知っておきたい!赤ちゃんが喜ぶベビーマッサージ

8月 31, 2019
近年、赤ちゃんに与えるベビーマッサージがよく取り上げられています。マッサージをすることで身体的にも精神的にも成長を助けることにつながるでしょう。また、親子の絆も深まるでしょう。

私たちは、蓄積されたストレスをどこかの時点で解放する必要があります。赤ちゃんも例外ではありません。質の良いマッサージを行うことで、赤ちゃんも気分が良くなるのです。あなたは、ベビーマッサージについて聞いたことがありますか?

近年、赤ちゃんに与えるベビーマッサージがよく取り上げられています。マッサージをすることで赤ちゃんや幼い子どもがリラックスし、マッサージを通してパパやママに愛されていることを感じるのです。触れ合うことで親子の絆も深まるでしょう。

ベビーマッサージとは?

女性と赤ちゃん ベビーマッサージ

マッサージは、古代より行われてきた癒しの方法です。肌と肌を触れ合わせることで行います。また世界には、マッサージのテクニックが考えや呼吸法に影響を与えると考える文化が多くあります。

ベビーマッサージは、ママが我が子に愛情や優しさを与えるテクニックです。マッサージ中、赤ちゃんは心身ともに満たされた気持ちになるでしょう。

 

こちらも合わせてどうぞ:泣き止まない赤ちゃんを落ち着かせる方法

 

ベビーマッサージの種類

赤ちゃんはこの世に生まれた瞬間から母親を求め、そばにいて母の温かさを感じたい、触れてもらいたいと願います。

そのため、新生児の頃から発達過程の中でマッサージテクニックを取り入れることが大切です。マッサージを行うことで満たされる赤ちゃんのニーズもあるでしょう。

次に、ベビーマッサージの種類をいくつかご紹介します。

1. ベビーマッサージで刺激を与える

新生児の頃からベビーマッサージを行うことで、適切な運動スキルの発達に役立つかもしれません。専用の簡単なマッサージが役に立つでしょう。

  • マッサージを効果的にするには、赤ちゃんを安全で快適な、平らな場所に仰向けに寝かせます。
  • 腕や脚の関節部分を中心に、時計周りの優しい動きでマッサージしましょう。
  • マッサージをするママがリラックスしていることが一番重要です。必要であれば、聴きやすく優しい音楽を聴きながらするのも良いですね。

2. ベビーマッサージでガスの排出を促す

赤ちゃん人工乳や母乳を飲む時に空気も一緒に吸い込んでしまうことはよくあります。吸い込んだ空気はガスになりますが、赤ちゃんにとってそのガスを排出するのは簡単なことではありません。ガスが溜まると不快に感じ、そのせいで眠りが浅くなることもあるでしょう。

  • 赤ちゃんを仰向きに寝かせます。赤ちゃんのおへそ付近に手のひらを当てます。
  • 次に、当てた手のひらをそっと上下に動かします。この動きでお腹にたまったガスが排出されやすくなるでしょう。

3. コリックに苦しむ赤ちゃんにベビーマッサージ

ガスと同じく、コリックも小さな赤ちゃんには起こりやすいトラブルです。これはは腸の周りの筋肉の収縮です。コリックになると、不快感から赤ちゃんは泣き出すでしょう。

  • 緩和するには、赤ちゃんを平らな場所に仰向けに寝かせます。手のひらを赤ちゃんのお腹の上に置きます。
  • 時計周りに手を動かし、優しくマッサージしましょう
  • 赤ちゃんにも使えるオイルやベビークリームをつけてマッサージをすると、滑りやすくマッサージしやすいでしょう。

4. ベビーマッサージで便秘を緩和

便秘がちな赤ちゃんもいます。特に母乳でなく人工乳を飲んでいる赤ちゃんに多く見られるでしょう。便秘がちな赤ちゃんには、マッサージでお腹をスッキリさせてあげることができるかもしれません。

  • 平らで安全な場所に赤ちゃんを仰向けに寝かせます。
  • 軽く温めたオイルを手に取り、赤ちゃんのお腹を優しくマッサージします。右から左に、左から右にと優しくさすりましょう。
  • マッサージはお腹の中でも、特におへその下部分に行います。マッサージをすることで、腸の動きが活発になるでしょう。

 

こちらも合わせてどうぞ:赤ちゃんの髪のお手入れ:知っておきたいお役立ちアドバイス

ベビーマッサージをする利点

笑う赤ちゃんと女性 ベビーマッサージ

赤ちゃんにベビーマッサージをする利点はたくさんありますが、その中でもいくつかを以下に挙げましょう。

  • 消化のプロセスに良い
  • 循環器系の発達を促す
  • ストレスホルモンを減らす
  • 赤ちゃんが安心感を得る
  • より長い時間、深く眠れるようになる
  • 内分泌系を強化する
  • 神経系の発達を促す
  • 免疫系が強くなる

理学的な要素のあるものから単なるリラックス目的のものまで、ベビーマッサージには様々な種類があります。ママは、それぞれの赤ちゃんに合った要素や方法を取り入れてあげましょう。より良い結果を望むなら、専門家に相談すると良いでしょう。

また、ベビーマッサージを必ず毎日しなくてはいけない、と強制されたように感じる必要はありません。ママの時間がある、心が穏やかな時にゆっくり行いましょう。いずれにしても、ベビーマッサージを取り入れる前には、かかりつけの小児科医に確認することを忘れないでくださいね。

  • “The benefits of infant massage” artículo en web de la Infant Massage USA