歯の形成障害 種類と治療法

· 6月 5, 2019
先天的に歯が欠如していることに悩んでいる人は少なくありません。今回の記事では歯の形成障害のタイプと治療法についてご紹介します。

歯の形成障害は、1本以上の歯が欠如したり奇形となる問題の一つで、口内や歯科衛生状態が悪い場合に起こります。

遺伝的な要因があると考えているため、家族の中に同じ症状を持った人が何人もいる場合があります。

すべての歯に影響を与えるわけではなく、切歯および小臼歯には影響を与えません。

診断が早ければ早いほど、早期の治療が可能になります。

治療は、欠如している歯の部分に新しいものを入れるか全体を矯正する方法です。

これにより、症状の悪化を防ぐだけでなく患者自身の自尊心を維持する効果があります。

歯の形成障害の原因

歯の形成障害は遺伝する病気ですが、それ以外にも様々な発症原因があります。

最も一般的なのは、歯が正しく成長しない「物理的な妨害や中断」で、歯が欠如するか不完全に成長します。

歯が成長する十分なスペースがないのも原因の一つで、この場合は歯が重なります。

歯が本来の形に形成されないことで、多くの問題を併発します。

歯科治療の種類

歯の形成障害は、いくつかの歯が欠如しているか奇形となっているかですが、その影響には個人差があります。

またその発症原因が遺伝なのかそうでないかという要因によって、そして治療を開始する時期によって治療方法も異なります。

歯の形成障害にはいくつかの種類があります。

  • 先天性欠如:1〜6本の歯が欠如していることを特徴としています。
  • 先天性無歯症:6本以上の歯が欠如していることです。
  • 完全無歯症:完全に歯が欠如している最も深刻な症状です。

先天性欠如または無歯症は、片側または両側の歯が欠如していたり形成に問題を起こしています。

ご存知ですか?100%自然の力を使って虫歯を予防・治療する方法

利用可能な治療

歯の形成障害がある人やその疑いがあると感じている人は、必ず歯科医の診察を受けてください。

歯科医が推奨するであろう治療のいくつかをご紹介します:

インプラント

インプラント 歯の形成障害

歯の形成障害に最も一般的な治療法がインプラントです。

年齢、歯の状態、欠如している歯の数に応じて、最良の治療法がインプラントだと判断されることがあります。

インプラントとは、骨の中にチタンのネジによる人工歯根を埋めこんで作る人工の歯です。

歯科医はインプラントが高い効果を発揮するかどうかを確認するために、歯茎の状態を診察することから始めます。

必ず信頼できる専門の歯科医を選びましょう。

こちらもご参考に:歯石を取り除くための3つの効果的な家庭療法

歯列矯正

歯列矯正 歯の形成障害

先天性欠如を発症している場合は、歯列矯正が選択肢の一つになります。

欠如している歯の数が少ない場合は、インプラントの代わりに歯の矯正を歯科医から進められるでしょう。

現在の歯を使って矯正することで隙間を埋めるため、インプラントの必要がありません。

大切なのは、歯の形成障害に精通した歯科医を選ぶことです。

歯が欠如していたり、形成上に問題がある場合は、できる限り早期の治療がお勧めです。

心配な点がある場合は、必ず歯科医の診察を受けましょう。