多汗症に効く自然療法

· 6月 1, 2016

脇の下や手、足に過剰に汗をかくことを”多汗症”といいます。特に夏場、過剰に汗をかいていませんか?

もしそうなら、今日の記事を是非参考にしてください。過剰な汗ともさよならできるはずです。

汗とは何?

まず最初のポイントは、どうして私たちは汗をかくのかということです。

汗をかくのは、体温を調整するためです。皮膚の温度が通常より温かくなると、体は温度を下げようとします。

だからこそ、暑い部屋に入った時、熱がある時、太陽の下にいる時、30℃を越えている時、エクササイズをしている時やスポーツをしている時など体が熱くなると私たちは汗をかくのです。

汗は腺から出、水分とミネラル塩、アミノ酸、尿素からできています。

汗の多くは汗腺から出て、毛穴を通して外に排出されます。顔、脇の下、手のひら、踵は多くの人が発汗する場所です。

汗はアルコール、油、タバコなどの不純物から血流を浄化する助けをします。

次に、汗をかいた時に起こることについて話しましょう。

私たちは体温を調整する発汗作用を必要とする神経系に変化を起こった時に多量に汗をかきます。

季節的に(夏場や湿気の多い時期など)に多量の汗に悩む人は多いようです。さらに、感情的なものも関係してくるでしょう。つまり、神経質になっている時、不安な時、ストレスや絶望感を感じている時により汗をかきやすくなるのです。

もし脇の下の湿り気だけが問題なのであれば、ほとんど問題はありませんが、嫌な臭い、炎症、皮膚細菌を伴うようになれば問題です。

大量に汗をかく人に効く自然療法とは

3-sweaty-palms

日本橋形成外科によると「多汗症とは、汗の量が異常に多いために日常生活に支障を来たしている状態のことで、日本人の1~2%(120~240万人!)が多汗症といわれていますが、実際に医療機関を受診するひとは3人に1人」だそうです。

今回は多汗症に効く自然療法をご紹介しますが、症状が改善されない場合や深刻な場合は、必ず専門医の診察を受けてください。

多汗症に効く治療法1

材料

  • 水 1ℓ
  • 緑茶ティーバッグ 4個(もしくはそれに相当する量の茶葉)

作り方

  • 緑茶のティーバッグを水に入れ、15分程沸騰させてから冷まします。
  • 手、足、脇の下などをこの液で綺麗にしましょう。天然の収斂作用があります。

こちらの記事もご覧ください:緑茶のさまざまな健康効果

多汗症に効く治療法2

2-sweating

材料

  • 水 1ℓ
  • 乾燥セージ 大さじ2

作り方

  • 水にセージを入れて沸騰させ、沸騰したら弱火にして3分程茹でます。
  • 火から下ろして冷まし、漉しましょう。
  • お風呂に入る際、バスタブにお湯をはったらこの液体を加えます。
  • また、液体をたらいに入れ、手や足を浸しても良いですし、スポンジなどに浸して脇の下に塗布するのも良いでしょう。
  • 塗布した後は、冷たい水で洗い流しましょう。
  • 直接塗布する以外にセージを使う方法として、セージティーを作って飲むという方法もあります。(沸騰したお湯カップ1杯に対し、セージ小さじ1杯)

多汗症に効く治療法3

材料

  • アップルサイダービネガー 10ml
  • 水 20ml

作り方

  • アップルサイダービネガーと水を上記の分量で混ぜたものを、毎日朝食前に飲みます。
  • その後、朝食まで30分は空けましょう。朝食には全粒粉のトーストとフルーツがオススメです。

多汗症に効く治療法4

4-sweating

材料

  • 水 1カップ(250ml)
  • リラックス効果のあるハーブティー(オレンジブロッサム、ミント、リンデン、パッションフラワー、カモミール、バレリアンなど) 大さじ1

作り方

  • 通常通りにハーブティーを作り、暖かいうちに飲みましょう。
  • ハーブティーの持つリラックス効果が神経を落ち着かせ、余計な発汗を抑えます。

こちらの記事もご覧ください:5種のハーブティーで緊張を和らげよう

多汗症に効く治療法5

材料

  • クルミの葉 大さじ2
  • 水 1/2ℓ

作り方

  • クルミの葉には防腐作用、収斂作用があり、汗の量を自然に調整します。
  • クルミの葉を5分間茹でた後、火から下ろし、蒸らしてから液体を漉します
  • コットンか柔らかい布を浸して脇の下や足に塗布します。

多汗症に効く治療法6

材料

作り方

  • ホーステールを入れた水を沸騰させて5分程茹でます。
  • 火を止めて蒸らし、液体を漉します。アップルサイダービネガーを加え、コットンを浸します。
  • このコットンを使ってデオドラントのように脇の下や手、足などに塗布しましょう。

多汗症に効く治療法7

5-sweating

材料

  • ホーステールの葉 大さじ2
  • オレンジの皮 2個分
  • 沸騰したお湯 1カップ

作り方

  • ホーステールとオレンジの皮を沸騰したお湯に入れ、その湯気に手をかざします。
  • 脇の下を湯気に当てても良いでしょう。

多汗症に効く治療法8

材料

  • オレンジの皮 2個分
  • レモンの皮 2個分
  • 水 1ℓ
  • 粗塩 450g
  • 重曹 大さじ3

作り方

  • 小さめの鍋に水とオレンジの皮、レモンの皮を入れ、火にかけ沸騰させます。
  • 沸騰したら弱火にして3分程茹でてから火を止めましょう。
  • 火から下ろしたら5分程置いて液体を漉します。
  • バスタブにお湯をはり、この液体、粗塩、重曹を加えます。
  • このお風呂に15分程ゆっくりと浸かりましょう。
  • このお風呂は汗の過剰分泌を抑えると共に毒素排出効果もあります。

多汗症に効く治療法9

6-sweat-stains

材料

  • 水1カップ
  • ローズマリー 大さじ2
  • アップルサイダービネガー 1/2カップ

作り方

  • 多汗症の方に良く効く方法です。
  • 水にローズマリーを入れて15分程沸騰させローズマリーウォーターを作ります。
  • 冷めたら漉して、アップルサイダービネガーを加えましょう。
  • コットンやガーゼなどの柔らかい布を浸して脇の下や足などよく汗をかく部分に塗布しましょう。

多汗症に効く治療法10

材料

  • ユーカリの葉 2掴み分
  • 水 1ℓ

作り方

  • 強めの中火で2分間ユーカリの葉を茹でます。
  • 火から下ろして5分程冷ましてから漉します。
  • 手を洗う時には水道水の代わりにこのユーカリ水を使いましょう。

引用サイト:日本橋形成外科