大切な恋人とつながる6つの方法

· 5月 20, 2019
恋人と言い争いや喧嘩をした後は、相手への優しい気持ちや行動が欠かせません。喧嘩をした後に相手に親切にするのは、相手に新たな機会を与える行為であり、決して喧嘩の負けを認めているのではありません。

恋人との関係をはじめとする人間関係において、良い日と悪い日があるのは間違いありません。

そして喧嘩をしてしまった後の対処方法が、実はとても大切です。

大切な恋人との関係を再構築する方法を知りたいと思ったことはありませんか?

喧嘩の原因がどちらにあるにせよ、相手に対しての愛情を示すことが、喧嘩などが原因で険悪な状態の二人が関係を修復しながら再構築するのを可能にします。

ここからは、二人が再びつながるのに役立つ第一歩を踏み出すためのアドバイスをご紹介します。

恋人との関係を再構築する方法

喧嘩をする二人

大切な人との関係との関係を修復しながら再構築するのは、二人の関係を改善する効果が期待できます。

1. 相手と距離を置かない

恋人と言い争いになったり喧嘩をすると、非常に腹が立つでしょう。

このような状況において、相手がいる部屋を出たり家から出る人も少なくありません。

冷静になるために家を出るという方法もありますが、肉体的にお互いが離れてしまうことで、状況が複雑になり悪化する傾向があります。

怒っているときは、腹の立つ相手の近くに居たくないと感じるかもしれません。

しかし、できる限り相手の近くにいるように心がけ、可能ならばスキンシップをおこなってください

大切な人の目を見ながら相手の髪の毛や腕、そして手に触れたり、相手を抱きしめるという行為は、お互いが前向きな気持ちになり、思わず声が大きくなったり強い口調になっている場合には、状況や緊張感を和らげる効果があります。

もちろん、喧嘩がヒートアップしてお互い頭を冷やさなくてはいけない状況もあります。

この場合は、もちろん一人の時間も大切ですが、なるべく離れている時間を短くするように心がけて、可能な限り早く相手の近くに行きましょう。

2. ボディーランゲージの制御

大きな喧嘩や言い争いの後、お互い冷静になって話し合うことに決めてそれを口にしたとしても、相手への怒りやイライラが無意識に態度に出ていることがあります。

せっかく冷静になると決めても、これでは仲直りのチャンスが無駄になります。

コントロールすべきボディーランゲージのいくつかをご紹介しましょう:

  • 握りこぶし
  • 腕組み
  • しかめっ面や渋い顔
  • 頭を下げている

これらの態度を意識的に避け、リラックスした態度で相手の目を見つめてください。

可能ならば、相手に微笑み、相手からこちらに近づいてきても自分は拒絶しないというおおらかな態度を示しましょう。

ご存知ですか?:パートナーとの関係が悪化する5つの理由

3. ユーモアのセンス

仲直りの方法

大切な人と喧嘩をした後、緊張感漂う空気を改善しながら、二人の関係を修復する時には、ちょっとしたユーモアが役立ちます。

ただしこれは、相手への皮肉などの嫌味に聞こえるようなユーモアではなく、楽しく「適度」な、相手に誤解を与えないユーモアを心がけてください。

お互いが好きなものや共通の趣味がある場合は、二人の好きなものに関する冗談などを言いましょう。

また一緒に映画を見るのも良い方法です。会話をする必要はありませんが、二人が好きな映画を見ることで気持ちがリラックスします。

4. 許す

恋人との関係を修復しながら再構築するためには、相手を「許す」ことが大切です。

口先だけの許しではなく、心から相手を許すように努力してください。

相手を許すことは、大切な恋人との新たな関係への扉や道を開く、とても優雅な行為です。

また、自分の間違いや欠点を認識して、お互いの喧嘩を終えることで受け入れることを学びます。

許すことは、敗北を感じたり、相手が間違っているのに「正しい」ということではありません。

許すという行為は、前進するための大切な一歩であり、恋人同士としてこれからも一緒に過ごしていく新たなチャンスをお互いに与える行為だと考えましょう。

5. 愛情深さ

恋人同士の喧嘩によって生じる緊張感や不快感は、お互いの溝を深める結果となります。

そのままにしていると、さらに距離が遠くなる可能性があるため、大切な人との距離を縮めるためには、自分が主導権を握るように心がけてください。

プライドがあるからと頑固になる必要はありません。

相手の感情に訴えかける手段としてキスやハグなどのスキンシップを活用してください。

相手とのスキンシップを心がければ、その瞬間に相手への愛情を再確認することができますし、お互いの腕の中に入るというハグという行為は、喧嘩によって生じた傷を和らげる効果もあります。

喧嘩の後は、相手への愛情をなかなか口にすることができないかもしれません。

しかしハグやキスと言った身体的な接触を心がけることで

「愛している」

「これ以上喧嘩をしたくない」

「幸せになりたい」

という心の声を相手に伝えるのに役立つでしょう。

ご存知ですか?:不幸せなカップルが一緒にいる5つの理由

6. セックスをする

「仲直りのセックス」という言葉を使ったことや聞いたことはありますか?

もちろん、セックスの質を上げるためにわざと喧嘩をするのはお勧めできませんが、セックスというのは大切な人と繋がる大切な行為です。

恋人同士が仲直りするのに最善のタイミングはセックスの後だという事実は否定できません。 これは、セックスによってエンドルフィンが分泌されて、ストレスが解消されるという効果によるものです。

そのため、セックスの後に相手と話をするのをお勧めします。

深刻に言い争っていた問題が、実はさほど深刻ではないことに気づくかもしれません。

恋人同士、または夫婦が喧嘩をするのは普通のことです。

一人一人の人間は違った人生を送り、違った考えを持っているため、価値観や考え方の相違から喧嘩になることもあるでしょう。

大切なのは、喧嘩をした後に取る態度や行動です。

相手を愛しているならば、お互いが相手を思いやり、今回ご紹介したアドバイスを活用して関係の悪化を予防してくださいね!