踵骨棘:症状と治療

朝、最初に歩き始める時が、一番痛みが強いです。 日常的なエクササイズと適切なス​​トレッチは動きやすさを取り戻し、痛みを和らげるのに役立ちます。

踵骨棘(しょうこつきょくを経験したことがありますか? 今日、非常に一般的な疾患で、通常、かかとに非常に小さな骨が形成されることに起因します。 痛みを引き起こし、日常生活に支障をきたします。踵骨棘から完全に回復するために、忍耐強く以下のガイドラインに従ってください。

なぜ「踵骨棘」ができるのか?

整形外科医は、4人に1人はある時点で踵骨棘に苦しむと言います。これは、踵骨棘を経験する確率は高いということです。 踵骨棘になった場合、かかとに形成される小さなとげ状の骨が痛みを引き起こします。

なぜ踵に小さな骨が形成されるのか?  最も一般的な原因は、加齢です。 しかし、足を多く使う若者も踵骨棘に苦しむ可能性があります。 太り過ぎも、考えられる要因です。

考慮すべきもう一つのポイントは、非常に弾性のあるアキレス腱を持っている人も踵骨棘を形成しやすく、発見されない場合も多いです。あなたの体の解剖学的構造や足の特徴によって、この厄介な問題を発症するリスクが高いか低いか決まります。

 

踵骨棘の症状は?

かかと2

  • 踵骨棘は、かなり鋭い痛みを引き起こしますが、痛みの強さは何をしているかによって変わります。
  • 痛みは、特に最初に踵に圧力をかける場合にひどくなる傾向にあります。 しばらく動かないでいると、その最初の1歩は非常に痛いです。
  • 痛みはかかとの特定のポイントに位置し、容易に識別できます 。
  • 考慮すべきもう一つのことは、靴の踵骨棘への圧力に応じて、その部分が赤くなり炎症を起こすことで、極度の痛みが出る可能性があります。

踵骨棘の治療に有効なエクササイズ

1.床での運動

医師と整形外科医の指導に従うことに加えて、踵骨棘の治療に最適な次のエクササイズを行ってください。 でもやり過ぎないよう注意してください。

エクササイズは非常に簡単です。 体を安定させるためにソファや椅子に座り、タオルを自分の前の床に置き、足の指でそれをつかみます。 この単純なエクササイズは、足の動きを取り戻し、踵骨棘の痛みを和らげます。 一日に三回程度、このエクササイズを行ってください。

2.簡単なストレッチ

もう一つの簡単なエクササイズです。テーブルの端にもたれかかり、テーブルを押すふりをします。 片脚を曲げ、他方の踵をストレッチします。1日2回、少なくとも5分、このエクササイズを行います。 簡単で疲れません。

3.水のボトルを転がす

シンプルでリラックスできるエクササイズをもう一つ。 ボトルを水で一杯にし冷凍庫で凍らせます。その後、床の上に敷いたタオルの上に置いて、踵骨棘のある足でボトルを前後に転がします。 一日三回少なくとも5分間、この反復運動を行ってください。

簡単なストレッチとなるこれらのエクササイズは非常に効果的です。夜、副木を当てるのも踵骨棘の治療に有効で、副木はドラッグストアで見つけることができます。 時間が経つにつれて改善されますが、症状を軽減するために時には手術が必要な場合もあります。辛抱強く、ケアしてください。