足がつるのを止めるには

· 1月 26, 2016
足がつるのを和らげるためには、足を優しくマッサージしたりストレッチしたりしなければなりません。足のマッサージやストレッチは、けいれんの予防運動としても役にたちます。

非常に長時間座ったり、長時間のランニングのように激しい運動をしたりして足に負担をかけ、筋肉が収縮するときに足がつります。足のつりは、ごくたまに起こるものですが、なかには定期的に足がつる人もいます。たいてい、頻繁に足がつる人は血液循環に問題があったり、水分不足や栄養の乏しい食生活による問題があったりします。また、神経の不調に悩まされている場合もあります。

足のけいれんで、医師に相談するようなことは稀だと思いますが、もし頻繁に足がつり心配であれば、何が原因なのかを専門家に診てもらわなければなりません。なぜならば、何らかの疾患によって足のけいれんが起こっているかもしれないからです。そこまで深刻でない場合には、今度足がつった時には次の方法を試してみてください。

すぐに足のつりを改善するヒント

sutorecchi-2

 

  • 片方の足だけがつった場合には、数秒間、反対の足をあげて、足がつっている方の足に体重をかける。
  • 靴や靴下をはいて、つま先を締め付けているときは、それを脱いで、数分足をストレッチする。
  • かかとを支えにして、つっている足のつま先を曲げる。そして、痛みが治まるまで、やさしく、小刻みに曲げたり伸ばしたりする。
  • 前後に、つま先を動かし、痛みが続く場合は足の指を引っ張る。
  • 今後つることがないように、治ったらすぐに散歩をする。
  • これらの痙攣は数分間続くときは、温かい蒸しタオルを患部にあてる。
  • 親指と人差し指で約30秒間上唇を指圧する。
  • 足の親指と人差し指の間にあるツボを30~40秒ほど指圧する

自宅でできる、「足のつり」予防

前述のヒントで足のつりが解消されない場合には、日ごろから次のことをお試しください。

マッサージ

 

sutorecchi-3

一日中体を動かして活動した場合や、またはそうでなくても足が疲れているときに足裏をよくマッサージしてあげることは、足のつりを予防する最適な方法です。足の裏をつま先に向かってこすると、血流がよくなり、足の疲れがほぐれます。また、夜中に足がつって困っている場合には、就寝前に足のマッサージをするとよいでしょう。

ストレッチ体操

ストレッチは短い時間で筋肉のけいれんを減らすための最も確実な方法の一つです。アメリカの整形外科医学会によると、足の筋肉の柔らかくて優しいストレッチやマッサージで足のつりを防ぐことができるそうです。慣れない運動をするときには、特に、足のつりを防ぐために繰り返してストレッチしましょう。

イチョウ葉

イチョウ葉で作られたお茶を飲むと、すぐに足のつりを改善できます。

1カップの水に大さじ3杯のイチョウの葉を入れ、10分間沸騰させます。5分間置いたら、すぐに飲みます。

エッセンシャルオイル

 

essenshaaruoiru

患部を温めると、足のつりがほぐれて、不快感を軽減するのに大きな効果があります。温熱パッドを使いたくないときは、温感効果のあるユーカリや松、ティーツリー、ローズマリー、タイムなどのエッセンシャルオイルを使用するとよいでしょう。オイルを塗った後は足をカバーすると最も効果的です。

アルニカ茶

もう一つ、アルニカは血液循環に強力な効力のある植物です。炎症をおさえ、筋肉をほぐししながら痛みや生理痛を緩和します。アルニカの根で作られた温かいお茶を用意し、5分間患部に湿布します。または、たらいやバケツにお湯を入れ、アルニカで作られた外用チンキを数滴混ぜたところに、10分間足を浸します。