鼻の黒ずみを消す方法

2月 11, 2016

特に鼻に目立つ、ポツポツとした黒ずみ。なかなかきれいにならずやっかいなもの。女性だけではなく、男性の顔でも見られます。

 

黒ずみってなに?

鼻の黒ずみ

鼻、頬、顎、唇の周りなどの決まった部分に現れる黒ずみの正体は、古くなった皮膚と皮脂が混ざったものです。表面との接触時に発生する酸化が原因で黒く見えます。

常にニキビと関連しているわけではありませんが、皮脂が過度に分泌されることも関連しています。ですから暑い季節のほうが現れやすいです。

 

この黒ずみは思春期にはあまあり見られませんが、オイリースキンで、適切な方法で清潔にお肌をケアしていないと、思春期であってもできてきます。なかなか消えるものではなく、なくすには、時間をかけ、辛抱強く取り組むことが必要になります。特に一番重要なのは忍耐強さです。

朝から夜までしっかりとした顔のケアを習慣づけることが必要不可欠です。たくさん汗をかいているのに、就寝前に化粧を落とさなかったり、しっかりと水で洗顔をしなかったりすると、黒ずみの発生率が高まってしまいます。

また肌のタイプによって洗顔方法も変わってきます。そして顔を保湿するということを忘れないでください。常に毛穴を清潔にしてキュッと引き締めた状態をキープし続けてください。そのために毎日の冷水の洗顔が重要になってきます。

どうやって黒ずみを落とすの?

黒ずみを落とす方法はいくつかあります。黒ずみを落とすのに有効な方法や良く知られているコツをご紹介します。

・学校で使われている有毒ではない糊(のり)を買ってください。お湯の湯気で顔に蒸気を充てて、濡れタオルを置いてください。そのあと糊を黒ずみが気になるところに塗ってください。完全に乾くまで待って糊が固くなったら、テープを取るように剥がしてください。その剥がした糊の裏を見ると黒ずみがはっきりと落ちているのがわかることでしょう。

 

・2つ目の方法は、お風呂に入る時間を活用して黒ずみを1つずつ落としていきます。シャワーのお湯で顔の肌を温めて毛穴を広げます。肌をゆっくり優しく締め付けながら押していくと、勝手に黒ずみが出てきます。肌から顔を出したら、毛抜きのピンセットを使って取るといいです。そうすることで痕が残りにくくなります。

鼻

 

・古い細胞や角質を全てきれいに取るために市販の美容マスクなどを使います。マスクを付ける前には肌を乾かしてから付けてください。そのあとタオルで優しく叩いてください。黒ずみを柔らかくするために、湿ったガーゼを気になる黒ずみの部分に置いて10分ほど待ったらしっかりと乾かしてください。綿で作った玉を指の腹に乗せてください。そうすることで顔に痕が残らなくなります。黒ずみが出てくるまで優しく押してください。

 

・この方法は使わなくなった歯ブラシが必要になります。普通に歯を磨くように歯磨き粉を付けてください。そして歯ブラシと顔をぬるま湯で湿らせてください。毎日就寝前に歯ブラシで優しく黒ずみが気になる部分を磨いてください。そのあと歯ブラシを熱湯で消毒して、保湿用のクリームを顔全体になじませてください。

 

・ライムジュースとピーナッツオイルとグリセリンを混ぜたものを黒ずみが気になる部分に塗って15分間ほど寝かせてください。これを毎晩実践してください。そのあとぬるま湯でしっかり洗ってください。この方法を実践することで黒ずみが落ちるだけでなく、シミも落とす効果があります。

 

女の子 鼻

 

・卵の卵白をかき混ぜて顔全体に塗ってください。ただし最初は黒ずみの気になる部分に塗ってください。紙ナプキンやティッシュなどを顔の上に置いて乾くまで1時間弱ほど待ってください。ティッシュが固まってきたら優しく取って顔をぬるま湯でしっかり洗い、顔を乾かす時は擦らずに乾かしてください。

・顔の毛穴を開かせるために顔をぬるま湯や少し熱いお湯ですすぎます。タオルの角っこの部分にオリーブオイルかピーナッツオイルを含ませてさらに歯磨き粉を少し加えます。そしてそれを鼻の部分や黒ずみが目立つ部分に優しく塗っていき軽く円を描くようにマッサージしていきます。5分ほど待ったら、ぬるま湯でしっかりゆすいでください。

 

・タオルをストーブか熱湯で温めてください。火傷しないように気をつけて顔にのせて、熱が冷めるまで10分ほど置きます。そのあと顔を少し熱めのお湯と中性石鹸で洗ってから、毛穴を引き締めるために冷たい水でもう一度すすぎます。最後に保湿用のローションなどをぬりながら5分ほど軽くマッサージして肌に潤いを与えてください。

あなたへおすすめ