アンドレア・レヴィさんも患っている「線維筋痛症」とは

人前で話すことや、その他の日常生活がうまくいかないのは、線維筋痛症のせいかもしれません。最近、この症状について語ったアンドレア・レヴィさんもその一人です。詳しくはこの記事をお読みください。
アンドレア・レヴィさんも患っている「線維筋痛症」とは

最後の更新: 23 9月, 2021

先日、マドリード市議会の文化・スポーツ・観光部門の責任者であり、同市政府のスポークスマンであるアンドレア・レヴィさんが公の場で発言した様子が、視聴者やソーシャルメディアのユーザーの間で批判を巻き起こしました。レヴィさんの喋り方は辿々しく、時に言葉に詰まってしまうようです。その理由は? レヴィさん自身によると、線維筋痛症が原因だと言います。

線維筋痛症は多くの人が罹患している実在の疾患ですが、世界保健機関(WHO)がこの病気を認識したのは1992年でした。線維筋痛症協会のデータによると、現在までに一般人口の5.4%が罹患しており、患者の92.7%が女性です。

アンドレア・レヴィさんのパフォーマンスが期待通りでないのは、この疾患ためではないかと疑問視する声はこれまでもありました。そこで、線維筋痛症とは何か、この症状を持つ人はどのような症状を経験するのかを見ていきましょう。

線維筋痛症とは

線維筋痛症(FM)は、中高年の女性に多く見られる慢性疾患です。原因は不明ですが、これまで見られた様子によると、症状としては、アンドレア・レヴィさんが人前で話すときに見られる言動や、その他の生活の多くの場面でも見られることがわかっています。

いくつかの研究によると、この障害は燃え尽き症候群の状態に関連しているようです。つまり、通常のタスクを実行することが困難になるほどの、急性かつ強烈なストレスが原因かもしれません。これにより、生活の質が損なわれていきます。

線維筋痛症の症状は、様々な要因によって悪化する可能性があります。

  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 温度変化

線維筋痛症の最も特徴的な症状は、上半身と下半身の筋肉、関節、腱など、全身に継続的な痛みが生じることです。アンドレア・レヴィさんは、この痛みが「ほとんど麻痺状態」になることがあり、夜の休息にも影響するとコメントしています。

全身の倦怠感、睡眠不足、疲労感、エネルギー不足などの不快感は、たとえ薬を飲んで対処したとしても、生活の質に影響を与えます。そして、仕事上のパフォーマンスにも影響を与えます。今から10年以上前、雑誌「Clinical Rheumatology」に掲載された研究では、この症状が労働者の一時的な能力低下の原因になっていることが示唆されました。

線維筋痛症
線維筋痛症が引き起こす筋肉の痛みは強烈で、痛みの程度には波があります。

こちらもお読みください:ストレスが心臓に及ぼす影響

線維筋痛症の症状

科学的な文献によると、アンドレア・レヴィさんの病気の主な症状は「痛み」とされています。線維筋痛症の発症を説明する理論がこれまで議論されてきましたが、完全には明らかになっていません。自己免疫の問題、遺伝、代謝における酸化ストレスなどが可能性として考えられています。

線維筋痛症に関連する症状は以下の通りです。

  • 体のこわばり。特に朝のこわばり。指を動かしたり、足を伸ばしたり、背中を曲げたりすることが困難になります。このこわばりは徐々に広がり、緊張型頭痛や疝痛につながる蠕動運動の変化など、新たな痛みを引き起こすこともあります。
  • 顎関節症。顔のこわばりや筋肉の拘縮に伴い、顎の機能が低下します。
  • 過敏症および慢性疲労症候群。日常生活に支障をきたすほどの極度の疲労感があります。また、休んでも回復した気分になれません。
  • フィブロフォグ。強烈な精神的疲労で、慢性的な痛みが生じます。また、集中力や短期記憶力の問題も生じます。
  • 不安と抑うつ。日常生活に支障をきたすような慢性的な痛みを持つ人に蓄積されるストレスから引き起こされます。線維筋痛症の中には、気分障害から二次的に発症するケースもあり、その逆はないとも言われています。このような状況では、予後が悪化する可能性があることは明らかです。

生活の質に影響する症状

以上のことから、線維筋痛症は、生活の質だけでなく、社会的な活動にも影響を与える病気であると理解されています。そのため、仕事上の様々な困難の原因と考えても違和感はありません。

昨年7月にこの病気と診断されたというアンドレア・レヴィさんは、不快感に対処すること自体がすでに闘いだと言います。

線維筋痛症
線維筋痛症による睡眠障害は、仕事にも人付き合いにも悪影響を及ぼします。

線維筋痛症の治療にはたくさんの困難がある

線維筋痛症には治療法がなく、できるのは症状の緩和だけです。非オピオイド系鎮痛剤、局所温熱療法、理学療法によるマッサージ、エクササイズなどの治療が行われます。

夜間の休息を改善するためには、ストレス管理と、必要に応じて抗うつ薬の処方が鍵となります。線維筋痛症は、身体的な不調だけでなく、精神的なストレスにも対処しなければならないため、いくつもの困難が待ち受けています。

スペイン保健・消費・社会福祉省(MSCBS) は次のように説明しています。

線維筋痛症管理の目的は、症状を緩和し、個人、家庭、仕事における機能的能力を維持することであり、生活の質の低下を防ぐか、可能な限り最小限に抑えることを目的とする。

ご自身や大切な方が線維筋痛症の疑いがある場合は、信頼できる医師の診察を受けるようにしてください。

こちらの記事もおすすめです。
【どうすればいいの】ストレスによる不眠症
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
【どうすればいいの】ストレスによる不眠症

不眠症 は非常に疲れる状況であり、健康に様々な影響を及ぼすことになります。だからこそ、注意を払う必要があるのです。また、この病気は様々な原因で起こる可能性があることを考慮する必要があります。その中でも、不安や ストレス などの心理的な状態が最も多い傾向にあります。



  • Ramírez, Mónica Teresa González, René Landero Hernández, and Javier García-Campayo. “Fibromialgia: relación de síntomas somáticos, burnout e impacto de la enfermedad.” Cuadernos de medicina psicosomática y psiquiatría de enlace 93 (2010): 16-22.
  • Franco-Vicario, Ricardo. “La fibromialgia. Un paradigma de estrés existencial.” Gaceta médica de Bilbao 103.1 (2006): 7-7.
  • Salido, Marina, et al. “Factores relacionados con la incapacidad temporal en pacientes con fibromialgia.” Reumatología Clínica 3.2 (2007): 67-72.
  • Covarrubias-Gómez, Alfredo, and Orlando Carrillo-Torres. “Actualidades conceptuales sobre fibromialgia.” Revista Mexicana de Anestesiología 39.1 (2016): 58-63.
  • Latorre-Santiago, D., and M. Torres-Lacomba. “REVISIÓN/REVIEW FIBROMYALGIA AND THERAPEUTIC EXERCISE. QUALITATIVE SYSTEMATIC REVIEW FIBROMIALGIA Y EJERCICIO TERAPEÚTICO. REVISIÓN SISTEMÁTICA CUALITATIVA.” International Journal of Medicine and Science of Physical Activity and Sport 17.65 (2017): 183-204.
  • Villanueva, V. L., et al. “Fibromialgia: diagnóstico y tratamiento. El estado de la cuestión.” Revista de la Sociedad Española del Dolor 11.7 (2004): 50-63.
  • Revuelta Evrard, E., E. Segura Escobar, and J. Paulino Tevar. “Depresión, ansiedad y fibromialgia.” Revista de la Sociedad Española del dolor 17.7 (2010): 326-332.