舌は健康の窓?/あなたの舌が教えてくれること

11月 29, 2015
舌には何千という神経末端があり、それぞれ直接身体の各器官と結びついています。舌の色ときめをチェックすることで、あなたの健康状態についてたくさんのことがわかります。

舌は、身体の中で、もっともたくさんの情報を伝えてくれる筋肉のひとつ。話をしたり、物を食べるときに役立つだけでなく、わたしたちの心身の健康状態についても教えてくれます。舌を「読む」ことを学んだら、潜在的な健康上の問題を発見する手がかりとなり得ます。

そのわけは、舌は何千もの神経末端で覆われていて、そのひとつひとつが体内のあらゆる器官と関連しているから。身体のどこかがきちんと機能していないとき、舌はその色ときめ(表面の感触)の変化をとおして、わたしたちに知らせてくれるのです。

今回は、あなたの舌が、心と身体の健康状態について何を伝えようとしているのか理解するのに役立つチェックポイントをいくつかご紹介します。さっそく鏡とにらめっこして、舌の状態をこまかく観察してみませんか。

ピンク色の舌

このタイプの舌は、わたしたちが健康であり、ヘルシーな生活を送っていることを知らせています。きちんとした食生活・消化のサインであるだけでなく、情緒的にも安定している証拠です。

赤い舌

 

shitaもしあなたの舌が赤ければ、のど、または内臓に支障があるサインかもしれません。舌の先が赤いときはなおさらです。情緒面でいえば、赤い舌は、イラつくきやすい・ストレスを感じやすい人によく見られます。

舌にできた小さな潰瘍

舌の潰瘍

舌にできる潰瘍は、ウイルス性または真菌性の感染症に伴う場合が多いです。また、ビタミンA・ビタミンC不足や、加工食品・脂質・砂糖の摂りすぎのサインである場合もあります。情緒面では、感情的になりやすく、いつも不安でストレスを感じていることを意味している可能性があります。また、怒りを抑圧している人たちにもよく見られます。いつもお口の中の衛生に気を配り、感染症が疑われる場合は、医師の診断をあおいでください。

味蕾の炎症

これは明らかに栄養欠乏症のサインです。この問題を解消するには、白い舌の項に挙げている栄養上のアドバイスに従うことが大切です。歯みがきするとき、歯ブラシでやさしく舌をそうじするようにしましょう。味蕾の炎症は、ストレスや、まわりの変化にうまく対応できないときにも起こり得ます。

白い舌

このタイプの舌は、明らかに腸や消化機能に問題があることを示しています。飽和脂肪酸や、精製された砂糖・小麦粉の摂りすぎが原因かもしれません。また、毒血症(腸や血液中に毒素が貯まることで起こる疾患)のサインであることもあり、その他の病気を引き起こしかねません。

舌2

もしあなたの舌が白い苔で覆われているのに気づいたら、食生活を改善し、飽和脂肪酸・加工食品・乳製品・揚げ物全般を避けて、身体をきれいにする食品を選ぶことが非常に大切です。情緒面では、白い舌は、神経過敏で不安な状態を示している可能性があります。こういう心の状態は、消化の問題や、さまざまな重要臓器の機能不全を引き起こし、わたしたちの健康を著しく損ないかねません。

ツルツルの舌

このタイプの舌は、栄養欠乏症のサインであるだけでなく、貧血症であることを示している可能性があります。この場合は、ビタミンCと鉄分が豊富な食品をもっと食べるようにしましょう。情緒面では、うつになりやすく、すぐ弱気になってしまう心の状態を示しています。

舌の炎症

舌の炎症は、ヘモグロビン(血色素)濃度が低い(貧血症として一般に知られている状態)というサインかもしれません。

地図状の舌苔

このタイプの舌は、表面に赤・ピンク・または白色の地図に似た模様があらわれるため、地図状舌と呼ばれています。遺伝の場合もありますが、再発するようなら、アレルギーか、ある種の食品に対する不耐性のサインかもしれません。情緒面では、非常に繊細で、イラつきやすく、人の言動が気になるタイプの人が多いようです。

あなたへおすすめ