セクシャルアイデンティティとは

セクシャルアイデンティティ、ジェンダーアイデンティティ、およびセクシャルオリエンテーション(性的指向)は、しばしば混同される用語です。この記事では、それらの違いをお伝えします。
セクシャルアイデンティティとは

最後の更新: 13 1月, 2022

人の性的行動と自分自身をどう認識するかを定義するスペクトルは非常に多様です。多様であるが故に、外見で想像する性的行動と内面の定義が違うなど、しばしば混乱の源であることは驚くべきことではありません。この記事では、セクシャルアイデンティティとは何か、そしてそれが他のラベルとどのように違うのかを説明します。

「セクシャルアイデンティティ(性同一性)」という用語は、ジェンダーアイデンティティ、性表現、性的指向などの他の用語と一緒に、またはジェンダーと性の普遍的な概念と併せてしばしば登場します。これらの用語はある程度関連していることは事実ですが、実際には異なる意味を指します。その理由とその特徴は次のとおりです。

セクシャルアイデンティティの特徴

セクシャルアイデンティティの特徴 性的指向
セクシャルアイデンティティは、その人の性別やジェンダーに加えて、身体的および恋愛対象に基づいて構築されます。

「セクシャルアイデンティティ」というラベルは、他人への肉体的、感情的、または恋愛対象として惹かれる面で、自分自身をどのように認識するかを指します。 研究者たちは、それはジェンダーアイデンティティとはまた異なる用語であると指摘しています。

事実上、ジェンダーアイデンティティとは、出生時の性別に関係なく、人が自分の性別について抱く主観的な認識を指します。したがって、男性の性別の遺伝的、身体的、およびホルモン的特徴を有する人も、自分を女性として識別でき、またはその逆も可能です。

対照的に、セクシャルアイデンティティは、その名前が示すように、ジェンダーの認識よりも性的指向とより密接に一致しています。ジェンダーアイデンティティと似ていますが、より多くの文脈や考慮を含むという点が異なります(例えば、道徳的、民族的、または宗教的概念など)

要するに、セクシャルアイデンティティは、個人のスペクトルに関する性的指向

の審議をグループ化します。このプロセスには、恋愛関連や感傷的なものなどがあり、セックスに関連する要素だけではありません。

こちらもお読みください:慢性的な倦怠感の6つの原因

セクシャルアイデンティティの種類

セクシャルアイデンティティのタイプに言及するとき、多くの場合、恋愛対象(性的なものも含め)でカテゴライズ分けされます。人によってどんな用語を使うかが異なるため、用語に対するコンセンサスはありません。

これらの違いとは別に、セクシャルアイデンティティの古典的なモデルは、異性愛、同性愛、および両性愛に見られます。しかし、すでに指摘したように、セクシャルアイデンティティは、受動的または社会的に課せられた同化にとどまらず、恋愛対象や性的対象に関する複雑な個性を意味します。

この意味で、異性愛者のアイデンティティに共感する人々は、異性(または異なるジェンダー)の人々に肉体的、感情的、そしてロマンチックに惹かれます。同性愛者は、同性(または異なるジェンダー)の人に惹かれます。両性愛者は、2つ以上の性別(またはジェンダー)に惹かれます。

これらの3つの基準は単に一般的に使われるものであることに注意することが重要です。「バイセクシュアリティ」は、「ヘテロ」または「ホモ」のスペクトルに分類できないすべての恋愛指向または性的指向をグループ化するために使用されます。つまり、次のものも含まれます。

もちろん、 「バイセクシュアル」という用語を嫌い、性的指向を定義するときにこの用語を使用しない人もいます。論争はさておき、次のような他の基準に基づいてセクシャルアイデンティティのタイプを分類することもできます。

  • モノセクシュアル:特定の性別またはジェンダーのみへ感じる性的魅力(異性愛または同性愛など)
  • 多性愛:複数の性別またはジェンダーへ感じる性的魅力。ただし、必ずしもすべてのカテゴリへ魅力を感じるわけではありません(バイセクシュアル、パンセクシュアリティなど)

また、これらに関するもので、「一夫一婦制」や「一夫多妻制」という用語も含まれています。ただし、これらは、安定した、または永続的な関係の観点から使われる用語です。一夫一婦制は性的および恋愛対象的な独占権を満たすものですが、一夫多妻制は独占欲の障壁を打ち破るものとも言えます。

さらに、セクシャルアイデンティティを定義するプロセスは、確立された規範に準拠していない無性愛などの指向も発見する結果となる可能性があります。ご覧のとおり、この用語は複雑であるため、混乱が生じやすくなっています。アイデンティティのカテゴリを作成する試みがありましたが、実際には、既存のカテゴリでは不十分な場合があります。

セクシャルアイデンティティを隠す傾向

セクシャルアイデンティティを隠す傾向
一部の人による差別的な行動は、セクシャルアイデンティティを隠すことにつながる可能性があります。そして、それは健康への有害な影響に関連しています。

エビデンスが指摘しているように、意識的または無意識に自分のセクシャルアイデンティティを隠すことは、比較的一般的な行為です。それは、隠さないことで起こりうる社会的影響(汚名、差別、暴力行為、拒絶など)を恐れ、意識的に行われる行為です。

一方で、無意識のうちに、自分のセクシャルアイデンティティを完全に理解することを避け、起こりうる影響について必ずしも考えずに内省を避ける場合もあります。最終的には、友人、家族、同僚、そして社会一般による差別的な行為が、自分の性的アイデンティティを隠すことにつながります。

予想されるように、自分のアイデンティティを隠すプロセスは、さまざまな結果をもたらす可能性があります。心理的苦痛、 うつ病、不安神経症はそれらのほんの一部です。同様に、同性愛嫌悪、バイフォビア、トランスフォビアなども、アイデンティティをさらに隠す行動につながる可能性があります。

誤った情報と偏見は、自分のセクシャルアイデンティティを知るときに感じる社会的恐怖を増幅させます。定義を助けるために専門家の仲介を必要とすることは珍しいことではありません。一般に信じられていることとは反対に、自分のセクシャルアイデンティティを知ることはそんなに簡単なことではありません。時には時間がかかり、忍耐力が必要になることもあるのです。

こちらの記事もおすすめです。
感情的な苦痛からくる7つの痛み タイプの違いとケア
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
感情的な苦痛からくる7つの痛み タイプの違いとケア

身体が感じる痛みの中には、自分の心に向き合い、感情の世界のケアをすれば消えるものがあります。



  • Chrobot-Mason, D., Button, S. B., & DiClementi, J. D. Sexual identity management strategies: An exploration of antecedents and consequences. Sex roles. 2001; 45(5): 321-336.
  • Dillon, F. R., Worthington, R. L., & Moradi, B. Sexual identity as a universal process. In Handbook of identity theory and research (pp. 649-670). Springer, New York, NY. 2011.
  • Diamond, M. Sex and gender are different: Sexual identity and gender identity are different. Clinical child psychology and psychiatry. 2002; 7(3): 320-334.