【顎のがん】症状・診断・治療法について

顎のがんは、顔の痛みや腫れなど、明らかな症状があることが特徴です。そのため、診断や治療が以前よりもしやすくなっています。
【顎のがん】症状・診断・治療法について

最後の更新: 31 7月, 2022

がんは、人体のあらゆる組織が侵される悪性の病気です。乳がん、前立腺がん、子宮頸がんなどの有名な腫瘍がありますが、顎がんのような頻度の低いものもあります。

顎骨芽細胞癌とも呼ばれるこの病気は、上顎骨の下側に発生する病気です。骨腫瘍全体の15%にも満たない珍しい腫瘍であるとの調査結果もあります。

顎のがんは、30歳から40歳の男性に多くみられます。幸いなことに、ほとんどの場合、初期段階で診断がつくため、予後が改善し、合併症も少なくなります。

顎がんの症状

ほとんどのがんは、最初は無症状であるため、診断が難しく、遅れがちになります。しかし、顎がんには、個人で気づくことのできる症状があります。

最もわかりやすい臨床症状は腫れと痛みで、顔全体または顎だけに現れることもあります。その他、特徴的な症状として以下のようなものがあります。

  • 口臭
  • 歯が緩む
  • 口腔内の出血
  • 声のトーンの変化
  • 咀嚼や飲み込みの困難
  • 口の中の痛みのあるただれや潰瘍
  • 口の開閉が困難
  • 顎の感覚の変化

これらの症状のいくつかは、他の病態でも見られます。しかし、これらの症状が1週間以上経っても消えない場合は、顎のがんを疑わなければなりません。

残念ながら、顎のがんは無症状で発生する患者さんもいます。この点からも、定期的な検診は欠かせません。

こちらもお読みください:マウスウォッシュに関するガイドライン

原因

顎のがんは、遺伝的な要因と環境的な要因が関与する多因子疾患です。そのため、正確な原因を特定できないことが多いのです。

最近の研究では、顎のがんは、がん抑制遺伝子であるp53やRB1の変化と関係があるとされています。それに伴い、病気になる確率を上げる危険因子として、以下のようなものがあります。

特定のウイルス 顎のがん
一部のタイプのHPVは顎がんの起源に関連しており、感染に伴う他の状態が存在する必要があります。

診断

診断段階では、複数の検査や専門医の受診が必要となるため、個人で対応するのは難しいでしょう。医師はまず、症状やその経過を尋ねます。次に、顎の変化を中心とした徹底的な身体検査を行います。

しかし、最終的な診断は、X線検査と骨生検によって行われます。画像検査は、体の内部を見ることができ、腫瘍を特定し、その特徴を記録することができます。

最も一般的に使用される検査は、磁気共鳴画像法とコンピュータ断層撮影法です。PET/CTのような他の検査では、転移の有無を評価することが可能です。生検は、組織サンプルを顕微鏡で観察し、確定診断と病期を明らかにするものです。

こちらもお読みください:ガンの早期発見につながる血液検査

顎のがんの治療

顎のがんの治療は、腫瘍のステージと罹患者の年齢によって異なります。

多くの場合、腫瘍と患部組織をすべて取り除くことを目的とした手術からアプローチします。手術後は、顎の機能と見た目を回復するために、口腔内の再建が必要になります。切除した骨の量が多いため、金属製の人工歯根を装着する必要がある場合もあります。また、残存する悪性細胞を除去するために、放射線治療が推奨されることもよくあります。

最後に、顎のがんでは通常、化学療法は必要なく、節外転移がある場合のみ推奨されます。最も頻繁に見られるのは、肺、肝臓、脳への転移です。もしそうなれば、治療が複雑になり、予後が悪化します。

顎のがんの治療 外科医
この病気の手術は大規模で、影響を受けた骨の一部が切除されます。次に、プロテーゼが配置されます。

症状がはっきりしていて予後が良い病気

顎のがんは数少ない新生物で、症状がはっきりしているため、診断が容易です。その意味では、初期段階で発見できることが多いので、予後もかなり良くなります。理想的なのは、上記のような症状に気づいたら、専門医に相談することです。専門医のみが正確な診断を下し、適切な治療を開始することができます。

こちらの記事もおすすめです。
がんの骨転移 症状と治療
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
がんの骨転移 症状と治療

骨転移とは、特定の癌が進行し、骨に影響を及ぼす重大な合併症に至ることです。基本的には、臓器内の腫瘍の新細胞が骨に転移します。まず強調したいのは、骨転移イコール原発性骨腫瘍ではないということです。つまり、骨の組織内で発病したのではなく、乳房や肺などの別の臓器で発病したということです。



  • Dixit A, Parikh N. Osteosarcoma of jaw bone. Journal of Indian Academy of Oral Medicine and Radiology. 2008;20(1):41.
  • Bertin H, Gomez-Brouchet A, Rédini F. Osteosarcoma of the jaws: An overview of the pathophysiological mechanisms. Critical Reviews in Oncology/Hematology. 2020;156:103126.
  • Mateo M, Somacarrera M. Cáncer oral: Genética, prevención, diagnóstico y tratamiento.
    Revisión de la literatura. Av. Odontoestomatol 2015;31(4):247-259.
  • Huber MA, Tantiwongkosi B. Oral and oropharyngeal cancer. Med Clin North Am. 2014;98(6):1299–1321.
  • Ferrari D, Moneghini L, Allevi F, Bulfamante G, Biglioli F. Osteosarcoma of the Jaw: Classification, Diagnosis and Treatment. Osteosarcoma – Biology, Behavior and Mechanisms. 2017.
  • Dimitroulis, George. “Mandibular reconstruction following ablative tumour surgery: An overview of treatment planning.” Australian and New Zealand Journal of Surgery 70.2 (2000): 120-126.