ヘルシーダイエットに是非取り入れたい
炭水化物ベスト7

これまで炭水化物はダイエットの大敵だと考えられてきました。

しかし、近年になって、この考え方は間違っているということが証明されたのです。実際は、炭水化物を摂取することで減量という目標が近くなる可能性があるのです。

炭水化物といっても、精製された白い小麦粉のような不健康な炭水化物はダイエットの味方にはならないかもしれませんが、例えば全粒粉などは体にとても良いのです。

実際、炭水化物はエネルギーを作り出し、血糖値をコントロールする上で、人間には欠かすことのできない栄養素のひとつであると栄養士は見解しています。

今日は、どのような炭水化物を摂れば良いのか、健康な炭水化物源とは何かについて見ていきましょう。

炭水化物源としておすすめの7つの食品をご紹介します。

1. オーツ麦

栄養学的に見ると、オーツ麦は完璧とも言える食べ物のひとつだと考えられており、減量したい時の炭水化物源としても優れています

オーツ麦は水溶性繊維が豊富です。これは体内で分解される栄養素で、新陳代謝をスピードアップさせます。

また、体に蓄積される毒素や脂肪の排出を促し、消化系が正常に働くよう助けます。

オーツ麦を定期的に食べることで、脂肪が蓄積されにくくなるでしょう。脂肪が蓄積されると、心臓系のトラブルのリスクが上がる危険性があります。

2. 全粒粉パスタ

全粒粉でできたパスタを添えると単にヘルシーなだけでなく、とても美味しいですよ!

全粒粉パスタは炭水化物ですが、適量を守って食べていれば、ウエスト周りに脂肪が蓄積されるのを防いでくれるのです。

調理後の全粒粉パスタは、少なめの1人前で約200カロリーあります。野菜や脂身のない肉と一緒に食べ、素敵な食事にしましょう。

3. 豆類

豆には心臓や消化器系の健康に良い必須栄養素が豊富に含まれています。

豆の食物繊維には胃腸の働きを正常に保ちつつ、コレステロール値をのコントロールを促す働きがあります。

豆を食べると、体にエネルギーが与えられ、たんぱく質や鉄分が豊富に摂取できます。これは特にエクササイズをしている場合に良いでしょう。

また、豆類はカロリーが低く、他の炭水化物源の食物よりも満腹感を持続しやすいのが特長です。

4. ウィートベリー

近年段々と人気が出てきたウィートベリー。特にベジタリアンや健康志向の方に人気です。

ウィートベリーには繊維、植物性たんぱく質、ミネラルに加え、炭水化物が豊富に含まれています。

食べ物がエネルギーに変わるのを助け、新陳代謝を促し、結果として効果的にダイエットすることができるのです。

5. バナナ

バナナは糖分、炭水化物が多くカロリーが高いため、その素晴らしさをうっかりと見逃してしまっている人も多いのではないでしょうか。

しかし、バナナの本当の姿を見てみましょう。バナナはどのような食生活を送っている人に対しても栄養満点の素敵なフルーツなのです。バナナには繊維と難消化性でんぷんが含まれています。難消化性でんぷんとは、体が完全に消化できるでんぷんです。

バナナは腹持ちがよく、エネルギーをアップさせ、消化を促してくれるのです。

6. キヌア

キヌアは近年世界中で人気のある”スーパーフード”です。炭水化物が健康的に取れるというだけでなく、たんぱく質や基礎アミノ酸を含んでいます。これは引き締まった筋肉を作る助けをしてくれるのです。

普段の食生活にキヌアを取り入れると、新陳代謝がアップし、よりカロリーを燃焼しやすくなります。結果として、減量へとつながるでしょう。

また、キヌアには体のエネルギー利用を最適化する働きがあります。一日を通し、身体的、精神的パフォーマンスを促してくれるでしょう。

7. 麦

麦のような複合炭水化物は、無性に何かが食べたくて仕方がないという時の食欲を満足させてくれます。

複合炭水化物は体の”燃料”に変化しやすく、血糖値が高くなるリスクを下げてくれます。

麦はカロリーが低く、サラダやスープを始め様々な料理に取り入れることができます。

ご覧のように、減量したいなら炭水化物は全て良くない、ということはありません。上に述べたような食物を食生活に取り入れると、炭水化物を食べていても減量に成功しやすくなるでしょう。