変性関節疾患:その原因と治療

2月 13, 2020
変性関節疾患は痛みや炎症を伴います。また、ごく普通の動きをすることも難しくなるでしょう。

骨関節炎という名でも知られる変性関節疾患は、硝子軟骨や軟骨下骨に影響を与える疾患です。痛みや炎症をもたらし、通常の動きができにくくなるでしょう。軟骨は骨の先をカバーする組織で、関節が正しく機能をするには欠かすことができない組織です。

変性関節疾患は、関節軟骨の退化につながるでしょう。骨は使い果たされ、痛みを感じるようになります。軟骨がなくなると、骨が反応し、関節の変形を引き起こしながら骨組織が側面に形成されます。

変性関節疾患:その原因と治療

変性関節疾患:その原因と治療

平均寿命が延びたこと、高齢化社会となったことで、変性関節疾患を患う患者の数は増えています。2020年には疾患の4位にまで上昇するでしょう。正確な原因はまだ知られていませんが、直接関係あると考えられるリスクファクターはいくつかあります。

  • 年齢:変性関節疾患は50歳から急二に増加します。
  • 性別:50〜55歳の女性に多く見られます。
  • 遺伝:遺伝的要素もまた、リスクファクターとなります。遺伝的要素があると、65%までリスクが上昇するでしょう。
  • 仕事:同じ関節ばかりを酷使するような、体を使う仕事をしている場合、長期的に続けると、関節に負担がかかります。
  • 過剰な身体活動:運動選手は変性関節疾患になるリスクが高いでしょう。
  • 更年期更年期にエストレロゲンの値が下がることで、変性関節疾患となることがあります。
  • 肥満:変性関節疾患の主要な要因というわけではありませんが、太り過ぎは特に膝などの関節の状態を悪化させる場合があります。
  • 怪我:骨折などの怪我が変性関節疾患の引き金となることがあります。

 

こちらも合わせてどうぞ:知っておきたい!関節の健康維持に役立つ食品とは?

 

変性関節疾患の症状

変性関節疾患はゆっくりと始まります。一箇所または複数の関節に影響を与え、その後、朝のこわばりへと進化します。これは通常軽いものでしょう。

疾患が進行すると、影響を受けている関節の動きは低下します。屈曲拘縮、圧力に対する過敏さや痛み、”ポキッ”とするような感覚を感じるでしょう。機械的な閉塞を起こすこともあり、ダメージを受けた関節の内部に遊離体が存在するという結果になることもあります。

変性関節疾患の症状は様々です。ですが、最も一般的な症状は、関節痛、動きが限界される、摩擦、そして時に関節浸出液です。関節痛や炎症は、1日の身体的な活動を終えた後に現れることもあります。関節を構成する骨の端の過剰な組織の成長が変形へとつながるのです。

痛みがあると、変性関節疾患だと心配する人は多いでしょう。しかし、休息することで痛みは軽減するでしょう。状態が進行するようであれば、動かしたり休ませたりする時、より激しい痛みを感じられるでしょう。

こちらも合わせてどうぞ:骨と関節を強くする自然療法

 

変性関節疾患の治療

薬剤師と男性

変性関節疾患の治療に向けた最初の一歩は、関節の怪我を悪化させるようなことは一切しないことです。また、それぞれの患者似合わせたパーソナルエクササイズを取り入れるべきです。

痛みは影響を受けている部分の炎症から起こります。むくみを軽減したり痛みを緩和するための抗炎症薬や鎮痛薬が必要となるかもしれません。

このような薬剤は、主治医が処方してくれるでしょう。

軟骨保護薬

この種類の薬は、変性関節疾患の治療のために作られたものです。影響を受けている関節に直接効くでしょう。

痛みを緩和するだけでなく、動きを改善し、病気の根源に効くでしょう。コンドロイチン硫酸、グルコサミン硫酸塩、ヒアルロン酸などの成分が含まれています。

  • Schinca, N., & Alvarez, J. (2012). artropatía neuropática o Pie de Charcot. TraumaTología Revista Biomedicina |Traumatología.

  • Paz Jiménez, J.; González-Busto Mújica, I.; Paz Aparicio, J. (2002). Artrosis : patogenia y desarrollo. Rev Ortop Traumatol.

  • Wainstein, E. (2014). Patogénesis de la artrosis. Revista Médica Clínica Las Condes. https://doi.org/10.1016/S0716-8640(14)70098-7