強い人に共通する5つのこと

· 12月 28, 2017
強い人とは、冷たい人でも感受性がない人でもありません。自分にネガティブな影響がないように、必要なことに必要なだけの注意を払うことを学んだというだけなのです。

「強い人」といると、緊張感や気づまりな思いをすることがありませんか?

人の性格には、大まかに分類すると、内向的な人、外交的な人、人に依存する人、自立した人、慎重な人、そして直感的に行動する人などのタイプがあります。

強い人というのは、譲ることのできない人だとか、時には自己中心的だとか、一見自分の関心事だけを見ていて他人の視点や提案、アドバイスを受け入れない人など、ネガティブに捉えている人もいますが、心理学では「打たれ強い人」と認識します。

そして本記事では、強い人とは、何よりも逆境に負けない力のある人だと考えます。

今回は、強い人とはどんな人かをよりよく理解するために、彼らに共通する5つの側面をご紹介します。

「自分のことだ」と気づくかもしれませんよ。

1. 言い訳を嫌う

強い人は、人生をどんなものにしたいかがはっきりしています。

自分の失敗や成功から学び、謙虚にしかし毅然とした態度で意識的に行動します。

  • 「半分本当」または「半分嘘」などの話は気分を害し、言い訳や先延ばしばかりする人などは明らかに嫌います。
  • 強い人にとってこれらの行動は時間の無駄であり邪魔なものであり、目的や目標を遠ざけるものなのです。
  • 彼らの考え方では、するべきことは言い訳をせずに進む目標でありゴールです。

したがって、日々言い訳や偽りの理由であふれている人は、居心地の悪い存在なのです。

2. 誰と付き合うかを吟味する

お互いを見る操り人形

強い人を定義する何かがあるとすれば、独自のモチベーションを見つけるコントロールができるということでしょう。

  • 何が必要で何が必要でないかを知っています。これは過去に、誰かに裏切られたり、失望させられたりしたことから学んだのです。
  • かといって、自分に閉じこもったり、冷淡にまたは不信感があるように見せるのではなく、他人に対して受け入れる姿勢を見せます。けれども精神的には自分にふさわしいかどうかのフィルターをかけることを怠りません。

一緒にいて居心地の悪い人や、内面の安らぎを乱す人を自分の人生には入れないのです。

こちらもご参考に:幸せは自分の心の内側からやってくる

3. 感受性に乏しい人や自己中心的な人、欲張りな人を嫌う

人を寄せ付けない手

多く人が気づいていませんが、打たれ強い人は、感受性が強くとても謙虚です。

  • なぜなら重要なこと、時間を無駄にせず幸せをもたらしてくれるものを大切にするからです。よい友人たち、温かく照らし、振り回したりしない人たち、共に笑い意義あるつながりを持つパートナー
  • そのため、自己中心的にふるまう人や、お金では買えないけれども敬意と幸せの中に共存すれば皆が得ることのできる、人生の最もシンプルなことを大切にしない人を許さないのです。

こちらもお見逃しなく:「謙虚さ」―幸せな毎日のために大切なこと

4. 逆境や恐れから学んできた

大地に絆創膏を貼る女性

もう一つ強い人に共通していることは、精神的に柔軟性があるということです。ご存知のように、柔軟性というのは自己成長の分野で非常にタイムリーな言葉です。

  • 柔軟性があれば、精神的な苦痛や逆境を乗り越えることができます。さらにそれだけでなく、その経験や出来事から学ぶことができるのです。
  • 強い人は、恐れから、目標を達成するために超えなえればならなかった一線から、学ぶことができたのです。
  • また、それらの人生の学びは、怖がらずに前進するための精神的なツールをもたらします。人生に起こることを受け入れる姿勢を持ちながらも、「これだけは譲れない」ということをしっかり認識しています。

5. 皆に好かれなくても構わない

両手の雲を見つめる女性

最初に書いた通り強い人は、誰にでも理解され好かれるわけではありません。なぜならその毅然とした態度の裏に、人生に学び、何が必要かを知り、時間を無駄にしたくないという感受性の強い心があるということを知られていないからです。

  • 少しずつ、人生の歩みを進めるにつれて、皆に喜ばれるようにしたいとか、知っている人全てに受け入れられるように努力するということが、どんなにフラストレーションや苦痛をもたらすものかということを学んだのです。
  • 皆に好かれることは、役立つことでも、意味があることでも、健全なことでもありません。
  • つまり打たれ強い人は、自分があるがままで誰かに受け入れられないということを全く気にしません。
  • そばにいる人たちが本当に価値ある人たちだと分かっているのです。自分に何かをもたらしてくれ、本当の自分を見てくれる人たちだけに囲まれるべき人生の道を、共に歩みたい人たちだと。

いかがでしたか。自分にあてはまることがあったのではないでしょうか。

きっと私たちは皆、それぞれの形で、強くなることを学び、あるいは学んでいるところ、逆境に強い性格を作り上げているところなのでしょう。