ピーナッツバターとバナナのエネルギーシェイクの作り方

この記事では、トレーニングのために必要なエネルギーのチャージに加えて、筋肉を構築するのに役立つ、アスリートにおすすめのシェイクの作り方をお教えします。
ピーナッツバターとバナナのエネルギーシェイクの作り方

最後の更新: 24 10月, 2021

今回ご紹介するピーナッツバターとバナナのエネルギーシェイクは、1日の活動に必要な多くの必須栄養素とカロリーをチャージしてくれます。アスリートに最適なレシピです。また、作り方も簡単!

座りがちな人の場合、エネルギーバランスを失わないように、一日を通して適度なカロリー摂取を維持することが重要であることに注意しましょう。したがって、これから説明するレシピは、スポーツをしていない人のニーズを超えているため、座りがちな生活にはあまり適していません。

ピーナッツバターとバナナのエネルギーシェイク

早速作る前に、このエネルギーシェイクの利点についてお話ししたいと思います。主要成分の1つとしてナッツを入れることで、不飽和脂肪酸をたっぷり摂取できます。心臓血管系が適切に機能するために必要です。

The Cochrane Database of Systematic Reviewsに掲載された研究によると、オメガ3脂肪酸は体内の炎症を抑えることができ、心臓の健康に役立ちます。ナッツはこの栄養素の源です。

一方、バナナはカリウムを大量に含んでいます。 International Journal of Cardiologyに発表された研究によると、カリウムは血圧の調節に役立ちます

材料

ピーナッツバターとバナナのエネルギーシェイクの作り方

このシェイクはとても簡単です。

まず、バナナの皮を剥いて切ります。

次に、残りの材料と一緒にブレンダーに入れます。氷も砕けるような強力なブレンダーを使いましょう。

次に、材料が滑らかになるまで5分間ブレンドします。

シェイクができたら、すぐに飲みましょう。そうでなければ、味が落ちてしまいます。いずれにせよ、空気に触れずに冷たく保たれている限り、栄養の観点では数時間大丈夫なままです。

見た目を素敵によそうなら、少しココアパウダーを振るのもおすすめ。シナモンを入れるのもいいですね。このスパイスは風味を与えてくれ、インスリン感受性を高める抗酸化能力を持つ植物栄養素も含みます。

こちらもお読みください:パセリを使って腎臓を綺麗にしよう

バリエーション:ピーナッツバターとオートミールのパワーシェイク

先程のレシピのアレンジに使えるのがオートミールです。この穀物は繊維を多く含んでいます。食物繊維は、炭水化物の吸収速度を遅らせることができます。

また、オーツ麦のベータグルカンは、微生物相に及ぼす影響のおかげで、消化器系の健康を改善することが示されています。消化管内で発酵し、消化管に生息するバクテリアのエネルギー基質として機能します。

オートミールは、バナナとピーナッツバターのエネルギーシェイクの食感と風味をさらによくします。センセーショナルなアレンジなのでとてもおすすめです(しっかりブレンドするのをお忘れなく!)。

アレンジの方法も簡単です。

すべての材料を追加するときに、40グラムのオートミールをブレンダーに追加するだけです。ただし、オートミールが確実に砕けるように、もう少し長くブレンドする必要がある場合があることに注意してください。

エネルギーチャージにぴったりのシェイクを作ってみよう

ご覧のとおり、シェイクは非常に簡単でささっと作れます。成分には高品質の炭水化物、タンパク質、脂肪が含まれているため、かなりの量の栄養素を提供します。

もちろん、高カロリーの食品であることを考慮に入れる必要があります。座りがちな人がこのシェイクを飲むと、消費カロリーに見合わない可能性があり、体重増加につながります。

とにかく、あなたが頻繁にスポーツをするならば、体重増加を恐れることなく楽しむことができます。むしろ筋肉をつけるのを助けることさえできます!

こちらの記事もおすすめです。
【筋トレ】ダンベルを使う背中のおすすめエクササイズ
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
【筋トレ】ダンベルを使う背中のおすすめエクササイズ

背中の筋肉を鍛えることは、単に見た目を良くするだけではなく、多くのメリットがあります。ダンベルは、さまざまな部位を鍛えるのに役立ちます。筋肥大だけでなく、筋肉が減るのを防ぐのにも使える器具です。ダンベルを使った背中のエクササイズを取り入れることで、姿勢が良くなり、筋力低下によるケガを防ぐことが...



  • Abdelhamid AS, Brown TJ, Brainard JS, Biswas P, Thorpe GC, Moore HJ, Deane KH, AlAbdulghafoor FK, Summerbell CD, Worthington HV, Song F, Hooper L. Omega-3 fatty acids for the primary and secondary prevention of cardiovascular disease. Cochrane Database Syst Rev. 2018 Jul 18;7(7):CD003177. doi: 10.1002/14651858.CD003177.pub3. Update in: Cochrane Database Syst Rev. 2018 Nov 30;11:CD003177. PMID: 30019766; PMCID: PMC6513557.
  • Filippini T, Violi F, D’Amico R, Vinceti M. The effect of potassium supplementation on blood pressure in hypertensive subjects: A systematic review and meta-analysis. Int J Cardiol. 2017 Mar 1;230:127-135. doi: 10.1016/j.ijcard.2016.12.048. Epub 2016 Dec 21. PMID: 28024910.
  • Jayachandran M, Chen J, Chung SSM, Xu B. A critical review on the impacts of β-glucans on gut microbiota and human health. J Nutr Biochem. 2018 Nov;61:101-110. doi: 10.1016/j.jnutbio.2018.06.010. Epub 2018 Aug 10. PMID: 30196242.