白斑を改善する9つの自然療法

· 7月 10, 2017
白斑を改善するには時間がかかります。適切な煎じ薬とスムージーの局所的な治療法を組み合わせることで、最良の結果を得ることが出来ます。

白斑は皮膚が部分的に白くなるもので、思われているより一般的な病気です。

ここではより詳しく白斑について述べていきます。

白斑について知っておくべきこと

白斑は、尋常性白斑とも呼ばれ、以前は、皮膚の色が暗いほど白斑にかかりやすいと言われていました。

日本皮膚科学会によると、「尋常性白斑とは皮膚の基底層に分布する色素細胞であり、紫外線から皮膚を保護するためにメラニン色素を生成するメラノサイト(色素細胞)が何らかの原因で減少・消失する後天性の病気」だと定義されています。

現在では、白色人種がメラノサイトによって作られるメラニン色素の生成バランスが取れにくく、この病気にかかるケースが多いと言われています。

白斑の典型的な症状である白やピンクの色むらは顔や胸、手、脇、肘などに最も現れやすいと言われています。

はっきりとした原因は分かっておらず、年齢や性別に関係なく起きる病気ですが、以下のようなことが発端となっている可能性があります。

甲状腺の機能低下

・遺伝

・ホルモンの変化

・ストレス

・鬱

・怪我

・糖尿病

・アジソン病

悪性の貧血

上記の原因に加えて、最も広く考えられている原因が、免疫システムの機能異常です。

体が白血球を害のあるものと判断し、攻撃することで起きると言われています。

白斑は深刻な病気ではありませんが、やはり見た目を気にされる方が多いようです。

白斑にかかっている4分の1の患者が「先天性色素沈着」であると言われています。

以下のようなことが特徴です。

・6か月以内に症状が現れた

・年齢(若い)

・白斑の位置(唇以外の顔)

こちらもご参考に:白斑とは?白斑の原因と治療について知りましょう

家庭で出来る白斑の治療

白斑には治療法があるのか、それともこのまま一生この病気と付き合わなければならないのか、白斑を発症するとどうしたら良いのか分からない方が多いようです。

白斑の原因が免疫機能の異常ならば、その問題の根元を断ち切ることが肝心です。

こちらもご参考に:白斑に効く自然療法

この場合、いくつか自然療法があります。

1.ナチュラルスムージー

材料

・きゅうり  1/2

・ヨーグルト  1個(125g)

・アロエベラ

作り方

・半分に切ったきゅうりとヨーグルト、アロエベラの茎一本をブレンダーに入れて混ぜます。

・滑らかになったら飲みます。朝の空腹時に飲んでください。

2.ラディッシュシードとりんご酢のパック

材料

・ラディッシュシード  大さじ4

・りんご酢  適量

作り方

・ラディッシュシードを容器に入れ、それが完全に浸るまでりんご酢を入れます。

一晩おいておきます。柔らかくなった種をすりつぶしペースト状にします。

・白斑部分にすりおろしたラディッシュシードを塗り、そのまま2時間置きます。

・ぬるめのお湯で洗い流します。

週3回行ってください。パックを塗る時は必ずお肌を清潔に乾いた状態にしてください。

3.小麦胚芽オイル

・コットンに小麦胚芽オイルを十分に含ませ、白斑部分に優しく塗ります。

・5分そのままにしてしっかりと吸収させて下さい。洗い流す必要はありません。

・毎晩行ってください

4.ビーポーレンとキウイのスムージー

材料

・ビーポーレン  大さじ1(15g)

・キウイ  1個

作り方

・ビーポーレンとキウイをブレンダーにかけ、滑らかになるまで混ぜます。

毎朝、朝食前の空腹時に飲んでください。

5.フレッシュバジルとレモン汁の湿布薬

・手のひら一杯分のバジルと少量のレモン汁でペーストを作ります。

・1日3回朝、昼、夜に白斑部分に塗ります。

・バジルがメラニンの生成を促し、レモン汁が白くなった部分を取り除きます

・お出かけになる前は必ず良く洗い流してください。太陽の光に反応してお肌を刺激する恐れがあります

6.レモンピールとアルコールのトリートメント

材料

・レモン(もしくはライム)ピール  2個分

・消毒用アルコール  1カップ(250ml)

作り方と使い方

・容器にレモンピールと消毒用アルコールを入れます。

蓋をして冷暗所に3日間置きます。

・出来上がった液体をコットンに含ませ白斑部分に塗布します。

太陽に数分当ててからぬるま湯で洗い流します

毎日、もしくは少なくとも週に3日行ってください。

7.レッドクレイとショウガ

もしレッドクレイが手に入るなら、この療法をお勧めします。

レッドクレイは通常自然商品、製品を扱っているところで購入できます。

銅を豊富に含んいるので、お肌の色素再生をサポートします

材料

・レッドクレイ  大さじ2.3杯

・すりおろしたショウガ  大さじ1(10g)

・水  適量

作り方と使い方

・材料全てを混ぜ合わせペースト状にします。

・白斑部分に多めに塗布します。

・数分置いてからぬるま湯で洗い流します。

1日おきに行ってください。

8.マンゴールートとアルコール

材料

・マンゴールートの粉  大さじ5(50g)

・アルコール  2カップ(500g)

作り方と使い方

・マンゴールートをアルコールに浸け、20日間暗い所に保管します。

・コットンに含ませ白斑部分に塗ります。

・洗い流さず、そのまま乾燥させてください。

9.ブラックペッパー

最新の研究ではブラックペッパーが最も白斑の治療に効果的だという結果が出ています。

皮膚のメラニン生成を促す働きがあります。

ブラックペッパーの主な成分の一つにメラノサイトの生成を促すピペリンがあります。確実な効果を得るためには使い続けることが大切です。

オイルやクリームにブラックペッパーが含まれたものが売られていますが、家庭で作ることも出来ます。

材料

・ブラックペッパー  1/4カップ(62g)

・オリーブオイル  1カップ(200g)

作り方と使い方

・中火でオリーブオイル温めてからブラックペッパーを加えます。

・そのまま5分火にかけておきます。

・火からおろし、冷ましてから濾し、ガラス容器に入れます

・白斑部分に毎日塗ります。

引用サイト:日本皮膚科学会