ハイヒールを長時間履く5つのコツ

6月 17, 2019
足や靴の内側にベビーパウダーを少量はたいておくと、足の痛みが軽減できるかもしれないって知っていましたか?

おしゃれにカッコよく見えるハイヒール。ドレスアップした時やオフィススタイルには欠かせないという女性も多いでしょう。ですが、実際に履いていると段々足が痛くなってきて我慢できないこともありますよね。そんな方に朗報です! 今日は、ハイヒールを長時間履くコツをお教えしましょう!

ハイヒールを履くと脚が長く、すらっと見えます。実際より背も高く見えるでしょう。それによりエレガントに見えるでしょうし、履いていることで自信がつく、という方もいるでしょう。

ですが、ハイヒールのマイナス面も無視できません。ヒールの高い靴を長時間履くことで姿勢が悪くなりやすくなる、というのも問題の一つです。

長時間ハイヒールを履き続けると、不自然な歩き方になったり、体を痛めることにつながってしまうのです。

それでは、そんなハイヒールを、痛みなく長時間履くコツを見ていきましょう。

 

ハイヒールを長時間履くコツ

以下に挙げるシンプルなコツを試してみませんか?ハイヒールを履いて出かける長時間のイベントやオフィスアワーを楽に乗り越えられるかもしれませんよ。

1. 冷凍庫に入れておく

ハイヒール

冷凍庫に入れる、という方法は2パターンあります。どちらでも自分にあった方を試してみましょう。簡単にできる1つ目の方法は、履きたいハイヒールの靴をビニール袋に入れて冷凍庫に入れるというものです。

時間がある方は、2つ目の方法を試してみましょう。2つ目は、同じく冷凍庫に靴を入れるのですが、水を入れてしっかり蓋をした小さい袋を靴の中に入れてから冷凍庫に入れます。中の水が氷に変わるまで入れておきましょう。

これにより、靴が少し広がり、履きやすくなるでしょう。また、少し柔らかくなりますので足を締め付けにくくなるかもしれません。

2. かかと部分にパッドを入れる

赤いハイヒール

専用のパットがありますので、このパットを爪先部分やかかと部分に入れてみましょう。足の痛みが軽減されるかもしれません。

途中で足が痛くなった時につけられるよう、バッグに1セット忍ばせておくのもいいですね。

 

こちらも合わせてどうぞ:痛みなくヒールを履くための7つのアドバイス

 

3. 中指と薬指をテープで止める

足の指

聞いたことがありますか? 足の中指と薬指をテープで止めると、苦痛を感じずに1日中ハイヒールを履いていられるかもしれない、というのです!

これは、指の中指と薬指をテープで止めることによって、この部分にかかる圧力を軽減できるからだそうです。

本当かどうか、一度お試しください。もしかすると本当に楽に感じるかもしれませんよ。

4. ベビーパウダー

かかとを押さえる女性

足や靴の内側にベビーパウダーを少量はたいておくと、足の痛みが軽減できるかもしれません。これは、不快感の元となる、足からの汗と湿気を防いでくれるからです。靴ずれができるのを予防することにもなるでしょう。

また、足を健康に保つことも忘れてはいけません。定期的に保湿をして皮膚を強くするのは必須です。水ぶくれ、靴ずれ、タコは皮膚が乾燥しているためにできるのです。

 

こちらも合わせてどうぞ:スタイルを良く見せてくれる衣類と靴8種

 

5. 靴の底にヤスリをかける

足の裏

新しい靴を履く時は注意しましょう。新しい靴の底(ソール)は滑りやすく、こけたり怪我をする危険があります。

では、どうすればよいのでしょうか?方法は2つあります。1つ目は、靴の底をサンドペーパーでやするという方法です。ナイフやハサミを使って削るという方法もあります。

2つ目は、靴の底にレモン砂糖の入った炭酸飲料を少量塗るというのもあります。これで表面がベタベタしますので、新しい靴でも滑ってこけなくなるでしょう。

どうでしたか?今日ご紹介したコツを試してみれば、ハイヒールを長時間履いても苦痛を感じにくくなるかもしれません。次回のパーティー前にあなたも試してみては?

 

  • Fuhrmann, R. A. (2008). Degenerative Erkrankungen des Vorfusses – Hallux valgus und Kleinzehendeformitäten. Orthopädie Und Unfallchirurgie Up2date. https://doi.org/10.1055/s−2005−921202