肌のうるおいを保つための4つのヒント

· 1月 18, 2018
眠っている間に肌が回復できるよう、メイクはしっかりと落とすことが大切です。メイクをせずに過ごした日も、眠る前に洗顔して汚れを落としましょう。

肌のうるおいを保つことは、多くの女性にとって、最も重要な課題の一つでしょう。

何もスキンケアを行っていない状態で極端な天候にさらされると、肌はダメージを受けてしまいます

また、必要なスキンケアをしないことによるリスクには次のようなものもあります:

肌が必要としているうるおいは、毎日のルーティンにひと手間加えることで取り戻すことができます。

しかしクリームやナチュラルオイルなどを顔に塗るだけでは、うるおった理想的な肌は手に入りません。

一時的でなくずっとうるおいを保つためには、ビタミンなどの必要な栄養素がしっかり含まれている食べ物や飲み物をとる必要があります。

肌のうるおいを保つためのヒント

ほどよくうるおった肌は、離れたところから見てもわかります。みずみずしく輝く肌は、あなたをより若々しく、美しく見せてくれます。

美しい肌のためには、気候の変化や、環境的要因による汚れ、その他の刺激から肌を保護することが大切です。

こちらも参考に:ハリのある肌を目指して コーヒーで作る5つのフェイスマスク

1. 肌タイプに合った保湿を行う

健康的な肌

スキンケア製品は、pH値などが自分の肌タイプに合っているものを選びましょう。

  • オイリー肌の人は、毛穴の詰まりを防ぐためにも、油分がたっぷり含まれた製品は避けましょう
  • 乾燥肌の人は、できればビタミンE、ナチュラルオイル、アロエベラが配合された石鹸を使ってください。
  • ニキビができやすい人は、ジェルタイプの製品を探してみてください。
  • 香料などが入った洗顔石鹸を日常的に使うことは、あまりおすすめしません。

また、しっかり保湿するためには、内側からもうるおう必要があることを忘れないでください。

体の中の毒素を排出するためにも、一日2リットルまでを目安に水を飲み、ナチュラルなフレッシュジュースも飲んでみてください。

2. 日焼け止めを塗る

日焼け止め

肌を保湿するとともに、有害な紫外線から守ることはとても重要です。紫外線は、早期老化の直接の原因になります。

  • 最も日差しが強い時間帯は、直射日光をできるだけ避けるようにしましょう。
  • 日焼け止めは毎日、曇りの日でもつけましょう。特に顔には忘れずにつけてください。

にんじんやブロッコリーを日常的に食べることも良いアイディアです。これらの食品には、肌を紫外線から守るビタミンA、C、Eなどの栄養分が豊富に含まれています

3. 角質ケアをする

肌の優れた特性の一つに、毎日自然に回復する能力があります。週に2回、体の角質ケアをすることで、肌はより柔らかくなり、輝きを増します。

古くなった角質を除去するための市販製品を買ってもよいですし、自宅でスクラブを作ることもできます。

材料

  • 砂糖 100g
  • 水 125ml

用法

  • 容器に砂糖を入れます。
  • 水を少しずつ加えていき、全体が均一なペーストになるまで混ぜます。
  • 砂糖の質感が感じられるくらいの状態が理想です。
  • これを、シャワーのときに顔や体に塗り、洗い流してください。

ベッドに入る前にメイクを落としきることも大切です。また、肌に負担をかけすぎないよう、週に2日はメイクをせずに過ごしてみましょう。

ノーメイクで過ごした日でも、眠る前には洗顔をし、汚れやほこりを落としてください

こちらも参考に:唇をふっくらさせるコツ

4. しっかり休息する

休息

体の中の抗酸化成分は、眠っている間に最大限に働きます。

体が正常に機能するためには、蓄積された老廃物を排出することが大切です。

しかし十分な睡眠を取っていないと、老廃物を効率的に排出することができません。このことは、肌のたるみや、早期老化によるシワなどの一因になります

不眠に悩まされている場合は、リラックス効果のあるハーブティーなどを飲んでみましょう。

肌を守る抗酸化成分が含まれており、眠りも誘うダークチョコレートを少し食べることも良いアイディアです。

短時間の昼寝を、毎日の習慣にすることで、夜の間の睡眠不足をある程度補うこともできます。

その他のヒント

たばこをやめ、アルコールの量を減らし、健康的な食生活を送ることも大切です―睡眠と食事は、健康と美容の基本です

肌や健康のために欠かせないビタミンや抗酸化成分をしっかり補給できる、フルーツや野菜を積極的に食べ、よりみずみずしく、輝くような肌を目指しましょう。