知られざる「青いバナナ」が持つ6つの効果について

8月 7, 2019
よく熟れたバナナを食べることで得られる健康への良い効果は一般的にも知られています。しかし、なんと青いバナナを食べると、体重のコントロールや脂肪の燃焼を促す働きがあるのです。

信じがたいかもしれませんが、青いバナナには良い効果がたくさんあります。

実は、青いバナナはその体に良いたくさんの効果から、バランスの取れた食生活にぴったりの食材の一つなのです

ダイエット、グルコースの制御、コレステロール値の軽減など、効果は様々で、摂取することで体の全体の健康を改善してくれます。

青いバナナ 効果

青いバナナに含まれる成分

まず、青いバナナには食物繊維が豊富に含まれており、150グラムのバナナに対し3.6グラムもの食物繊維が含まれます。また下記の成分も多く含んでいます。

  • ビタミンB複合体
  • ミネラル(カルシウム、マグネシウム)

加えて、青いバナナには胃の酵素が分解できない繊維のレジスタントスターチが含まれています。そのため、健康に良いバクテリアによる発酵を促してくれます。

発酵することにより、このスターチは体内の粘液の働きを高めてくれるので、下記のような効果が得られます。

青いバナナの体への効果

青いバナナがもたらす、人間の体に良い代表的な効果を紹介します。

1、体重管理

体重管理 青いバナナ 効果

青いバナナは、他の炭水化物と比べて半分のカロリーしかありません。

また、レジスタントスターチは食物繊維を多く含み、満腹感を与えてくれるので、食欲を減らすことができます。

しかし、食生活に青いバナナを取り入れたからといって、空腹感や脂肪と無縁になるわけではありません。ダイエットに成功したいなら、他の食べ物を組み合わせたバランスのとれた食生活と、運動を続けることが大切です。

2、コレステロールの値を制御してくれる

青いバナナのような食べ物を習慣的に摂取すると、LDLコレステロールの生産をぐんと下げることができます。LDLコレステロールはよく、悪いコレステロールと言われ、肝臓にあります。

ですから、LDLコレステロールが消化器系から排除されるとHDLコレステロール、良いコレステロール、の値が上がるというわけです。

3、心血管の健康を向上させる

心臓の健康 青いバナナ 効果

コレステロール値と中性脂肪の減少させてくれるので、青いバナナは健康的な食生活にはベストな食材の一つです

HDLレベルが高くなることにより、下記のような働きがあり、心血管の健康が向上されます。

4、糖尿病予防

青いバナナは体内のグルコースの値も調整してくれます。よって、2型糖尿病の発病をコントロールし、予防してくれます。

あおいバナナを食べると、血流に排出される糖のスピードを遅くしてくれるます。それにより、血糖値の急激な変化を予防し、インスリンの一定した放出を促します。

同じように、血流中のインスリンの値を制御することで、以下のような効果が期待できます。

これらの成分や効果がある青いバナナは、体重を落としたい方や、健康的なライフスタイルを手に入れたい方にぴったりの食材です。

また、糖尿病に悩む人にも大変おすすめです。

5、脂肪の燃焼を向上

青いバナナ 効果 2

青いバナナの最も素晴らしい効果の一つに、体内の脂肪の燃焼を著しく高めてくれる効果があります。

グルカゴンと呼ばれる、熱発生をコントロールし促すホルモンの働きを高めることにより、脂肪燃焼向上効果が得られます。

6、体を元気にしてくれる

最後に、青いバナナが持つ、もう一つの効果は、体を元気にしてくれる効果です。特に早く筋肉を回復させたい時にぴったりです。

青いバナナに含まれる、ビタミン5とトリプトファンは、下記のような効果のある神経伝達物質のセロトニンの合成を助けます。

  • 満足や、幸福などに関連した感覚を促す。
  • 深く、穏やかな睡眠を促す。
  • 不安や鬱などを大幅に軽減する。

こちらの記事もお読みください:ぜひ試したい筋肉回復剤5選

 

  • BVLNES B. MA. El  Plátano, Factor  de Importancia en la Alimentación. Rev Med Hondur. 1943.
  • Guerrero M. Guia tecnica del cultivo del platano. CENTA. 2010.
  • Soto V. Cuantificacion de almidon total y de almidon resistente en harina de platano verde  y banana verde. Rev Boliv Química. 2010.