ドネペジル塩酸塩:表示と警告

4月 22, 2020
ドネペジル塩酸塩は、比較的良好な耐候性を持つ、アルツハイマー病の患者に処方される薬剤です。ですが、どのような薬剤にも、軽度から重度までの副作用が起こる可能性があります。

ドネペジル塩酸塩は、軽度〜中度のアルツハイマー病患者に処方されるFDA承認薬としては、2番目に人気があります。ですが、永続して服用することが行動や機能的能力、生活の質の改善に繋がるかどうかについては、今のところはっきりとした証拠がありません。病気の進行を遅らせるかどうかもです。

この薬剤は他の薬よりも利点があります。ドベペジル塩酸塩は投与量が簡単で、安全性もずっと改善されているからです。肝臓への毒性記録もありません。

ですが、長期的に服用した場合の健康に対する利点についての証拠を出すには、長期にわたる臨床試験がより必要となります。

アルツハイマー病?それとも認知症?

頭を押さえる男性

認知症の中で最も一般的なものは、アルツハイマー型です。特に高齢者が患いやすいでしょう。認知症は病気ではありませんが、その症状として、記憶の不確かさや思考能力・社会性の低下などが挙げられます。患者の毎日の生活に明らかに影響を与えるでしょう。

アルツハイマー病は、認知症の中でも最もよくある病気ですが、その原因はわかっていません。アルツハイマーの引き金はわかりませんが、脳のアミロイド斑と神経原線維変化がこの病気によって影響をつけているのではないかと研究者は考えています。

  • アミロイド斑は、”βアミロイド”として知られるタンパク質の集塊
  • 神経原線維変化は、”タウ”と呼ばれる繊維状タンパク質のセット

この病気が遺伝的素因となっている人もいます。ですが、年齢やダウン症、深刻な認知機能障害などの要因もあります。

アルツハイマー病の症状

アルツハイマー病の症状には、以下のようなものが挙げられます。

  • 記憶喪失
  • コミュニケーション、理由付け、計画、調整が困難
  • 混乱、見当識障害
  • 不安感
  • パラノイア(偏執病)

ドネペジル塩酸塩の影響

アルツハイマー

ドネペジルを含むいくつかの薬剤は、アセチルコリンエステラーゼ阻害薬として知られていますが、これはアセチルコリンとして知られる化学物質の劣化を遅らせます。その働きは、一つの神経細胞と別の神経細胞の間のシナプス空間にこの物質を放出することです。それにより、神経伝達が誘発されるのです。

しかし、脳にアセチルコリンが十分に足りていないと、適切に働きません。従って、その人はアルツハイマー病に関連する症状を感じるのです。ドネペジルは、一時的にアセチルコリンのレベルをあげることでこの物質の劣化を遅らせるのです。

認知症の治癒薬はありません。認知低下を遅らせる方法がわかっているだけです。ですが、老人性痴呆やアルツハイマー病の治癒法が見つかるよう、研究が続けられています。

 

こちらも合わせてどうぞ:ターメリックがアルツハイマー病にもたらす効果

 

ドネペジル塩酸塩の副作用

この薬剤は比較的耐用性が良好でしょう。副作用があっても一時的なものであることが多いでしょう。ですが、時には、中度〜深刻な副作用が起こることもあります。薬のコリン作動性に関連する副作用は、治療を始めて最初の12週間ほどでなくなることが一般的です。よくある副作用は以下のようなものです。

  • 吐き気や嘔吐
  • 下痢
  • 頭痛
  • 不眠やパラソムニア(睡眠時随伴症)

こちらも合わせてどうぞ:アルツハイマー病の進行を止めることはできるのか

 

注意と警告

頭部レントゲン

中にはこの薬剤の服用に注意すべき人もいます。処方のピペリジン誘導体や賦形剤に対する過敏症を持っている人がいるからです。また、妊娠中や授乳中の方は、この薬剤は服用するべきではありません。授乳をする赤ちゃんや胎児に対する副作用が明らかになっていないからです。同じように、以下のような健康問題を抱えている方も、この薬剤の服用を避けましょう

  • サクシニールコリンによる筋弛緩
  • 心拍の病気
  • 胃腸障害
  • 排尿障害や尿閉塞障害
  • 閉塞角緑内障
  • 喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD

まとめ

ドネペジルは、神経学の分野での先進です。認知症関連のアルツハイマー病の治療のはっきりとした改善を表しています。ですが、この先もまだまだ研究は必要です。そのため、研究者たちは、この病気の治癒薬を発見するために研究を続けているのです。

 

この薬剤を服用する患者のそばには、健康で、医師によるガイドラインに従って投与を管理することができる人が必要です。

  • Villar Fernández, I. (2007). Utilización de fármacos específicos para la enfermedad de Alzheimer. Neurología: Publicación Oficial de La Sociedad Española de Neurología.
  • Custodio, N., Montesinos, R., Bendezú, L., Cortijo, P., Torres, H., & Escobar, J. (2017). Efectos de inhibidores de colinesterasa en pacientes con enfermedad asociada a cuerpos de Lewy. Anales de La Facultad de Medicina. https://doi.org/10.15381/anales.v69i3.1133
  • Azanza, J. R., S�daba, B., Quetglas, E. G., & Escolar, M. (1998). Donepezilo: una nueva opci�n en el tratamiento de la enfermedad de Alzheimer. Revista de Medicina de La Universidad de Navarra.