腹部左側の痛みの原因は?

· 11月 8, 2015
腹痛の多くは、ガスの蓄積によるものです。 しかし痛みがひどい場合は、より深刻な状態を示唆している可能性があります。

強い痛みであれかすかな痛みであれ、またそれが深刻な問題に関わるかどうかに関わらず、痛みは常に何らかの問題の現れですから、痛みを無視すべきではありません。懸念や問題があれば、医者に相談するのがベストです。

今回は、一般的に起こる腹部左側の痛みに焦点を当て、原因を探ります。 繰り返しますが、身体には常に注意を払い、疑問があれば医者に適切な診断を仰ぎましょう。

腹部左側の痛みの原因は?

お腹

この記事を書くのには理由があります。腹部左側の痛みを無視したり見逃してはいけません。次のいずれかの症状が同時に起こった場合は注意してください。

  • 恒常的な痛み。痛みが1日だけだったり、数時間痛みがあった後翌月まで何もない、ということではなく、左側の痛みが定期的だったり、何かを食べたすぐ後に常に痛みが出るようなら、深刻な問題だと考えましょう。
  • 体の内側に熱い円盤のようなものがあるように感じ、 非常に鋭く激しい痛みがあります。ガスの蓄積に起因する不快感が多少あるかもしれません。しかし痛みは明らかにあり、気にしないようにすることはほぼ不可能です。
  • 痛みを緩和するため鎮痛剤を飲んだ場合、痛みは消えることもありますが、数時間または翌日に痛みが戻ってきます。
  • 左側の腹痛は、医師が患者から聞く最も一般的な種の痛みの一つです 。前述のように、ほとんどの場合はその部分に溜まった過剰なガスに起因するものですが、膵臓、胃、左腎臓、肝臓がある場所でもあるので無視できません。

では、考えられる原因のいくつかを考えてみましょう。

1.膵炎

ガスの次に最も一般的ですが、とても深刻な原因です。通常、 即入院を必要とするような強烈な症状が現れます。通常、発熱、嘔吐、動悸を伴う非常に激しい腹痛を感じます。どんな小さな症状にも注意してください。

自分の消化状態がどうか考えてみてください。食後、お腹がいっぱいで重く、左側に痛みが起こりますか? もし鋭い痛みがあり、上記のような他の症状を伴う場合は 、医師の診察を受ける必要があります。

2.腸閉塞

結腸や小腸に閉塞がある場合、深刻な緊急事態になる可能性があります。なぜ閉塞が起こるのか? 基本的には閉塞は、食品や液体が通過できなくなる腸の詰まりで、症状は非常に明白です。左の腹部の痛みに加えて発熱があり、ガスが通過できず腸が機能できなくなります。

3.憩室症

腸

消化管内で炎症が起こり、多くの痛みの原因となる膿のある傷ができます。下痢、便秘、吐き気、嘔吐、腹痛、ひどい炎症、また直腸出血を経験するかもしれません。

4.腎臓結石

腎臓結石には何の症状もないことがあります。結石が形成中であれば特にそうです。しかし 最終的には痛みを引き起こすのに十分な大きなサイズになります。

その痛みは左側にあるかもしれませんが 、腎臓は背中側に位置していることに注意してください。 痛みは右側の同じ場所に起こる可能性もあります。

こちらもお読みください:腎臓結石を取り除く10の自然療法

5.卵巣嚢腫

多嚢胞性卵巣

女性の場合は、時に卵巣嚢腫が左卵巣にできることがあります。不規則な月経周期、骨盤痛、悪心、嘔吐、腹部不快感を伴う鋭い痛みが起こります。

6.その他の原因:食あたり、ガス、ストレスなど

  • これらは多くの腹痛の一般的な原因ですが、例えば「膵炎」ほど深刻」ではないからといって重要でないという意味ではありません。
  • 体が受けつけない食品があることに、あなたも気づいているでしょう。体は自分自身を守ろうとします。 通常、嘔吐を伴う激しい痛みを腹部左側に感じます。
  • 過剰なガスもまたかなり一般的であり、奇妙に思えるかもしれませんが、腹部のどちらか一方の側に蓄積する傾向があります。
  • 消化不良や胃炎を引き起こすなど、ストレスが身体的に現れることを忘れないでください。潜在的な要因として、ストレスが思い当たりませんか?

こちらもお読みください:ストレスが及ぼす負の影響

結論として、もし上記の症状のいずれかがあって心配な場合、医者の適切な診断を仰いでください。 決して自己流で治療せず、常に専門家のアドバイスに従いましょう