美肌のために/ニンジンを使った自家製石鹸

3月 11, 2016
ニンジン石鹸に含まれるβカロチンは、日光に肌をさらさずとも肌を健康的な色に保ってくれます。ただし、オレンジ色の肌にならないよう、使いすぎには気をつけましょう。

石鹸は誰もが使うものです。嫌な臭いの元となる汚れを取り除き、肌を清潔にしてくれます。石鹸には様々な形、大きさ、香りがあり、様々なお店で販売されていますが、その多くは化学薬品を使用して作られており、肌のトラブルを引き起こすこともあります。

化学薬品を使用した石鹸の使用を避けるには、肌に栄養を与え、保護する成分のある天然素材の石鹸を探しましょう。一番簡単な方法は、自分で石鹸を作ることです。

ニンジン&ハチミツー自家製石鹸の効果

この石鹸に使用されているニンジンやハチミツを始め、その他の材料はアンチエイジング効果があり、肌に水分を与える効果のあるものばかりです。特に乾燥肌、ニキビ肌の方にオススメです。

この石鹸には抗酸化効果がありますので、ダメージを受けた細胞を修復し、フリーラジカルによる影響を減らす効果があります。フリーラジカルは、加齢の一番の原因となります。

石鹸1

メインとなる材料、ニンジン

この自家製石鹸のメインとなる材料はニンジンです。ニンジンは肌に良いとして知られています。

ニンジンはβカロチンが豊富で、抗酸化作用もあります。そのため、紫外線や環境汚染によるダメージから肌を守ってくれます。

βカロチンは肌の色を維持し、太陽の光に肌をさらさずとも肌を健康的に見せます。しかし、同時に肌のもっとも白い部分を黄色・オレンジ色がかった色にしていまいますので過剰に摂取するのは控えましょう。

また、ニンジンには水分やビタミンも豊富ですので、肌が持つpHを整え、余分な皮脂を取り除き、ニキビができるのを防ぎます。

ビタミン、ミネラル、抗酸化作用により肌の回復を促し傷跡などを薄くする効果もあります。

自家製ニンジン石鹸の作り方

石鹸2

自家製のニンジン石鹸の材料は、比較的低価格で手に入りますし、作り方も簡単です。

出来上がりの石鹸の色は、使用する材料の質によって多少異なります。

材料

  • ココナッツオイル 300ml
  • オリーブオイル 400ml
  • アーモンドオイル 100ml
  • ニンジンの茹で汁 200ml
  • ニンジン 100g(ピュレ状にする)
  • 水酸化ナトリウム 110g
  • ハチミツ 大さじ1/2
  • キャロットシードエッセンシャルオイル 10滴

作り方

作り始める前に、材料を置く広いスペースを確保し、ゴム製の手袋をつけましょう。道具は木製のものを使用しましょう。

  • ステップ1:柔らかくなるまでニンジンを茹でます。火から下ろし、フォークを使ってピュレ状にします。
  • ステップ2:容器にピュレにしたニンジンと茹で汁を入れます。
  • ステップ3:木製のスプーンでかき混ぜながら、ゆっくりと水酸化ナトリウムを加えます。加えたら数分間そのままにしておきましょう。
  • ステップ4ココナッツオイル、オリーブオイル、アーモンドオイル、ハチミツ、キャロットシードエッセンシャルオイルを別の容器で混ぜます。
  • ステップ5:木製のスプーンで混ぜます。混ぜると徐々に重たくなってくるのがわかるでしょう。
  • ステップ6:シリコン性の型に流し入れ、しっかりと固まるまで2日程おいてから使用しましょう。

以上で添加物ゼロ、肌に優しく効果の高い材料でできた石鹸の出来上がりです。

毎日の洗顔に使用したり、ボディソープとしてお使いください。

湿気の多い場所を避け、密封できる容器やソープディッシュに入れて保管しましょう。

あなたへおすすめ