美肌を手に入れる5つのヒント

12月 3, 2015
ローズマリーウォーターは、寒さやホルモンバランスの変化による肌の赤みや毛穴を抑えることができます。

ふわっと柔らかくキメの整った肌は誰もが手に入れたいもの。そのために効果のない美容品にもたくさんのお金を費やしてしまいがちです。この記事では簡単で経済的な美肌になる方法をご紹介します。

健康で美しい肌になるためのアドバイス

あなたの健康状態が肌に影響を与えるというのは周知のとおりです。ビタミンやミネラルのバランスのとれた食生活は、ハリのある潤い肌や赤みのない肌の源です。しかし、紫外線や風、ホルモンバランスの乱れなど、美肌への道にはたくさんの障害物が。そこで、この記事では毎日コツコツと続けられる簡単な肌のケア方法をご紹介します。低コストで簡単な方法なので、是非あなたの日々のスキンケアに取り入れてみてください。

1.オートミールと重曹で角質除去クリーム

週に1度だけのケア方法です。肌が輝き、若々しく、肌色がトーンアップする方法です。このクリームを使えば、化学薬品を使わずに、毛穴の汚れや古い角質を取り除くことができます。2杯のオートミール、1杯の重曹に少しの水でクリームくらいの硬さに混ぜます。ポイントは、肌を覆うことができる濃度の硬さに調整することです。顔に伸ばしたら、角質を取り除くために優しく手で円を描くようにマッサージしてやります。15分後ぬるま湯で洗い流してやれば、きれいな肌になります。

2.緑茶を使ったふき取り化粧水

洗顔

朝や夕方の洗顔時に使ってやることで、肌を柔らかく清潔にすることができるふき取り化粧水です。緑茶のティーバックを2つ入れて作ったカップ一杯の緑茶を用意し、それを沸騰させます。その後、ティーバックを取り出さずに冷蔵後で冷やします。コットンに緑茶化粧水を染み込ませて、肌につけてやると肌色がトーンアップし、肌のちょっとしたトラブルを抑えてくれます。

3.赤みをとる方法

寒さやホルモンバランスの変化、季節の変わり目に赤いシミができることがありませんか。そんな時には、はちみつとローズマリー水でケアしましょう。まず、ローズマリー3本と水を半カップを沸騰させて、そこにはちみつを3杯加えます。温かいうちに(温度に注意して!)コットンやシートマスクを浸して、15分パックしましょう。その後、水ですすぎ、保湿クリームで肌を整えます。びっくりするほど炎症を抑え、肌を再生してくれるのです。

4.黒い毛穴のケア

ヨーグルト

毛穴の黒ずみ。特に鼻の上の毛穴の黒ずみは気になります。ヨーグルトとレモンでつくった簡単なケア方法で少しずつ毛穴の黒ずみを取り除いていきましょう。ヨーグルトとレモン汁2杯程度をしっかりと混ぜて、クリームを作ります。毛穴の黒ずみが気になる部分に塗り、20分ほどパックし、水ですすぎます。毎日続ければ、毛穴の黒ずみが少しづつ除去されている事を実感できるでしょう。

5.ニキビ跡を目立たなくする方法

にきび跡

ニキビ跡ができると、私たちは化粧で上手に隠すことができずにいらいらさせられます。ニキビ跡が少しづつ消えていってくれるのを待つしかないのでしょうか。一番いい方法は、健康食品の店や、アロマオイルのお店で売られている、ホワイトムスクとローズのオイルです。高価なものではなく、古くからつくられているホワイトムスクとローズオイルのクリームが売られているので、それを使って円を描くようにマッサージしたり、コットンでパックしたりしましょう。毎日続けることでニキビ跡は目立たなくなるでしょう。

紹介したケア方法は、高価なクリームに匹敵するほどの効果のあるものばかりです。化学成分が入っていない天然成分で作った、古くからたくさんの人が愛用してきたスキンケアを是非一度試してみてください。

あなたへおすすめ