【世界高血圧デー】自分の値を知ろう

5月17日は世界高血圧デー。多くの人がこの無症候性疾患のリスクを認識することが重要です。
【世界高血圧デー】自分の値を知ろう

最後の更新: 31 10月, 2021

世界高血圧デーは毎年5月17日です。この日の目的は、良い生活習慣を促進することによって病気の発症を防ぐことです。

病気の早期診断が重要です。そのため、この日は、「自分の値を知ろう(Know Your Numbers)」というスローガンを掲げて、 頻繁な血圧測定を奨励していました。これは、少なくとも5年間、世界高血圧デーのスローガンでした。

高血圧は、最終的に後遺症や死につながる他の病気のリスクを孕むため、心血管の危険因子です。これらの病気には、急性 心筋梗塞および脳卒中が含まれます。

これから見ていくように、高血圧症は非常に頻繁な病状であり、世界高血圧デーは、高血圧の値を早期発見して治療開始するための重要な機会です。つまり、正確に行動することによって多くの命を救うことができるということです。

世界の高血圧

推定によると、毎年約1,700万人が心血管疾患で亡くなっています。これは、世界中の死因のほぼ30%に相当します。

心血管系の原因による死亡を危険因子で分解すると、これらの死亡のうち900万人以上が動脈性高血圧に関連していることがわかります。言い換えれば、心血管死の50%以上が高血圧患者で発生します。

25歳以上の成人では、40%が高血圧症だそうです。さらに、年齢が高ければ高いほど、より多くの症例が記録されます。世界で最も影響を受けている地域はアフリカです。

世界高血圧デーは、健康であると思っているが実は高血圧の人の意識を高めるのに役立ちます。高血圧症の人の3分の1は、自分が高血圧であることを知らず、高血圧であることを知っている人でも、最大50%が症状のコントロールをうまくできていないと推定されます

世界の高血圧 心筋梗塞
高血圧は、世界で最も蔓延している病気の1つです。

世界高血圧デーは沈黙の病気を明らかにする

動脈性高血圧は、静かに進行し、体を蝕みます。そのため、上で述べたように、高血圧の状態に気づかず、不健康な習慣を続けている人がたくさんいるのです。

問題の1つは、病気が症状を引き起こさないことです。動脈性高血圧による頭痛に苦しんでいると報告する人もいますが、実際には、症状は高血圧に直接反応して起こるわけではありません。

いずれにせよ、例えば、患者が頭痛のために医者に診てもらうとき、血圧測定をすることは良い医療行為です。これは、その人が自分の高血圧状態に気づいていないことを検出する可能性が高いためです。

世界高血圧デーは、高血圧が見過ごされないように、数値の認識を提唱しています。知らないでいることは深刻な結果を及ぼす可能性があり、病気が沈黙の中進行してしまいます。

高血圧がもたらす結果

高血圧がもたらす結果
心臓は、高血圧の数値が最も影響を与える臓器の1つです。

動脈性高血圧症は、特定の臓器に損傷を与えます。最終的に症状が現れ、悲惨な影響を引き起こすのはこれらの組織においてです。それを念頭に置いて、高血圧が最も影響を与える臓器は次のとおりです。

  • 心臓:まず第一に、冠状動脈は高血圧によって損傷を受け、急性心筋梗塞または狭心症の可能性につながります。
  • 脳:脳卒中は高血圧の人によく起こります。動脈が徐々に閉塞したり、高血圧のスパイクから血管が破裂したりすることがあります。その後遺症は、人の生活の質に悲惨な結果をもたらす可能性があります。
  • 末梢動脈:手足の血液循環も高血圧に影響されます。動脈の内層が損傷し、脂肪や血小板によって詰まります。長期的には、特に脚は酸素不足に悩まされています。
  • 腎臓:高血圧患者の腎不全の根本的な原因は、動脈のゆっくりとした破壊です。それは血管の問題でもあります。
  • 目:最後に、網膜は眼球内の動脈性高血圧によって最も影響を受ける器官です。患者が糖尿病でもある場合、網膜症は特に危険な状況です。

自分の数値を知ることの重要性

世界高血圧デーキャンペーンは、予防が知識に依存していることから、人々に自分の数値(血圧)を知るように促しています。言い換えれば、高血圧の人が自分が高血圧であることを知っていれば、ライフスタイルを変えるためのより多くのツールがあるということです。

いずれにせよ、病気にかかっていなくても、バランスの取れた食事をとり、運動し、塩分を減らし、ストレスを避けることで心臓を守ることができます。

こちらの記事もおすすめです。
血圧のコントロールに役立つパッションフラワーの自然療法
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
血圧のコントロールに役立つパッションフラワーの自然療法

高血圧にお悩みですか?血圧をコントロールする時には、処方薬だけが唯一の選択肢ではありません。血圧を正常に保つためには、パッションフラワーを使った自然療法がとても効果的です。しかし、何か新しい自然療法や治療法を始める時には、専門医の診察を受けることが大切です。



  • Lim, Stephen S., et al. “A comparative risk assessment of burden of disease and injury attributable to 67 risk factors and risk factor clusters in 21 regions, 1990–2010: a systematic analysis for the Global Burden of Disease Study 2010.” The lancet 380.9859 (2012): 2224-2260.
  • Cáceres Toledo, María, Odalis Cáceres Toledo, and Lilian Cordiés Jackson. “Hipertensión arterial y retinopatía hipertensiva: Su comportamiento en un área de salud.” Revista Cubana de Medicina 39.4 (2000): 210-216.
  • Ramírez-Palacios, Paula, et al. “Reorganización y manejo clínico para el control de la hipertensión en el primer nivel.” Revista Médica del Instituto Mexicano del Seguro Social 56.S1 (2018): 26-37.