ヘルニアを軽減するキャベツとお酢のクレイパック

6月 6, 2018
医師の診察を受けるのはもちろんのことですが、自然療法を使ってヘルニアの不快感を軽減することもできるでしょう。

頻繁に起こるヘルニアの痛みをなんとかしたいと思うなら、今日ご紹介する自然療法を試してみませんか?

クレイ、キャベツの葉、お酢で作ったパックには抗炎症作用があります。

今日の記事では、このパックの作り方と塗布方法、そして利点を見ていきます。

ですが、この方法があるからといって医師の診察を受けなくていいわけではありません。痛みが治らない場合は何か深刻な健康問題が隠れているかもしれません。是非、医師の診察を受けましょう

ヘルニアを軽減する必要があるのは誰?

女性のお腹

ヘルニアと一言で言っても、ヘルニアにはたくさんの種類があり、またその深刻さも様々です。ヘルニアの痛みに苦しむ人がいれば、感じていない人さえいます。

よくあるヘルニアのタイプは、大腿ヘルニア、鼠径ヘルニア、食道裂孔ヘルニア、臍ヘルニア、瘢痕ヘルニアです。

医師の診察を受けるのはもちろんのことですが、自然療法を使ってヘルニアの不快感を軽減することもできるでしょう。

体のどこかにコブがあるような気がする人は、ヘルニアかもしれません。特に、重いものを持った後や何かの動きをした後に感じるのなら、そうかもしれません。

働きすぎもヘルニアの原因の一つです。適切な検査を受けるまでの間、自然療法を試してみるのも良いでしょう。

こちらも参照『裂孔ヘルニアについて』

ナチュラル&ヒーリングレメディー

今日ご紹介するマスクに必要な3つの材料の効能を見ていきましょう。

クレイ

クレイマスク

クレイを使った方法は世界でも最も古くから知られた方法です。信じられないかもしれませんが、症状を緩和し、炎症を自然に抑える治療薬として何百年もの間使われてきたのです。

クレイはとても使える素材です。クレイや水分や毒素を吸収します。また毛穴を通して肌に様々なミネラルを供給してくれます。

  • クレイは簡単に使うことができます。水やお好みの液体と混ぜてペースト状にし、肌に塗布するだけです。
  • 肌に塗布したらそのまま乾燥させましょう。乾燥したら、水で洗い流します。使ったクレイは皮膚からの毒素や老廃物を吸収していますので、再利用しないでください。

ホワイトビネガー

、とくにリンゴから作る酢にはpHを整え、循環を促し、炎症を抑える効果があります。

そのため、肌につけると怪我や不快感からの回復を促進してくれるでしょう。

また、ビタミンやミネラル、酵素など非常に栄養価が高いことから、食生活に是非とも取り入れたいと言えるでしょう。

キャベツ

キャベツ

キャベツは健康に対する効能を多く含む野菜です。その中でも、抗炎症効果と鎮痛効果は素晴らしいものです。ヘルニアからくる不快感や炎症を軽減してくれるでしょう。

  • そのヒーリング効果を受け取るには、ファイトケミカル(植物栄養素)を抽出しなくてはいけません。
  • それにはキャベツの葉を破る、お湯にくぐらす、ジュースにするなどすると良いでしょう。
  • 食べることでさらにヒーリング効果がアップするでしょう。

お酢とキャベツのクレイマスク

材料

ヘルニアを軽減する効果のあるお酢とキャベツのクレイマスクを作るのに必要な材料は以下です。

  • クレイパウダー 大さじ5(100g)
  • 酢 大さじ2(30ml)
  • 水 グラス1杯(200ml)
  • キャベツの葉 2〜3枚

必要な量は炎症からくる患部の大きさによります。多量に必要な場合は、上記の割合を守り、必要に応じて倍数を変えて作りましょう。

作り方と使い方

お酢とキャベツのクレイマスクの作り方です。

  • まず、クレイパウダー、酢、水を混ぜます。ガラス製、または陶器のスプーンや容器を使いましょう。プラスチックや金属製のものは避けましょう。これらはクレイの効能を壊してしまう可能性があります。
  • 混ぜたものが水っぽいようであれば、少しクレイパウダーを足してクリーミーなペースト状になるようにしましょう。逆に固すぎる時は水を少し足してください。
  • 作ったペーストを使う時になったら、キャベツを熱湯にくぐらせます。(沸騰したお湯に数秒浸ける)
  • 患部にペーストを塗り、上からこのキャベツを置きます。(やけどしないように気をつけましょう)
  • クレイが乾燥するまで、または30分程そのままおきましょう。
  • ヘルニアの状態に改善が見られるまで、1日2〜3回繰り返しましょう。
あなたへおすすめ