの欲求や願望を尊重してくれない時は我慢する必要はないのです。なぜなら彼らはあなたの自己や個性を攻撃しているからです

このことはこれからお話する上で重要な点ですので覚えておいてください。

個人の自由のために距離を取ろう

まず最初に“距離をとる”という言葉の意味についてお話したいと思います。ここで言う距離をとるというのは、ただ単に身体的に距離をとると言うことだけを意味するわけではありません。実際どの様な意味が込められているかというと下記の様なことです。

  • 相手の声を聞いたり意見を尊重することは、彼らの価値を認めることでもあります。相手を尊敬していることをしっかりと表現しましょう。
  • 他の人と適度に距離をとることはお互いのためにもなります。なぜならあなたは自分の信じることや選択を守ることができる上に相手は彼ら自身でいられます。それに彼らのゴールに向かって自身を高めて行くことができるからです。

個人のスペースは誰にでも必要なものですが、時に親と子供の関係であったり、恋人同士の関係などでそのパーソナルスペースが十分に取られなくて関係によくない影響を及ぼしてしまうことがあります。それではこのことについてもう少し深く見てみましょう。

woman-with-ballet-slippers-on-back

家族の時間と自分の時間

子供の教育とは彼らが何をするのかいちいち見ていてコントロールすることではありません。子供にはそれぞれの性格や夢、個性があります。そしてそれらの個性を尊重することが大切です。

  • もしあなたが子供の個性を無視してあなたの思い通りの子供に育てようとするならばそれは子供の権利や尊厳を侵害することです。それは子育てにおいてあってはいけないことです。
  • 家族というのは共に時間を過ごし、会話を通して子供に人生の方針やアドバイスを与える役割があります。しかし、家族も個人の集まりですので家族それぞれのメンバーが個人の夢や目標を追う権利があります。

恋人同士の時間と個人の時間

恋人同士になるというこは、二人が自分自身でいることができながら、それと同時に誰かと共有できるものを作るということです。全てのカップルにおいて言えることですが、恋人同士になるということは簡単なことではなく、複雑な繋がりを築く必要があります。でも、このバランスを上手く取って二人の時間と個人の時間を作ることのできたカップルのみが長期に渡って続く関係を築くことができています。

  • カップルの共有スペースとは、二人で同じ価値観を持ちながら将来の計画を立てることができ、そして二人の繋がりをより強いものにできることです。
  • しかし同時に、恋人同士の間でも個人の時間(スペース)は大切です。個人がそれぞれ仕事でのゴールを持ったり友達と時間をすごしたりしながら人として成長するために個人のスペースは守られるべきです。これらの個人のスペースは恋人からも侵害されるべきではありません。

もしパーソナルスペースが侵害されたなら守りましょう

girl-opening-red-box

あなたの周りには目に見えない壁があると想像してみてください。そしてあなたはその壁の中にあなたを幸福にするものだけと一緒にいるのです。

  • あなたの価値観
  • あなたの夢
  • あなたの功績
  • あなたの経験とそこから学んだ事
  • あなたの自尊心
  • あなたが持っている肯定的自己イメージ
  • あなたが愛する大切な人達との関係

それから今度はあなたのパートナー、友達、兄弟、姉妹などの人々がこの見えない壁を越えて壁の中に入ってこようとしている所を想像してください。あなたは壁の中に大切なものと共にいるのに彼らが壁を越えてあなたのパーソナルスペースへ入り込み、あなたの価値観や友達関係などを非難して来ます。ですから、あなたは自分のスペースを守るために戦わなくてはいけません。それでは個人のスペースが侵害された時にどうやって守ればいいのでしょう。

パーソナルスペースを守る方法

  • まず第一にほかの誰もあなたの壁を越える権利はないということを認識しましょう。もしあなたが今日も明日もそして昨日も黙っていて何も言わなかったとしたら彼らはあなたの個人的スペースの壁を越えてどんどん中に入ってきてあなたの尊厳を傷つけてきます。
  • もし誰かがこのようなことをしてきたら、自分から彼らと距離を置きましょう。あなた自身を傷つける人から距離をとるのです。もしそうしないと彼らの攻撃はどんどん進んであなたは自分らしくいられなくなってしまうからです。最悪の場合、虚無感さえ感じるようになって自分を忘れてしまいかねません。そうならない前に距離をとって下さい。
  • 自分を傷つける誰かと距離を取ることは決して臆病なことではないのです。むしろ逆で勇気のいることです。

自分のパーソナルスペースが誰かによって侵害された時には、自分からその人と距離を取りましょう。距離を置くことは逃げることではなく、むしろ勇気のいることなのです。そしてその勇気がある人が自分を守ることが出来る人なのです。

自分の個人的スペースを守りながら相手も尊重すること。今日からさっそく始めてみましょう。

あなたへおすすめ