坐骨神経痛に効く/にんにく牛乳

座骨神経痛は、坐骨神経に炎症が起こっているのが原因で起こる痛みです。この痛みは何日も続き、日常生活をいつも通りに過ごせないほどの痛みを引き起こすこともあります。
坐骨神経痛に効く/にんにく牛乳
Carlos Fabián Avila

によってレビューと承認されています。 医者 Carlos Fabián Avila.

によって書かれた Daniela Echeverri Castro

最後の更新: 15 12月, 2022

坐骨神経痛は背中の下部から片方の足の裏側の上部にかけて起こりますが、時として爪先にまで痛みが走ることもあります。

 その痛みは、椎間板ヘルニア、脊椎菅狭窄症、梨状筋症候群、骨盤内の病気や挫傷、更には腫瘍などのせいで骨神経が圧迫され、炎症を起こすことが原因です。今回は、そんな坐骨神経痛に効く魔法の治療薬、にんにく牛乳のレシピをご紹介します。

坐骨神経痛の症状とは?

坐骨神経痛

坐骨神経痛の痛みの程度は様々です。わずかに刺すような感じや微かな痛みしかないこともありますが、痛みがどんどん強くなって日常の様々な活動もできないほどに強くなってしまうこともあるのです。一般的に、体の片側に強く発症するものです。人によってはそれが足やお尻の一部であったり、体の別の部分が痺れたりすることもあります。

坐骨神経痛は、時間や日にちを追うごとに悪化するものですが、とりわけ、体が弱っている時には症状が酷くなりがちです。特に立つ時、座る時、夜、咳をした時、鼻をかんだ時、笑った時、長い時間歩いた後、振り向いた時などに特に痛みを強く感じることが多いのです。

こちらの記事もお読みください:背中の痛みを引き起こす6つの健康問題

坐骨神経痛の痛み緩和ににんにく牛乳

にんにく牛乳は、様々な健康上の目的に使われる自然の治癒薬で、特に寄生虫駆除や坐骨神経痛のような痛みの緩和に多用されます。この代替療法は坐骨神経の炎症を抑え、まるで痛み止めのような作用をし、普通の生活を送る妨げとなっているこのいまいましい痛みを和らげてくれるのです。

にんにくが体にとても良い食物であるということはよく知られているところです。とりわけその抗菌、抗炎症作用によって異なったタイプの感染や健康問題と戦ってくれる役割があります。そこで本記事では、座骨神経痛を劇的に良くするばかりではなく、様々な健康に良い効果をもたらし生活の質を高めてくれる強力なにんにく療法についてお伝えしましょう。

こちらの記事もお読みください:牛乳を使ったおうちでできる自然療法

材料

  • にんにく4片
  • 牛乳 200ml

作り方

  • まず最初に、にんにくを、調味料用として使う時くらいに細かく刻みます。
  • 次に牛乳を中火であたた、そこに刻んだにんにくをくわえます。
  • 数分グラグラ沸かしたら甘味付けに蜂蜜を加えます。

十分効果を上げるには 1 日に少なくともこのにんにく牛乳を 200ml 飲むのがお勧めです。

にんにく牛乳の他の効用

にんにく
  • にんにく牛乳には消化を助け、便秘を改善する強い作用があります。
  • 腸内寄生虫を排出するのに非常に効果があります。この場合には、3〜4時間作り置いたにんにく牛乳を10日間にわたって毎日空腹時に、飲むようにしましょう。
  • また空咳にも効果があります。寝る前に飲むことをお勧めします。そうすればぐっすり眠れる効果もあるからです。
  • 喘息や普通に息をするのが苦しかったり、肺に問題を抱えている人もこのにんにく牛乳を飲めば症状が改善されます。この場合ににんにく牛乳をできるだけ熱く温めたものを、就寝前に飲むと良いでしょう。
  • 減量目的のダイエットをしたいと思っていて何らかのエクササイズをしているのなら、にんにく牛乳は大きな役割を発揮します。というのも、にんにく牛乳は脂肪の燃焼を促す代謝作用を活発にする働きがあるからです。生で食べるのが一番ですが、匂いが気になるなら、合わせて牛乳を飲むようにしましょう。
  • にんにく牛乳を飲むことで、にんにくの持つ抗菌作用の働きによって、体にエネルギーが満ち、体内の免疫システムが高まるのです。さらにウイルスや菌、バクテリアによる感染症をも防ぐことができます。
こちらの記事もおすすめです。
背中と腰の痛みを悪化させる6つの行動
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
背中と腰の痛みを悪化させる6つの行動

背中や腰の痛みは、慢性疾患などの主な原因の1つです。 日常生活が腰に与える過剰な負荷は、背中や腰の痛みだけではなく私たちの健康にも大きな影響を与えます。 背中や腰の痛みを発症すると、毎日の生活に不便が生じて生産性や効率が低下します。さらに症状が悪化すると職場や家庭でも様々な悪影響が起こる可能性...



  • Tesfaye A., Traditional uses, phytochemistry and pharmacological properties of garlic (allium sativum) and its biological active compounds. Ijjrsert, 2015.
  • Moosavian SP, Paknahad Z, Habibagahi Z, Maracy M. The effects of garlic (Allium sativum) supplementation on inflammatory biomarkers, fatigue, and clinical symptoms in patients with active rheumatoid arthritis: A randomized, double-blind, placebo-controlled trial. Phytother Res. 2020 Nov;34(11):2953-2962. doi: 10.1002/ptr.6723. Epub 2020 Jun 1. PMID: 32478922.
  • Nakamoto M, Kunimura K, Suzuki JI, Kodera Y. Antimicrobial properties of hydrophobic compounds in garlic: Allicin, vinyldithiin, ajoene and diallyl polysulfides. Exp Ther Med. 2020 Feb;19(2):1550-1553. doi: 10.3892/etm.2019.8388. Epub 2019 Dec 27. PMID: 32010337; PMCID: PMC6966194.

ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。