単純ヘルペスウイルスとその特徴について

22 9月, 2020
すべてのタイプの単純ヘルペスウイルスに共通する要因は、それらすべてが感染症につながる可能性がある点です。さらに、皮膚病変が解消された後も、ヘルペスウイルスは休眠状態のままなので、将来的にいつでも再活性化し、健康問題につながる可能性があります。

単純ヘルペスウイルスは一般的な感染症であるため、ほとんどの人がさまざまな種類の単純ヘルペスウイルスについて耳にしたことがあるでしょう。しかし、単純ヘルペスに関してほとんど知られていない事実は、このウイルスにはいくつかの株が存在するということです。そして、それぞれの株に異なる特性とそれぞれ異なる強度があります。

最も一般的な単純ヘルペスは1型と2型で、推定では世界人口の約半数が、人生のある時点で単純ヘルペス1型を経験したことがあると示されています。また、人口の3分の1が単純ヘルペス2型を経験している可能性もあります。

どのタイプのヘルペスにも治療法はありませんが、症状を軽減して他の人に伝染する可能性を減らす治療法はあります。どちらの治療方法でも、ヘルペスを発症した人は、ほとんどの場合、完全に正常な生活を送ることができます。

ヘルペスの種類

単純ヘルペスウイルスとその特徴について 口の横にできたヘルペス

ヘルペスとは、ヘルペスウイルス科に属するウイルスによって引き起こされる感染症です。その形の主な特徴は、流体を含む小さな小胞の出現です。この病変は非常に強い痛みを伴うことがあるだけでなく、時折小胞がつぶれて潰瘍やかさぶたを作り、傷跡を残すことがよくあります。

少なくとも50種類のヘルペスウイルスがあり、その共通点は、すべてのウイルスが感染症を引き起こす可能性があるということです。休止状態を維持した後も、再活性化して再発性感染症を引き起こす可能性があります。

英語のHerpes(ヘルペス)という言葉は、ギリシャ語で「蛇行する」を意味するroot herpeinに由来します。バーネットとバディングは、1950年にこのウイルスの潜伏特性を発見しました。ヘルペスの種類によっては、人の生活の質に大きな影響を与える問題を引き起こす可能性があります。

単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)

このタイプのヘルペスは主に唇、口の中、およびその周りに症状が現れます。このタイプのヘルペスは、子供の方がより多く症状を発症します。これは最も頻繁に起こるヘルペスであり、通常は、ストレス、発熱、直射日光、さらには月経などのさまざまな状況によって悪化します。通常、2回目の再発は1回目の発生よりも穏やかです。

単純ヘルペスウイルス2型(HSV-2)

このタイプのヘルペスは性器領域に影響を与え、性的接触を介して伝染するのが最も一般的です。このヘルペスウイルスが生成する病変は口腔ヘルペスの病変に似ています。多くの場合、最初の病相は無症候性であり気付くことはありませんが、その後の病相は非常に苦痛なのが一般的です。

出産中、母親のHSV-2が活性化している場合、赤ん坊に伝染して新生児ヘルペスの発症につながります。新生児ヘルペスは、神経系に問題を引き起こすだけでなく、場合によっては致命的となります。

帯状疱疹、または他の種類の単純ヘルペスウイルス

帯状疱疹は、より重篤な合併症を引き起こす可能性のあるヘルペスの一種であり、最初の感染である水疱瘡に由来します。このウイルスは、敏感な神経線維に移動し、後根神経節で休眠状態となります。

ウイルスの再増殖は帯状疱疹を引き起こし、それは以前に生息した神経の経路に沿って現れます。強い痛みを伴うのが一般的であり、いくつかのケースでは、何年も症状が続く可能性があります。研究者たちは、人口の20%が人生のある時点でこのタイプのヘルペスを発症する可能性があると考えています。

EBウイルス(エプスタインバーウイルス)

単純ヘルペスウイルスとその特徴について

このタイプのヘルペスと伝染性単核球症は、ほぼ同じと考えてよいでしょう。一般的にこのウイルスは子供の体内では休眠状態ですが、思春期になると症状が現れます。つまり、無症候性のまま、症状を発症することなく感染が広がる可能性があります。

いくつかのケースにおいてのみ、髄膜脳炎やギランバレー症候群などの合併症を引き起こします。このタイプのヘルペスは、初期は非常に良性です。

気をつけたい!:新生児感染症を防ぐ方法

サイトメガロウイルス(CMV)

このウイルスは、平均して50%から80%の人に感染しますが、病気として発症することはまれです。通常は、腎臓、心臓、および白血球で休眠状態を続けます。

ただし、免疫力の弱い人の体内で再活性化するのが一般的で、たとえば、エイズ患者によく見られます。特定の症状はなく、治療専用の薬剤はありません。

続きはこちらから;性感染症:性器ヘルペスの症状と予防方法

ヒトヘルペスウイルス6、7、8(HHV)

1986年、医師はエイズ患者にHHV-6があることに初めて気づきました。HHVはヘルペスウイルス科に属し、はしかを引き起こす原因の一つです。また、さまざまな神経学的問題にも関与していると考えられています。ヒトペルペスウイルスには2種類あります。

  • HHV-6タイプA:このタイプは幼児に発生しますが、大きな症状を引き起こしません。 思春期には、単核球症と同様の方法で再活性化および発達します。
  • HHV-6タイプB:研究者は、すべての成人が体内にこのHHV-6Bを持っていると考えています。現段階で知られている限りでは、無症候性です。

最後に、HHV-7ははしかの原因になり、HHV-8はカポジ肉腫に関連しています。これらすべてのタイプのヘルペスは、主にエイズ患者やシステムに免疫抑制が起きている人に発生します。

  • Bonnane, M. M., Clemente, K. R., Balbier, I. G., Azahares, A. D., & Serrano, N. M. (2012). Referentes teóricos sobre algunos tipos de herpes. Revista Información Científica, 73(1).
  • Eagle, K., Kulkarni, A. G., & Brid, N. S. (1995). Herpes Zoster. New England Journal of Medicine. https://doi.org/10.1056/NEJM199506223322505
  • Strumia, R. (2016). Herpes simplex. In Dermatological Cryosurgery and Cryotherapy. https://doi.org/10.1007/978-1-4471-6765-5_81