デクスケトプロフェン:用途と注意事項

11月 20, 2019
様々な種類の痛みを緩和するために使用される非ステロイド抗炎症薬であるデクスケトプロフェンについて、本記事ではその用途と注意事項について説明します。

広く使用されている薬であるデクスケトプロフェンは、非ステロイド性抗炎症薬 (NSAID)の分類に属するプロピオン酸系抗炎症薬で、錠剤またはジェルとして市販されています。

今回の記事では、デクスケトプロフェンの用途と服用時の注意事項、そしてその特性や効能について説明します。

デクスケトプロフェンの医療用途

一般的には、多くの人が頭痛の緩和にデキスケトプロフェンを使用します。

他の非ステロイド性抗炎症薬と同様、主に炎症と不快感を軽減し、発熱を抑えるのにも役立ちます。

さらに、デキスケトプロフェンは、ある特定の種類の痛みの治療により高い効果を発揮すると言われています。

  • 関節痛関節炎、腱炎、捻挫の患者を助けるかもしれません。
  • 歯痛
  • 頭痛:軽度の緊張性頭痛や片頭痛の治療に使用されます。
  • 月経痛月経中に起こるこの痛みは、不安、疲労、吐き気、腹痛、さらには失神を引き起こす可能性があります。
  • 筋肉痛:筋肉痛は要因に起因します。またここでは、怪我や打撃、過度の運動や激しい運動、そして姿勢の悪さなどが原因の筋肉痛も含みます。
  • 胃痛または腹痛
  • 背中の痛み(腰痛および頸部の痛みを含む)

こちらもご参照を:イブプロフェンについて知っておくべき事

作用機序

この薬は多くの身体機能を変えます。この点で、プロスタグランジンの合成に関与する、特定の酵素の機能を無効化または阻害することができます。

作用の仕組みである作用機序を順番に説明します。

  • 炎症過程と痛みの感覚に介入します。
  • 体温を調節して維持します。
  • 胃粘膜の分泌に介入し、胃粘膜は、粘膜を保護するために粘液を生成します。
  • 血圧を維持します
  • 内臓や血管などを含む平滑筋を収縮させます。

副作用

すべての薬と同様に、デキスケトプロフェンにはいくつかの副作用があります。

  • 吐き気と嘔吐
  • めまい
  • 頭痛
  • 便秘や下痢などの便の変化
  • 鼓腸
  • 胸焼けまたは腹痛
  • 睡眠障害
  • 口の渇き
  • 疲労または全般的な衰弱
  • 動悸
  • 発疹

ここでご紹介した副作用の多くは頻繁に現れるものではありませんが、腹痛は一般的な副作用の一つです。

プロスタグランジンが胃を保護する役割を果たすため、その生産を阻害すると胃を保護する働きが低下します。

その結果、胃は異物による損傷にさらされ、胸焼けや胃のむかつきが起こる可能性へとつながります。

ご存知ですか?:胸焼けを抑える方法

禁忌と注意事項

医師は、ある特定のケースではこの薬を処方しません。

ここでは一般論として、この薬を服用するべきではないケースをご紹介します。それぞれのケースや詳しい判断は、必ず医師に相談してください。

  • 妊娠中または授乳中
  • 心血管疾患の患者
  • 腎不全、肝不全、または機能不全を発症している
  • 非ステロイド性抗炎症薬に対する過敏症またはアレルギー
  • 胃腸潰瘍、またはクローン病を発症している
  • アルコール依存症、喫煙、または薬物などの有害物質の消費などの不健康な生活習慣を送っている
  • 他の抗炎症薬や鎮痛薬などを定期的に服用している

上記の症状のいずれかまたは複数が当てはまる場合や、非ステロイド性抗炎症薬へのアレルギー反応に苦しんでいる場合には、必ず医師の診察を受けてください。

非ステロイド性抗炎症薬、特にデキスケトプロフェンを服用している間は、必ず日焼け止めを使ってください。

この薬は、太陽の光への過敏症を引き起こし、シミやかゆみを引き起こす可能性があります。

禁忌と注意事項をご紹介しましたが、それを考慮に入れても、デキスケトプロフェンは安全で効果的な薬に分類されます。

薬の服用に関しては、自己判断や治療を行わず、必ず医師の診察を受けてください。

また、必要に応じて医師や薬剤師に相談してください。

  • Jiménez Martínez, E., Gasco García, C., Arrieta Blanco, J. J., Gómez del Torno, J., & Bartolome Villar, B. (2004). Estudio de la eficacia analgésica del Dexketoprofeno Trometamol 25 mg. vs. Ibuprofeno 600 mg. tras su administración oral en pacientes sometidos a una intervención quirúrgica oral. Medicina Oral, Patología Oral y Cirugía Bucal (Ed. impresa), 9(2), 138-148.
  • Mauleón, D., Artigas, R., García, M. L., & Carganico, G. (1996). Desarrollo clínico y preclínico del dexketoprofeno. Drugs, 52, 24-46.
  • Spain, V. (2018). ENANTYUM Granulado para sol. oral 25 mg – Prospecto. Retrieved from https://www.vademecum.es/medicamento-enantyum+granulado+para+sol.+oral++25+mg_prospecto_66819
  • Vera, P., Zapata, L., Gich, I., Mancebo, J., & Betbesé, A. J. (2012). Efectos hemodinámicos y antipiréticos del paracetamol, metamizol y dexketoprofeno en pacientes críticos. Medicina intensiva, 36(9), 619-625.