風水に基づく運気の良い家づくりの方法

· 12月 14, 2015

私たちにとって住まいとはとても大切なところです。住まいで私たちは家族と最良の時間を分かち合い、心地好さと安心を手に入れることができます。 しかし重要なことは、私たちの住まいが清潔に保たれていて、調和がとれた状態にあるということです。そうするためのいくつかのアイデアを今からご紹介しましょう。

この記事のテーマは、古代中国の風水です。 風水は中国に起源を発する美学のシステムで、それは道教の原理に基づき、人々の日々の暮らしを良くするために生み出されたものです。その起源は古代にまで遡るきわめて古いものですが、今日でも住まいを装飾し整理整頓するための最良の方法のうちの一つだと考えられています。 それは現代においても、私たちに心地好さをもたらしてくれるのです。

安全性の確保

住まいはその背後に、保護してくれるものがあったほうが良いと風水は提言しています。その意味するところは 、丘や山、もう一軒の家、建物などがあなたの住まいの背後にあれば、それらはあなたに安全と安心をもたらしてくれるということです。

正面玄関にスペースを作る

家2

住まいの正面玄関の前にオープン・スペースを作ることも重要です。正面玄関の入口の向かい側に庭を造るのはそのための最善の策でしょうが、子供たちの遊び場などでも構いません。いずれにしても、開放的な気分が味わえるような空間を作り出す必要があるのです。

さらに両脇にも気を配りましょう

住まいの背後と正面のスペースに加えて、住まいの両脇にも配慮する必要があります。 そのためには、建物や隣家との安定したバランスと調和を保つように心がけるべきです。

常に安全を確保しましょう

上述の理由から、山の頂上に家を建てたりマンションの最上階を借りたりするのは得策ではありません。 なぜかというと、そういう場所は四方八方のどこからも守られていないからです。あなたの住まいはいかなる場合でも、どこかに隣接しておらねばならず、安全・堅牢でなければなりません。

家の周囲を見渡してみましょう

家3

常に住まいの周りを取り囲むものに気を配りましょう。周囲にはあなたの住まいの調和を乱すようなものがあるかも知れないからです。電柱、アンテナ、ケーブルなどの調和を乱すようなものには細心の注意を払いましょう。 また、家の正面にある樹木の手入れは怠らないようにしてください。決して歩道や入口の通路を塞ぐことがないよう気をつけましょう。木々の枝があなたの住まいを脅かすことがないようしっかりと管理もしてください。

玄関のドア

玄関のドアは丁寧にお手入れしましょう。あなたの住まいの最も重要な外観の一つなのですから、良好な状態に保つことが重要で、傍らに植えられた植物とともに道路から見ても際立つように外観を整えましょう。 正面玄関のドアはあなたの住まいの「顔」であることを忘れず、快適で手入れの行き届いた状態を維持してください。

インテリアも重要です

風水の教えるところによれば、住まいの内部の通路は直線的であるよりはカーブを描いて曲がっているほうがよいと言われています。通路は樹木や植物のようないかなる障害物からも自由でないと、調和を乱す負のエネルギーを生み出してしまいます。

鏡にご注意を

住まいの中に数々の鏡があるとしても、それにはカバーをかけておくのが最善の方策です。例えば、もしあなたの部屋の中に鏡があるのならば、それをクローゼットか衣裳だんすの中にしまっておくことをお勧めします。鏡は必要な時に取り出せるようにしておけばよいのです。使用していない時にいつまでも鏡を眺めていることは避けてください。

清潔な状態を保ち整理整頓に心掛ける

ペンキ

最後にして最も重要な提言は、常日頃からあなたの住まいを清潔かつ整頓された状態に保つということです。埃や異臭によって住まいが汚染されることがないようにし、家中に物が雑然と散乱しているようなことが起こらないように気をつけてください。家で使うものはそれぞれが収まるべきところに収納され、こまめにお手入れするようにしてください。もちろん、清掃に関してあまり神経質になることはありません。ただ、あなたのお住まいのインテリアが良好な状態に保たれているように気をつければ良いのです。 以上に申し上げたことを実践していただければ、あなたは今よりも心地好く、ハッピーで安心した生活を送れることでしょう。

なお、現在の日本で語られる風水については「地相占術」という意味合いが強く、そこに居住している人の生年月日によって開運の方法が異なってくると考えられています。すなわち、風水は本来、中国古来の占術によって住居とそこに居住する人との相性という観点から運勢を読み解こうとするものなので、合理的な暮らし方や整理整頓のテクニックといったこととはあまり関連がないように思われます。もちろん、そこには古代中国の生活の知恵が数多く盛り込まれていることは間違いないでしょう。しかし、風水が“Feng Shui”としてアメリカに輸入された結果、アメリカ独自の合理的な精神とも相俟って、より実用的な「居住術」のようなものに変貌していったのではないでしょうか。