省エネ効果 電気を使わずに暗い空間を明るくする方法5つ

7月 25, 2019
ほとんどの家には、日中でも照明が必要になる暗い場所があるでしょう。

本記事では、家の中の暗くなりがちな場所を、電気を使わずに明るくする方法をご紹介します。

インテリアのヒントに従えば、自然な光が限られていても、ある程度の効果を発揮することができます。

ぜひお試しくださいね!

電気を使わずに暗い空間を明るくするためのヒント

落ち着いた快適な居住空間を維持するためには、自然光や照明が欠かせませんが、ほとんどの家には暗くなりがちな場所が生まれます。

このような場所を明るくしようとすると、改築や電気代にお金がかかるケースもあります。

しかし心配は無用です!

今回のヒントを活用すれば、暗い空間も明るくなること間違いなしです。

1.明るい色を選択

ペンキ塗り 暗い空間を明るくする

白とパステルカラーは、これらの色で囲まれたスペースをより大きく明るく見せます。

狭いスペースを明るく見せるためには、白やパステル調の色合いを使うのが良いでしょう。

これらの色調を使用することで、空間を広く見せるのに役立ちますが、逆に暗い色調はスペースを狭く暗く見せます。

これらの理由から、壁や家具は淡い色を選ぶのがお勧めです。

ただし、やりすぎないように気をつけ、小さな家具や枕、低いテーブル、カーペットなどのアクセサリーを使って、これらの淡い色を加えることができます。

こちらもご参考に:電気代を節約する方法7選

2.  鏡を使う

鏡は、薄暗い場所で自然光の投射を増やすのに役立ちます。

また家のインテリアとも良く調和するため、明るい色の枠がついた大きな鏡がお勧めです。

大きな鏡を1枚用意する以外にも、いくつかの小さな鏡を組み合わせたり、2つの鏡をバランスよく配置して、暗い空間を明るく見せる方法もあります。

3. ガラスの扉を取り付ける

暗い空間を明るくする方法の一つとして、部屋のドアを変える方法があります。

手間のかかる高価な方法ですが、部屋の外の空間の光を部屋の中に取り込む効果があります。

つまり言い換えれば、窓と同じような役割を果たします。

ガラス製のドアだけでなく半透明など様々な選択肢があります。

もう一つの方法はカーテンを使用する方法です。

ドアを開けた状態でカーテンをつければ、外からの光は通すけれど部屋の中が丸見えにならない効果があります。

4.光沢のある床を選ぶ

光沢のある床 暗い空間を明るくする

光沢のある床は、暗い場所や狭い場所を明るく見せる効果があります。

白や淡い色、またはパステルカラーの木製の床を選びましょう。

ファッショナブルで光沢のある床は、暗い部屋が明るくなる効果があります。

こちらもご参考に:床タイルを掃除するための7つのヒント

5. 天窓を取り付ける

環境に配慮して、電気の使用を最小限に抑えるためには、天窓がお勧めです。

家の中が暗くなりがちな場合は、自然光が通過する天窓がお勧めです。

天窓があれば、日中はほとんど電気を使用する必要がありません。

狭く暗いスペースを明るくし、電気の使用を最小限に抑えるための方法はいかがでしたか?

早速試して、家の中を明るくしましょう。