ファントスミア(自発性異嗅症)はどのように発症する?

焦げ臭さやゴミ臭さを感じることはありませんか? 実際には存在しない匂いを感じてしまう嗅覚障害があります。今回は、女性に多いとされるこの嗅覚障害の原因をご紹介します。
ファントスミア(自発性異嗅症)はどのように発症する?

最後の更新: 24 7月, 2021

腐った食べ物や焦げたパンの臭い。化学物質やタバコの煙の臭い。ファントスミア(自発性異嗅症)とは、実際には存在しないニオイを知覚してしまう嗅覚障害です。言い換えれば、存在しない嗅覚刺激のことです。脳が原因で幻嗅が引き起こされる状態とも言えます。

この病気の人は、頭がおかしくなっているわけでも、精神疾患を患っているわけでもありません。自分が感じていることが現実ではないことは本人もよくわかっており、だからこそ混乱しているのです。この現象はそれほど珍しいものではないことに注意する必要があります。実際、一定の年齢に達すると、この不思議な変化を訴える人がたくさんいます。

このような幻嗅は、40歳前後で現れ、年を重ねるごとに強くなっていきます。また、女性に多く見られることも特徴の一つです。以下で、詳しく見ていきましょう。

ファントスミアの原因

ファントスミアは不快な疾患で、存在しない匂いを知覚することは非常に不便です。本人は、日常生活を送っている間、気になる臭いを突然感じます。そして、意外かもしれませんが、40歳以上の15人に1人がこの現象に悩まされているそうです。

バーモント大学やメリーランド州にあるアメリカ国立衛生研究所などの研究によると、この現象は女性に多いことがわかっています。特に、恵まれない環境にいる女性に多く見られます。また、この現象は、以下に述べる他の事項とも相関しているようです。

ファントスミア 原因 自発性異臭症
汚染された環境に住んでいる人ほど、より異嗅症を発症しやすくなります。

末梢性異嗅症と中枢性異嗅症

ファントスフィア(自発性異嗅症)には2つのタイプがあります。末梢性異嗅症と中枢性異嗅症です。末梢性異嗅症は、幻覚の発生源が鼻腔内にある場合に現れます。一方、中枢性異嗅症は少し複雑で、脳内のトリガーが原因となっています。後者の場合、持続性が高いため、厄介な問題となる可能性があります。

口腔乾燥症(ドライマウス)

ドライマウス症候群(口腔乾燥症)は、50歳から60歳の人に多く見られます。これは、唾液腺の異常による唾液の不足を特徴とします。

口腔内の硬組織や軟組織が刺激されるため、この機能障害の影響は深刻です。そのため、バクテリアが増え、口腔や歯の病気のリスクが高まります。同様に、別の関連効果として異嗅症が考えられます。

こちらもお読みください:靴の嫌な臭いを消す7つの方法

タバコ

タバコ中毒が有害であることは周知の事実です。しかし、タバコへの依存が五感に与える影響を軽視してしまうことがあります。例えば、ヘビースモーカーは、味覚と嗅覚に影響が出やすいのです。

ヘビースモーカーは、においや味を識別する能力を失うだけでなく、これらのにおいや味を感じることができなくなります。さらに、感じたとしても、感じ方が変化してしまいます。つまり、何を食べても通常の味がしなかったり、特別な刺激がなくても嫌な臭いがしたりするのです。喫煙をやめれば、このような影響はなくなりますので、安心してください。

前兆を伴う偏頭痛

前兆のある片頭痛は、頭痛が起こる前に一連の症状が現れるという特徴があります。この前兆の中には、明るい光を見たり、存在しない匂いを感じたりする幻覚があります。

鼻炎・副鼻腔炎

アレルギー性、非アレルギー性を問わず、鼻炎もこの問題と関係しています。つまり、くしゃみ、鼻水、鼻のかゆみ、鼻づまりなどを引き起こす鼻の粘膜の炎症が、多くの場合、異臭につながるのです。

環境汚染

専門家の間では、異嗅症と環境汚染との関係が指摘されています。汚染度の高い環境で生活している人(特に女性)は、徐々にこの嗅覚障害を発症します。正確なメカニズムはまだ解明されていませんが、考慮しなければならない事実です。

こちらもお読みください:自宅の湿った臭いを消す5つの方法

神経学的疾患

神経疾患の中でも、嗅覚の変化は多くの疾患で見られる症状です。そのため、適切な診断を受けることが常に重要です。

  • ファントスミアは頭部外傷によって生じることがあります。転倒して頭を打っただけで、幻嗅が起こる人もいます。
  • 嗅覚障害は、パーキンソン病に関連する症状の一つです。
  • また、統合失調症の患者にも起こる可能性があります。
神経学的疾患 ファントスミア
経頭蓋刺激は、ファントスミアに有効な治療法の一つです。

ファントスミアの治療法

ファントスミアの患者は、食欲の変化など、短期的には多くの問題に悩まされます。ルイビル大学の研究によると、解決策となるようなタイムリーで効果的な治療法はまだないとのことです。

したがって、できるだけ早く医者にかかり、ファントスミアの原因を調べるのが一番です。偏頭痛、アレルギー、パーキンソン病などが原因として考えられます。神経科医や耳鼻科医の診断を受けながら、学際的なアプローチを組み合わせるのが一般的です。

ファントスミアに処方される治療法の中には、抗てんかん薬、抗片頭痛薬、抗けいれん薬のほか、経頭蓋刺激があります。最も重要なことは、患者一人一人に合った治療を行い、生活の質をできる限り向上させることです。

こちらの記事もおすすめです。
カビ臭い?衣類の嫌な臭いを取り除く方法
みんな健康で読むことができます。 みんな健康
カビ臭い?衣類の嫌な臭いを取り除く方法

ちゃんと洗濯をしたのに、なんか服が臭う、カビ臭い気がする……そんなことを思ったことはありませんか?これは、実はよくあるトラブルなのです。閉じ込められた空間や湿気の多い場所などは特にそうです。衣類が完全に乾いていない時や、湿気のあるクローゼットに収納すると、カビ臭い、嫌な臭いがします。



  • Saltagi, M. Z., Rabbani, C. C., Ting, J. Y., & Higgins, T. S. (2018, July 1). Management of long-lasting phantosmia: a systematic review. International Forum of Allergy and Rhinology. John Wiley and Sons Inc. https://doi.org/10.1002/alr.22108
  • Sjölund, S., Larsson, M., Olofsson, J. K., Seubert, J., & Laukka, E. J. (2017). Phantom smells: Prevalence and correlates in a population-based sample of older adults. Chemical Senses42(4), 309–318. https://doi.org/10.1093/chemse/bjx006
  • Mattes, R. D., Cowart, B. J., Shiavo, M. A., Arnold, C., Garrison, B., Kare, M. R., & Lowry, L. D. (1990). Dietary evaluation of patients with smell and/or taste disorders. American Journal of Clinical Nutrition51(2), 233–240. https://doi.org/10.1093/ajcn/51.2.233
  • Leon-Sarmiento, Fidias E., Elías Granadillo, and Edgardo A. Bayona. “Presente y futuro de la estimulación magnética transcraneal.” Investigación Clínica 54.1 (2013): 74-89.