やってしまった!すでにパートナーのいる人を好きになってしまうこと

3月 31, 2018
彼があなたと恋に落ち、パートナーを裏切っていたのなら、あなたに対して今後裏切ることはないとどうして言い切れるのでしょう?

すでにパートナーのいる人を好きになるというのはとてもデリケートな状況です。

恋に落ちることそのものを避けるのは難しいかもしれませんが、パートナーのいる人を好きになるという状況が暗示する結果には注意しなくてはいけません。

恋は盲目と言われるように、時には自分でも気がつかないような間違いを犯してしまうこともあるでしょう。

すでにパートナーのいる人を好きになってしまうのも、そんな間違いの一つです。

本記事では、パートナーのいる人を好きになるという、痛みを伴う状況において陥りがちな間違いを見ていきましょう。

あなたにはそんな経験がありますか?

相手がパートナーと別れるのを待つ

パートナーのいる人を好きになった時、「実はもうすぐ別れようと思ってたんだ」「別れを切り出すチャンスを待ってる」などと言われることがあります。

このような甘い言葉のせいで、実際にはまだパートナーと別れていない状況の相手と恋に落ち、恋愛関係をスタートさせてしまう結果に陥ってしまうのです。

もし、あなたの好きな人が現在のパートナーとはっきり別れていないのなら、何も期待してはいけません

宙ぶらりんなその状態のまま甘んじるのか、きっぱりと関係を断ち切るのかはあなた次第です。

数ヶ月が経過しても状況が変わらないようであれば、おそらく待っていても無駄かもしれません。

こちらも参照『報われない愛を求めていませんか?』

中には、相手がパートナーとの関係を終わらせるのを何年も待ち続けている人もいますが、これまでに費やした時間を考えると、どれほど彼が「パートナーと別れる」と誓ったとしても、別れないのは明らかです。

このような状況では、甘い言葉に惑わされず、相手が自分だけのものになる日を待つのは避けましょう。

思い通りに操ろうとする

カップル

すでにパートナーのいる人を好きになってしまった時、無意識のうちかもしれませんが、相手を傷つけようとしてしまいます。

どうしてでしょうか?

おそらくそれは、相手への想いが強く、相手がパートナーと別れることを望む気持ちが強いために、相手を苦しめようとしてしまうからです。

「そんなことをするなんて、きっと彼女はあなたのことをもう愛していないんだわ」「あなたは彼女に利用されてるのよ」「もしかして、彼女って他に好きな人がいるんじゃない?」などを言ってしまっていませんか?

これは相手を思うように操ろうとする例です。

決定するのは相手ではなく自分でありたいと願っているため、相手の頭の中に、パートナーへの疑いの種を植え付けようとしているのです。

こちらも参照『愛と執着心の違い』

これを続けても、相手を傷つけ、ダメージを与えるだけです。

これを続けているあなたは正直だとは言えませんし、自由にあなたを愛するというチャンスを相手から奪っています。

恋をした相手が誠実であると信じる

女性2人と男性1人

もっとも注目したい間違いの一つがこれです。

あなたが好きになった人が誰かとの関係を断ち切ろうとしています。相手はあなたに対しては誠実であると信じられますか?

もしかすると、相手はあなたに対しては誠実かもしれませんが、今のパートナーを裏切っていることを忘れてはいけません。

恋愛関係において相手に対する尊敬や尊重が欠けていることをすでに示しています。

現在のパートナーに対して不誠実である人が、将来的にあなたに対して不誠実にならないと言い切れますか?

すでにパートナーのいる人を好きになるということは、とてもデリケートな状況です

パートナーと別れてくれることを期待していて、そうならなかった時の辛さは想像できないほどでしょう。

最終的に多くの人を傷つけることになりますし、一緒になれたとしても、自分のパートナーになった瞬間「想像していた人と違う」と感じることもあります。

パートナーのいる人を好きになる可能性、あなたにはありますか?

  • McDaniel BT, Drouin M, Cravens JD. Do you have anything to hide? Infidelity-related behaviors on social media sites and marital satisfaction. Comput Human Behav. 2017;
  • Russell VM, Baker LR, McNulty JK. Attachment insecurity and infidelity in marriage: Do studies of dating relationships really inform us about marriage? J Fam Psychol. 2013;
  • Demaris A. Distal and proximal influences on the risk of extramarital sex: A prospective study of longer duration marriages. J Sex Res. 2009;