9つの便秘予防法

12月 30, 2017

便秘は腸の活動が弱まる事で起きる消化器の問題で、体外に老廃物を排出することが出来なくなる症状の事です。健康的に便秘を予防しましょう。

これは座る事の多い生活や不健康な食生活が原因となって起きるので、現代ではとても一般的な問題の1つとなっています。

大腸に排泄物が溜まることで炎症、ガス、不快感をまねき、日常生活に問題をきたします。

ですが多くの人がこの予防法を分かっていません。便秘はその他の消化器の不調を引き起こします。

便秘は生活習慣を改善することで徐々に解消することが出来ます。

ここでは9つの便秘予防法をご紹介します。

 

1.繊維の摂取量を増やす

全粒粉 繊維

繊維を多く摂ると、腸の動きが活性化され消化を促します。

便秘を予防するだけでなく、以下の事にも効果があります。

・過敏性腸症候群

・憩室症

・痔核

・潰瘍

繊維を多く含む食材

・全粒粉

・チアシード、フラックスシード(亜麻仁)

・緑の野菜

・りんご、梨

・柑橘類の果物

・ナッツ類

・ベリー類、赤い果物

 

2.脂肪分の摂取を控える

脂肪分の多い食材は代謝を低めるだけでなく、消化を阻害します。

つまり分解するのに時間がかかるのです。そのため便秘になりやすくなります。

以下のような食材がその例です。

・ソーセージ

・お菓子類

・大豆やパーム油を使った食べ物

・特定のドレッシングやソース

・ピザ

・ハンバーガー

・ホットドッグ

 

3.赤身の肉を食べる

肉

質の高いタンパク質を取る必要がありますが、脂肪分は消化に時間がかかります。ですので赤身のお肉を食べるようにしましょう。

以下のお肉をおススメします。

・豚肉

・鶏肉、ターキー

 

4.食べる時間に注意を払う

メインの食事は毎日同じ時間に食べるようにしましょう。

好きな時間に適当に食べるのは良くありません。朝食、昼食、夕食はできるだけ決まった時間に摂るようにしてください

 

5.水分を多めにとる

水を飲む

便秘や消化不良を改善するには水分をとる事が重要となります。

水は繊維と結合して柔らかくし、大腸内を通過します。

 

6.定期的に運動をする

定期的な運動は消化を促し、便秘を予防、解消します。

体を動かすことで老廃物の流れを良くし、体外へ排出します。

 

7.食事にプロバイオティクス(善玉菌)を加える

プロバイオティクス

プロバイオティクスは、腸内フローラを整える生きた培養菌です。消化を改善し、免疫力を高め、便秘を予防します。

定期的に食べると胃腸の感染症を予防し、食べ物の分解を促します

以下がプロバイオティクスを含む食材です。

・ケフィア

・プレーンヨーグルト

・昆布茶

・味噌汁

・ピクルス

 

8.天然の緩下剤を摂り入れる

天然の緩下剤は腸の動きを活発にし、便秘を予防します。

しかもこれらの食材には通常繊維、水分、抗酸化成分も入っています。これらは消化を改善、促進します。

以下がその食材の例です。

・アロエベラジェル

・パパイヤジュース

・パイナップルジュース

・ピタヤ

・レモン入りの温かいお湯

・キウイ

・フラックスシードウォーター

・いちじく

 

9.トイレを我慢しない

便秘

おしっこを我慢するのと同じで、腸が動こうとしている時にそれを妨げるのは、腸と消化器にとって良い事ではありません

体がトイレに行きたいというサインを出している時には我慢せずすぐに行くようにしましょう。

ガスや痛み、大腸が炎症を起こしたりするのを予防することが出来ます。

便秘に苦しんでいますか? 胃腸が重い感じがしたり痛みがありますか? そういう方はここでご紹介したことを参考にして実行してみてください。きっと良くなりますよ!

あなたへおすすめ