男性型多毛症ってどんな症状なんだろう?原因とその自然療法

8月 2, 2019
男性型多毛症は女性の発毛が過剰になる病気です。男性ホルモン、またはアンドロゲンの影響を受ける部位に様々な程度で現れます。

男性型多毛症とは一体何でしょうか?

男性型多毛症とは女性の体毛が異常に濃くなる病気です。男性ホルモン、またはアンドロゲンの影響を受ける部位に様々な程度で現われます。

医学的観点からすると、局所のアンドロゲン循環濃度を反映したものであり、そのアンドロゲンに対して毛嚢脂線が敏感になることを言います。

この記事では、男性型多毛症の原因とそれを治す自然療法についてご紹介します。

体毛の種類

体毛

まず、様々な体毛の種類を見ていきましょう。

  • 毳毛(産毛、軟毛)は毛幹がありません。短く、薄い色をしています。
  • 終毛(硬毛)は硬くて太く、毛に色素があります。

男性型多毛症の場合、この終毛が以下のような、通常女性には生えない部位に現れます。

  • 乳輪
  • お尻
  • 太もも

おすすめの記事:埋没毛を解決する5つの自然療法

除毛で男性型多毛症を治せる?

男性型多毛症は、アンドロゲンに依存している部位に過剰な発毛を引き起こします。

ところで、アンドロゲンとは一体何でしょうか?

アンドロゲンはステロイドホルモンで、男性化させる効果があります。

アンドロゲンは周期的にテストステロンやアンドロステロン、アンドロステンジオンを生成します。そのため、除毛で男性型多毛症に対処しようとしても効き目がありません。

症状

ニキビ 男性型多毛症

一般的に、以下のような症状があります。

  • にきび
  • 脂漏症
  • 脱毛
  • 女児における急な成長
  • 月経不順、不妊
  • 筋肉量の増加

こちらもお読みください:ホルモンバランスの乱れによる8つの症状

男性型多毛症の原因

大半の場合、男性型多毛症の原因は、アンドロゲンの過剰生成によるものです。男性型多毛症は、卵巣ホルモンと副腎の生成を増やします。

以下は、最も一般的な原因となる要素です。

  • 多嚢胞性卵巣症候群ホルモン生成と代謝に変化が起こる病気です。
  • 先天性副腎皮質過形成:ステロイドホルモンの生成が乱れる遺伝病です。
  • 腫瘍:通常、卵巣に発生します。妊娠中のホルモンの変化が男性型多毛症を誘発することがあります。
  • クッシング症候群コルチゾールの生成が高まるため、しばらくの間、体毛の発生が刺激されます。
  • 医薬品:コルチコステロイドや避妊薬、同化ステロイドの使用はきちんと管理することが大切です。

男性型多毛症を治す自然療法

1.スペアミントのお茶

緑茶 男性型多毛症

ミントティーは、テストステロン値を大きく下げるため、男性型多毛症の効果を解消します。

男性型多毛症に悩める女性の方は、このお茶を1日に2杯飲みましょう。

材料

  • 緑茶の茶葉(10g)
  • はちみつ 大さじ1(15g)
  • ミントストロベリー(7g)
  • 水 1カップ(125 ml)

作り方

  • まず、お湯を沸かし、沸騰させます。
  • 緑茶の茶葉を加えます。
  • ミントの葉を加えます。
  • 5分間、蒸らします。
  • はちみつで甘く味つけをしましょう。

2.柑橘類のトニック

レモン果汁 男性型多毛症

レモンの果汁や柑橘類系の原材料は、発毛を抑えます。このトニックを塗るだけなので簡単です。

材料

  • レモンゼスト
  • オレンジゼスト
  • レモン果汁 1個分(10ml)
  • みかんのエッセンシャルオイル 3滴

作り方

  • まず、お湯を沸かします。
  • 沸騰したら、火を止めます。
  • その後、ガラス容器にお湯を注ぎます。
  • レモンゼストとオレンジゼストをお湯に加えます。
  • 一晩、置いておきます。
  • ざるを使ってゼストを取り除き、液体を別の容器に移し替えます。
  • レモン果汁とみかんのエッセンシャルオイルを加えます。

使い方

  • コットンボールで患部にまんべんなく塗りましょう。
  • 夜にもう一度塗りましょう。

3.ウコンとはちみつ

ウコンとはちみつ 男性型多毛症

ウコンは発毛を遅らせる他、シミもなくしますまた、はちみつには抗炎症成分や肌を再生させる滋養成分があります。

材料

  • ウコン 大さじ7(105 g)
  • はちみつ 大さじ3(45g)

作り方

使い方

  • 患部を良く洗い、しっかり乾かします。
  • まんべんなく塗り、円を描くようにマッサージします。
  • 15分間そのままにしておきます。
  • 塗り薬が少しも残らないようにしっかり洗い落とします。

注意点

  • まず、発毛が再発している部位にカミソリをあてることは避けましょう。時間が経つと、この部位にすじがついてしまいます。
  • 除毛する時は毛抜きで毛を抜きましょう。毛根から毛を抜くため、しばらくは再度発毛しません。
  • また、毛にブリーチをして、目立たなくさせるのも手段の一つです。
  • 1日に少なくとも30分は運動しましょう。
  • 1日に少なくとも2リットルの水を飲みましょう。
  • Effects of peppermint teas on plasma testosterone, follicle-stimulating hormone, and luteinizing hormone levels and testicular tissue in rats (2004). Akdogan M, Ozguner M, Kocak A, Oncu M, Cicek E.
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15302514
  • Spearmint herbal tea has significant anti-androgen effects in polycystic ovarian syndrome. A randomized controlled trial (2010). Grant P.
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19585478
  • Sadeghi Ataabadi, M., Alaee, S., Bagheri, M. J., & Bahmanpoor, S. (2017). Role of Essential Oil of Mentha Spicata (Spearmint) in Addressing Reverse Hormonal and Folliculogenesis Disturbances in a Polycystic Ovarian Syndrome in a Rat Model. Advanced pharmaceutical bulletin, 7(4), 651-654.
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5788221/