ヘルシーで美味しい朝食を取る8つの方法

· 4月 26, 2016

多くの栄養士は1日の食事の中で朝食が最も重要であると言っています。朝食が1日の始まりを支えるのに十分なエネルギーを体に送り込む最善策だからです。新陳代謝の低下や1日のカロリー摂取量を結局増やしてしまうことになる、ということなどを考えずに朝食を抜いてしまう人も多いものですしかし、朝食は体に重要な栄養素を供給し、活力を与え、身体、精神を改善する助けをします。朝食を取る事がいかに大切かを念頭に置き、以下では、ヘルシーで美味しい朝食を楽しむ方法をいくつかシェアしてみましょう。

エネルギーになる朝食を

朝食を食べる前に、覚えていていただきたいのは、日常のカロリー摂取量の2530%を目安として朝食を取る事が大切だということです。朝食から得られるエネルギー源は1日を通して使われます。そのため、必要不可欠な栄養素やビタミンを体に送り込む食べ物を摂取することが重要です。

時短で作る

もし朝食を作る時間がなければ、クッキーと紅茶をというシンプルなものでもいいのです。時間をかけなくてもヘルシーで美味しい朝食の作り方はほかにもあります。例えば、フルーツやナッツを入れたギリシャヨーグルトにホウレン草を盛りつけた卵料理、ハムを乗せた全粒粉のトースト。

時々外食をすることは必要ですし、いい選択になりえます。

しかしながら、家で朝食を食べる事は節約や低カロリーに繋がります。加えて、自宅での朝食作りは確実に好きなものを作る事ができ、食べているものの信頼性が得られます。

朝食はいつとるのかchoushoku2

 

朝食を取る時間もまた、健康的で美味しくいただくためにとても重要です。起床後、長時間空けないよう心がけてください。起きてから30分以内、長くても1時間以内に食べるのが望ましいです。

これを過ぎて食べてしまうと、もっと空腹になってしまい、必要以上に食べてしまうことになります。

朝食に炭水化物を

最近の研究では朝食に炭水化物を取り入れている人が、1日を通してわずかなカロリーで済むことがわかりました。それはダイエットに効果的です。しかし、ケーキや油っぽいものを朝食で食べられるということではありません。ムーズリやオートミール、シリアル、全粒粉のパンやトースト、フルーツ、野菜、活力(十分なエネルギー)やほかにも体にいいものを運ぶような炭水化物を含む食べ物のことを研究者達は言っています。

朝食にタンパク質を

ヘルシーな朝食に欠かしてはいけない栄養素がタンパク質です。体に活力(十分なエネルギー)を生み出すと同時に重要なアミノ酸を供給するからです。さらに、体の中の組織回復や形成、消化に必要なものを供給します。このタンパク質の種類は乳製品(ヨーグルト、牛乳、チーズ、カッテージチーズ)から取るといいです。もしくは卵や赤身の肉がいいでしょう。

朝食に脂肪分をfuraidopoteto

 

おそらく多くの人は朝食に脂肪分を摂取することは健康的でないと思うでしょうが、実際は体は最良の状態で過ごすために良質な脂肪分を必要とします。脂肪分の種類は良質でなくてはなりません。それゆえ、トランス脂肪酸(悪玉コレステロールを増加さ心臓疾患など病気のリスクを高めるとされる。)でいっぱいのお菓子や揚げ物、クッキーからの摂取はするべきではありません。代わりに、オリーブオイル、ココナッツオイル、アボカド、ナッツや種などを使うことで摂取しましょう。

朝食に食物繊維をootsu

 

最後に忘れてはならない別の栄養素は、食物繊維です。食物繊維は消化力を改善し、心臓を健康に導く助けをします。そして標準体重でいるために不可欠な栄養素です。この栄養素は長時間の活力(十分なエネルギー)をもたらします。そして過度なカロリー消費を抑制する助けになります。中でも食物繊維が豊富なおすすめの食べ物を下記に記します。

オーツ

・生のニンジン

・ほうれん草

・アスパラ

・ビーツ(赤いカブのようなもの)

・ヒマワリの種

・アーモンド

・ピスタチオ

・ウォールナッツ

・リンゴ

・桃

・全粒粉のパン