すべてを学ぼう:重症筋無力症について

1月 11, 2020
筋肉の力が弱くなる重症筋無力症を発症すると、患者は表情を失います。本記事で、この病気について学びましょう。

重症筋無力症は、随意筋の衰弱を特徴とする自己免疫疾患です。

この病気を発症すると、免疫システムが筋肉の受容体を攻撃して神経と筋の接続が中断されて適切に機能できなくなるため、全身の筋力が弱くなったり、疲れやすくなります。

重症筋無力症という用語は「重度の筋力低下」を意味し、5,000人に約1人が罹患しています。

どの年齢でも発症する可能性がありますが、女性では30歳~50歳台にかけて、男性では50歳〜60歳台にかけて発症のピークが起こる可能性があります。

現時点では明確な治療法が確立されていませんが、症状の緩和に役立つ特定の治療があります。

今回の記事では、重症筋無力症について知っておくべきすべてのことを説明します。

重症筋無力症のすべて

この病気を理解するには、まず筋肉の働きを知る必要があります。

私たち人間が筋肉を動かそうとするときには、脳からの命令を神経を通じて筋肉に伝えられます。

新経筋接合部と呼ばれる神経と筋肉のつなぎ目では、神経の末端から「アセチルコリン」という物質が筋肉に向かって放出されます。

そして、筋肉受容体がこの物質を受け取り、希望の強度と精度で動きが起こります。

すべてを学ぼう:重症筋無力症について 神経

重症筋無力症を発症すると、免疫系にダメージを与えて、これらの筋肉受容体を攻撃します。

このため、化学物質が筋肉を活性化するのを妨げ、衰弱と疲労を引き起こし、時間の経過と共に悪化します。

重症筋無力症は、顔の表情、咀嚼、または嚥下をコントロールする筋肉や、呼吸筋に影響を与えます。

続きを読む:自己免疫疾患:推奨される食品と禁じられる食品

症状

前述したように、筋力低下が主な症状です。

筋力の低下や衰弱は、筋肉が繰り返し使われると悪化し、休息や睡眠をとると改善されますが、時間の経過とともに症状が悪化し、重症筋無力症の症状を発症してから数年以内に、非常に深刻化する可能性があります。

多数の筋肉群に影響を与える可能性がありますが、最も頻繁に影響を受ける筋肉は次のとおりです。

  • 目の筋肉:重症筋無力症に苦しむほとんどの人は、物が二重に見える複視などの視力の問題や、眼瞼下垂といったまぶたの問題にも苦しむ傾向があります。
  • 構音障害:重症筋無力症の患者の多くは、話すことが困難になります。
  • 嚥下困難:咀嚼や嚥下などの単純な動作にも影響を与えるため、食べたり飲んだりするときに窒息のリスクがあります。
  • 顔の表情:重症筋無力症の患者は、普通に微笑むことができないことがしばしばあります。
  • 手足や首の脱力感:この症状が現れると、患者が歩く能力や頭を自然な位置に保つ能力が変化するため、頭が横に倒れる傾向があります。
すべてを学ぼう:重症筋無力症について 首の痛み

発見:難病に指定されているアジソン病について

重症筋無力症の診断

重症筋無力症の診断には、すべての症状と患者の病歴を医師が知る必要があります。

その後、徹底的な身体検査に加えて、様々な検査を行なって診断を確定します。

たとえば、筋力と緊張、反射、協調などを確認するために神経学的な検査も行われます。

血液検査によって、診断に役立つ情報が提供されます。

すでに説明したように、重症筋無力症は自己免疫疾患なので、特定の抗体が患者の血液中で発見されます。

また次のようなテストも診断に役立ちます。

  • アイステスト:これは、患者のまぶたが垂れ下がっているときに役立つテストです。アイスパックや氷水を2分間まぶたに置いた後、その部分の開眼するなどの動きがあるかどうかを分析します。
  • 筋電図検査:筋肉の表面に電極を置いて、繰り返し電気刺激を神経に与えます。ここで得られる波動を観察して、筋肉が刺激されているのかを確認します。

結論

重症筋無力症は、筋力低下を特徴とする複雑な病気です。

目、四肢、呼吸筋など、身体のさまざまな部分に影響を及ぼす可能性があります。

重症筋無力症は、患者の生命を危険にさらす可能性のある深刻な病気ですが、現時点では完治する治療法はありません。

症状が現れた時にはすぐに医師の診察を受けることで、その症状を制御する最適な治療法や薬を処方することができます。

  • Orphanet: Miastenia grave. (n.d.). Retrieved September 10, 2019, from https://www.orpha.net/consor/cgi-bin/OC_Exp.php?lng=ES&Expert=589
  • Miastenia gravis: Síntomas, diagnóstico y tratamiento. (n.d.). Retrieved September 10, 2019, from https://www.cun.es/enfermedades-tratamientos/enfermedades/miastenia-gravis
  • Miastenia gravis: National Institute of Neurological Disorders and Stroke (NINDS). (n.d.). Retrieved September 10, 2019, from https://espanol.ninds.nih.gov/trastornos/las_miastenia_gravis.htm
  • Causas, síntomas, y el riesgo de miastenia gravis – American Academy of Ophthalmology. (n.d.). Retrieved September 10, 2019, from https://www.aao.org/salud-ocular/enfermedades/miastenia-gravis-causas-sintomas-y-el-riesgo