足の臭いを消す方法

4月 15, 2017

足の臭いの原因となるものは様々ですが、その中で最も一般的なのは衛生管理が不十分なために引き起る菌の増殖です。特に靴を脱ぐ機会が多い日本人にとっては、足の悪臭で恥ずかしい思いをしてしまうことも少なくありません。しかし、簡単な自然療法で過度になってしまった足の発汗を抑え、臭いの問題を解決することができます

足の臭いの原因は?

足の臭いの主な原因は発汗です。汗自体には悪臭を引き起こす成分は含まれいていないものの、が繁殖しやすい環境を作ってしまうため、間接的に臭いの大元となってしまうのです。また、ナイロンやポリエステルを素材とした靴や靴下は通気性に欠けるため、足の衛生をさらに悪化させる要因となります。

靴下の需要な役割の一つは、汗の吸収です。裸足のまま靴を着用してしまうと、汗がに残留してしまうため、菌の増殖を引き起こします。同じように、足が毛深い場合も汗を皮膚上に留めてしまうため、悪臭につながりやすい傾向にあると言えるでしょう。

足には沢山の汗腺があり、そこから作られる汗の水、ナトリウム、塩化物、脂質、酸などの成分と、高湿度・高温度状態の組み合わせが、菌の理想的な環境となっているのです。

家庭で出来る自然療法

重曹

バケツ一杯の水に少量の重曹を入れ、足を10分ほど浸します。重曹は、酸性の成分に対して効果的に働きかけるため、足の臭いを飛躍的に改善してくれます

紅茶

5袋分のティーバッグを水で15分ほど沸かし、ぬるま湯程度の温度になるまで冷まします。できた紅茶の煎じ出しで体全体が温まるまで足湯をした後、タオルで水分を拭き取りフットパウダーを着けるようにするとベストです。

ティートゥリーエッセンシャルオイル

足を十分に洗って乾かした後、ティートゥリーエッセンシャルオイルを足に着けていきます。エッセンシャルオイルを直接垂らすのではなく、約10滴分をアーモンドオイル10mlと混ぜた混合物を使います。

足の臭いの防止法

上記でいくつかの改善法を紹介してきましたが、前もって足が臭うのを予防するにはどうしたらいいのか。以下を是非参考にしてください。

  • 毎日足を洗うのを欠かさず、抗菌作用がある石鹸を使うようにしましょう。週一回から二回程スクラブを使って古い角質を除去するのも効果的です。指の間を綺麗にするのも忘れずに。
  • お風呂に入った後、すぐに足を乾かします。
  • 靴下は頻繁に交換しましょう
  • 2日連続で同じ靴を履かないようにすると、菌の繁殖を防げるため衛生的です。
  • フットパウダーを指の間につけて、常に足が乾いた状態になるようにしましょう。これも菌の増殖を予防します。
あなたへおすすめ