白内障の種類と症状

5月 6, 2018
老化と深いかかわりのある白内障は、可逆性失明原因のトップです。

非常に一般的な目の病変である白内障は、目の水晶体の透明性の喪失や物体の焦点を正確に合わせられなくなるなど、水晶体の濁りが原因で目の構造に問題が生じます。

そのため、白内障を発症すると、読書や運転など、日常活動における行動が困難になります。

白内障の種類

白内障は、その形成過程により次のように分類することができます:

先天性:幼児期の初期に発症
後天性:以下に挙げる原因により発症

  • 毒物や汚染
  • 外傷
  • ブドウ膜炎などの病変に由来

特定の病気(例えば、真性糖尿病および副甲状腺機能低下症)に由来する全身性疾患
加齢性:最も一般的で、 白内障の90%を占める

加齢性白内障

加齢性白内障

白内障の発症率は加齢とともに増加するため、 65〜74歳の人口の60%が白内障を発症し75歳以上では割合が70%まで増加します。加齢とともに水晶体の透明度が徐々に失われて濁ることが原因です。

環境要因:

  • 日光の光や紫外線
  • 喫煙習慣
  • 代謝を低下させる
  • 栄養
  • 遺伝性

こちらもご参照ください:緑内障を予防するためにできること

先天性白内障

先天性白内障は出生時または幼児期に現れる白内障で、片目または両目に発症します。先天性白内障は、糖尿病、低カルシウム血症またはビタミンA欠乏症、そして葉酸などの特定の栄養素の欠乏など、妊娠中の母体の代謝疾患によって引き起こされる可能性があります。

子宮内感染症も重要な原因の一つで、その一般的なものが風疹であり、症例の30〜60%を占めます。母体が風疹に感染すると、小眼瞼症、色素性網膜炎、難聴および白内障に関連する先天性心疾患の症例をが起こります。他の感染症には、流行性耳下腺炎、肝炎、トキソプラズマ症があります。

白内障の他の原因でよくあるものの中には、サリドマイドなどの特定の薬物の妊娠中の投与、またはX線などの診断検査があります。

そして、ダウン症候群または遺伝的幼児代謝疾患(ガラクトース血症、副甲状腺機能低下症またはロウ症候群を含む)などのいくつかの染色体疾患などの胎児の特定の病気が、白内障のリスクを高める可能性があることにも注意する必要があります。

染色体異常または遺伝的幼児代謝疾患に起因する白内障の症例は、人口の1%を占めています。

 

白内障が引き起こすもの

白内障の原因

白内障は視力の低下を引き起こします。白内障が影響を及ぼしている水晶体が部分的か全体的かによっても症状の現れ方が異なります:

  • 核白内障は症例の30%に相当し、水晶体中央部の核から濁りが広がります。放置すると合併症のリスクが高まるだけでなく、手術しても視力回復に支障が出る可能性があります。
  • 皮質白内障は症例の50%に相当し、水晶体の外側の皮質から濁る、加齢白内障の中で最も多いタイプの白内障です。
  • 後嚢下白内障は症例の20%に相当し、視力が強烈な光で減少するなど急激に症状が現れます。コルチコステロイド治療または真性糖尿病によって発症することがあります。

ほとんどの白内障は視力の喪失が緩やかであるため、その進行状況に従って次のように各段階を分類することができます。

初期白内障:0.8〜1.0の視力。水晶体の硬化とも呼ばれ、水晶体にわずかな濁りが生じている程度です。

中期白内障:0.1と0.5の間の視力。水晶体に濁りが現れるため、「眼のかすみ」や「まぶしさ」といった自覚症状があらわれます。
成熟期白内障:0.1未満の視力。水晶体全体に強い混濁が見られ、自覚症状としても視力の低下やまぶしさなどの症状がほぼ全例であらわれ、日常生活において支障を感じ始めます。

 

白内障の症状

白内障の患者は、水晶体の濁りが原因で濃い霧を見ているかのように視力がぼやけて視力の低下が進行します。(進行度は後嚢下白内障が非常に早く、眩暈などを発症します)

医師は、患者に視力低下の進行速度について質問することが大切です。また照明などの光の条件が患者の視力に影響を与え、日常生活において夜間の視力が極端に低下する場合は、それを適切に診断する必要があります。

患者は、光に対するコントラスト感度の低下や色への知覚の変化があれば必ず報告する必要があります。

白内障はまた、近視や複視などを伴うことがあります。

診断

白内障の診断

患者が白内障を発症している可能性があると疑われる場合は、正確な眼科検査を行う必要があります。白内障の存在が確認されると、矯正手術を行うための他の診察や検査が行われます。

  • タイプAの超音波検査を含む生体計測検査:水晶体を交換するために使用される眼内レンズを決定するための測定を含む検査です。
  • 鏡面顕微鏡を用いた角膜内皮の検査:角膜内皮の細胞を増殖させないために重要です。白内障手術のような外傷に反応すると、角膜内皮細胞の多くが剥離し、長期的な眼の問題を引き起こす可能性があるため、合併症のリスクを軽減するためにも、手術前にこれらの細胞の状態を調べることが大切です。

治療

白内障の治療は根本的に手術です。これは入院することなく行われる非常にシンプルな手術です。現段階では他の選択肢を提供するための研究が進められています。

メイン画像の転載元© wikiHow.com

 

あなたへおすすめ