被虐待女性症候群:助けを求める方法

24 12月, 2019
長期的な虐待の犠牲者であった人々の多くは、その後も、被虐待女性症候群に苦しんでいます。今回の記事では、この症状に対処して癒す方法や助けを求める方法を学びましょう。
 

被虐待女性症候群(バタードウーマン・シンドローム)は、過去に長期にわたる身体的または心理的虐待を経験した人に影響を与える症状で、レノア・E. ウォーカー氏の著書「バタードウーマン―虐待される妻たち」(The Battered Woman Syndrome)の造語です。

レノア・E. ウォーカー氏の本では、人間関係における虐待のすべての身体的そして心理的症状とその影響を扱っており、虐待に子供が関与している状況に関する特別な章もあります。

被虐待女性症候群の女性を認識する方法

被虐待女性症候群:助けを求める方法 悲しむ女性
虐待を受けた女性症候群には、誰もが識別できる明確な特徴があります。

認識する必要がある理由

被虐待女性症候群を発症している人は、できるだけ早く専門家の助けを求めるべきです。

症状の進行を抑えて、虐待の被害を受けた被害者の今後の生活の質に影響を与えないためにも大切です。

顕著な症状

  • 不眠、体重減少、湿疹、片頭痛、痙攣など、精神状態が身体症状として現れる
  • うつ病、自尊心の低下、罪悪感、絶望感、恐怖心などの心理的症状

被虐待女性症候群とは、精神状態が、不眠症、体重減少、うつ病などのさまざまな身体的症状を通じて現れることです。

これらは、被虐待女性症候群の症状の一部ですが、これ以外にも考慮すべき点が数多く存在するため、トラウマを軽減する方法とともに、見ていきましょう。

 

学習性無力感

学習性無気力感とは、長い間信頼していた誰かに虐待された人々やストレスを回避することができない状況に置かれた人々に起こる症状で、その状況から逃げ出そうとする努力すら行わなくなることを指します。

そのため、虐待を受けている状況から抜け出すことはなく、何もしないのが良いと感じるようにもなるでしょう。

一見すると克服が簡単に見える学習性無気力感ですが、実はそうではありません。

虐待されている人がなぜその状況から抜け出さないのかというと、多くの場合、学習性無気力感が起こっているからです。

この状態を正しい方法で治療しないと、虐待という状況が終わっても、また別の虐待者の餌食になりやすくなります。

ご存知ですか?:不幸せなカップルが一緒にいる5つの理由

心的外傷後ストレス障害

ストーカーをきにする女性

人間は長期間にわたって繰り返し虐待されるとストレスを感じ、このストレスは、虐待がなくなった後でも心身に大きな影響を与えます。

動物が本能的に持つ恐怖への反応である「闘争・逃走反応」は、虐待を受けた女性には正しく作用しないことが多くあります。

つまり虐待が終わった後でも、何も恐れる必要のない状況において、ストレス、恐怖心、不安感などの症状が現れることがあります。

 

心的外傷後ストレス障害を特定するには、虐待の被害者である人の行動を分析することが重要です。

  • 寝汗、恐怖、不安につながる悪夢とフラッシュバック
  • 虐待的な状況を思い出させる場所、人、または思考を回避する
  • 過警戒:路上などで、かつての虐待者が自分を追いかけていないかと考えるため
  • 心的外傷の原因となった出来事の特定の瞬間を思い出すのが難しい

暴力を受けた期間がある人は誰でも、当時のフラッシュバックを克服するのが難しい傾向にあります。

心的外傷後ストレス障害は、虐待者がかつての辛い虐待的な状況へと自分を連れ戻すのではないかという恐怖などが原因です。

被虐待女性症候群:助けを求めるために

虐待の被害を受けた人は、誰かの助けやサポートを得ても、自分がこの被虐待女性症候群などの症状から回復することはないと考えるかもしれませんが、そうではありません。

虐待の加害者は、たとえ警察が見つけたとしても、逮捕されることなく接近禁止令や注意程度で帰宅して自由を得ることが多くあり、被害者にとっては非常に怖い状況が続きます。

自分の人生に責任を持つと強く決意をし、虐待者と距離を持ち、トラウマやフラッシュバックを克服することは可能です。

では、何ができるかについて見ていきましょう。

医師、聖職者、子供の学校の教師

医師、学校の教師、そして宗教の聖職者などの人々は、家庭内暴力に関する問題に対処するトレーニングを受けています。そのため、何かあったら相談するべき人たちです。

これらの人々の元に助けを求める人がやってきたら、正しいサポートを提供できる団体や組織に連絡をし、家庭内暴力から抜け出すための援助ができるはずです。

 

特に医師は、情報を機密として扱う義務があるため、児童虐待の証拠を目撃した場合、医師は然るべき機関に通報します。

ご存知ですか?:孤独感と不眠症の関係

法的なサポート

家族法などを専門とする弁護士は、家庭内暴力の被害者をサポートするのに役立つ様々な情報を持っています。

虐待者を安全に避難させる書類を速やかに作成し、保護命令や接近禁止命令などを請求することもできます。

弁護士を雇う金銭的な余裕がない場合も心配ありません。

地域の弁護士会などでは、無料相談や安価に弁護士を紹介するサービスを提供していることがあります。

シェルター

家庭内虐待の被害にあっている人を支援する、国の施設や非営利組織があります。

国内には、DV被害者ホットラインと呼ばれる家庭内暴力の被害者向けの電話相談があります。

治療

専門医やカウンセラーの診察を受けるのは、前に進むための健全な方法の一つです。

被害を受けた人とその子供が前を向き、虐待は過去のものであることを認識することで、健康的な毎日を送ることができるようになります。

被虐待女性症候群:ホットライン

前述したように、内閣によるホットラインの他にも非営利団体が運営するホットラインも多く存在しています。

誰かに話をする必要があるときやサポートが必要なときには、無料で相談できる窓口となります。

ただし、暴力をはじめとする虐待が起こっている時には、警察に電話するのをためらう必要はありません。

警察が調査をしている間は、シェルターなどの安全な場所に引っ越すことができますし、弁護士や職業斡旋だけでなく、金銭的なサポートが必要な場合にはケースワーカーなどがお手伝いします。

 

どのような状況においても、家庭内暴力や虐待は許されるべきものではなく、一度その被害を受けてしまった場合でも、そこから抜け出す方法はたくさんあります。

 
  • Aguirre D, Pamela, Cova S, Félix, Domarchi G, Ma. Paz, Garrido C, Carol, Mundaca Ll, Ivania, Rincón G, Paulina, Troncoso V, Pamela, & Vidal S, Paulina. (2010). Estrés postraumático en mujeres víctimas de violencia doméstica. Revista chilena de neuro-psiquiatría48(2), 114-122. https://dx.doi.org/10.4067/S0717-92272010000300004
  • Ordóñez Fernández, María del Prado, & González Sánchez, Patricio. (2012). Las víctimas invisibles de la Violencia de Género. Revista Clínica de Medicina de Familia5(1), 30-36. https://dx.doi.org/10.4321/S1699-695X2012000100006
  • RODRÍGUEZ HERNÁNDEZ, R., & ORTIZ AGUILAR, L. (2014). LAS FUENTES DE APOYO SOCIAL Y SU IMPACTO EN LA VIOLENCIA Y MALESTAR EN MUJERES MALTRATADAS. Revista Internacional de Ciencias Sociales y Humanidades, SOCIOTAM, XXIV (2), 199-218.
  • Seijas Gómez, Raquel. (2013). Trastorno por estrés postraumático y cerebro. Revista de la Asociación Española de Neuropsiquiatría33(119), 511-523. https://dx.doi.org/10.4321/S0211-57352013000300004
  • Sepúlveda García de la Torre, A.. (2006). La Violencia de Género como causa de Maltrato Infantil. Cuadernos de Medicina Forense, (43-44), 149-164. Recuperado en 19 de febrero de 2019, de http://scielo.isciii.es/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S1135-76062006000100011&lng=es&tlng=es.
  • Yugueros García, A. (2015). Intervención con mujeres Víctimas de Violencia de género: Educar e informar para prevenir. Revista Historia de la Educación Latinoamericana, 17 (24), 191-216.