月は人間にどのように影響する?

5月 27, 2018
月が持つ人間への影響力には様々なものがあります。読み進めてもっと知りましょう。

月は地球の衛星です。地球から眺めると大変美しい月、この月をとりまく物語は無数にあります。月はどのように私たちに影響し、ひらめきを与え、人間の想像力を飛び立たせるのでしょうか。

月は潮の満ち干に影響すると言われていますが、私たちの行動にも影響しています。気分や決断は月の形相が変わるのと同じように変わったりするのです。

月は私たちの睡眠にも影響し、満月の時には特にそうであるとも信じられています満月の期間中は、人は寝付くのに時間がかかったり、あるいは睡眠の質が落ちたりする傾向にあります。

最もよく信じられている考え

何千年もの間、月が人間に対して影響力を持っていることが信じられてきました。月のエネルギーがあまりに強力なために私たちの生活を変える能力があると信じられています。

古代から、月には波や作物、動物や人間の感情にも影響力があると信じらてきました。

今日に至るまで、こうした考えの多くを裏付ける決定的な証拠は未だにありません。しかしだからといって、人がそうした考えを無視したり、月の満ち欠けに沿って活動したりすることを止めることはありませんでした。

月相とその影響

新月直後の月

新月

この相は約3日間続きます。体のデトックスに望ましい相だと言われています。

この相は、新しい物事を始める時期だと考えられています。そのため、新しいルーティンを始めたり、自分の嫌な癖や良くない習慣を変えるのに理想的です。また、平穏と内省に理想的な時期でもあります。

上弦

上弦の月

この相の間、この衛星はその半分の姿しか見せません。この相は、繁栄、健康、活力の相だと言われています。新しい企画やビジネスを始めたり、あるいは単にエクササイズを始めようと思うなら、この時期が最高の時期です。

上弦の月は人間にポジティブなエネルギーをもたらし、同じように私達の行動にも影響すると信じられています。また、この期間中は、髪が早く、強く、輝かしく伸びるため、髪を切るのに良いということもよく聞きます。

満月

この相が月が完全に丸く、日光で輝いている相です。これが人間の行動に変化を引き起こします。そうした変化は、些細な気分の変化から突然の気分の起伏といった変化にまで至ります。

満月は高揚感や過剰性と関連があり、また豊富さや達成にも関連があります。この相の時は、月のエネルギーが通常より強大なために「狂気」への変貌と関係あるとも言われています。

下弦

下弦の相は、この天体の「死」を象徴するものです。月のサイクルがまた開始する前の最後の相であり、決断と成熟の時と言われています。また、この月相の期間中は、問題やネガティブな精神状態が緩和されると信じられています。

 

月の影響力に関してよく信じられているもの4選

1. 妊娠できる

満月の間は、妊娠する確率が高くなると言われています。満月の光の下で寝ると特にそうなのだとか。また、一般的に月は女性の受胎を好むとも信じられています。

2. 満月の期間は情熱が高まる

月をながめるカップル

この現象は、パートナー間において情熱と官能性が高まることで知られています。月は人間にとって常にロマンチックな存在です。

3. 上弦の期間に結婚する

この伝説曰く、上弦期に結婚すると関係が良好になるのだそうです。言い換えると、結婚を繁栄させ、永続的なのものにするということです。これは、この「成長」の相に起こることは全て私たちの生活の他の部分で良い影響があると信じられていることによります。

4. ブラッドムーン

赤い月

月が赤みがかった色合いの時は、「血」で染まっていると考えられています。この伝説曰く、こうした期間は、月が放つエネルギーは内に秘めた恨みや憎しみを引き出すため、人間にとって危険なものなのだそうです。

あなたへおすすめ