シス:困難な状況を乗り越えるフィンランド魂

· 12月 29, 2017
第二次世界大戦中、ロシアよりも少ない人数で戦ったフィンランド軍は、仲間を鼓舞するために、フィンランド魂と訳される「Sisu(シス)」という言葉を使いました。

人生は思いもよらぬ方法で私たちにダメージを与えることがあるので、困難に直面した時に活用できる「戦略」を持つことが大切です。逆境に強い免疫力を生まれながらに持つ人はいませんし、誰も困難や逆境から立ち直る方法を直接指導してくれることもありませんが、私たちは遺伝子的、そして生物学的に逆境に打ち勝つ力を備えています。

人間はある3つの「魔法のような力」により現在の位置に登りつめました。それは、忍耐力、回復力、そして勇気です。

人生の中で私たちは何度も困難に直面します。何かを克服し、達成するために行った努力や挑戦を私たちは誇りに思うべきです。

自分と違う文化を持つ人々はどのように逆境を乗り越えているのかと考えたことはありませんか?

本記事では、フィンランド魂と訳される「Sisu(シス)」というフィンランド語とともに、寒い地域に住む暖かい心を持ったフィンランド人が、どのように強く戦う精神力を手に入れたのかを学びます。

こちらも参考にして下さい:苦しみや困難は人を強くする

困難な状況には勇気のある精神力

シス:困難を乗り越えるフィンランド魂

今日、多くの人にとってフィンランドは、素晴らしい社会政策を持ち、ほぼ腐敗のない理想的な国家で、経済的にも最も進んだ民主的な国家の一つでしょう。他国にインスピレーションを与えるような素晴らしい国である以上に、フィンランドを語る上で忘れてはいけない逸話があります。

1939年11月、ロシアがフィンランドとの開戦を宣言した時、フィンランド人の勇敢な性格が歴史的にも記録されています。

1939年、80万人のフィンランド人兵士が250万人のロシア人兵士と戦うことになった。

このフィンランドとロシアの対立は、間違いなく歴史上最も人々の興味を引く紛争の一つです。

フィンランドには80万人程度の兵士しかいなかったのに対して、ロシアの戦士は200万人以上でしたが、フィンランド人は激しくそして強く抵抗し、1年に及ぶ激しい戦いの後、彼らは平和を宣言して「シス」という言葉を残しました。

シス:自分の内なる可能性

シス:困難な状況を乗り越える

シスとはすべての人が内面に持ち合わせている力で、通常は休止している。

しかし、逆境に置かれた時や困難に直面した時にこの力が目を覚まし、その力が発動します。私たちは逆境に抵抗し、その状況を乗り越えて克服するためにその力を使います。まさにフィンランドの人々の第二次世界大戦での行動と同じです。

シスは内なる自分からの励ましの叫び声であり続け、どれほど困難に直面しても決して諦めることのない強い心を持ち続けます。

ここからはシスを実践する方法をご紹介します。

シスを活用して困難を乗り越える5つの鍵

シスで困難を乗り越える
1.ストレスをコントロールし、恐怖心に支配されない

困難な状況では自分の不安感とストレスを制御することが大切です。

負の感情に心を支配されてしまうと、逆境に立ち向かう力がなくなり、最終的に自分自身が壊れてしまいます。

自分自身の恐怖心をコントロールし、パニックを起こしそうになる気持ちを抑えながらストレスを制御することが大切です。

2.困難には辛抱強さが必要

辛抱強さは、現在では忘れられている素晴らしい力です。現代社会では何でも「すぐに欲しい」と考えるため忍耐力のない人が増えています。

シスを持つ人は忍耐強く、苛立ちを受け入れながら創造性を失いません。適切な時間が来るまで辛抱強く待ち、諦めることなく一歩ずつ力強く進んでいきます。

3.正直さと敬意

自分自身と他者への敬意がフィンランドの人々にとっては大切なことです。

戦争中のフィンランドの人々にとって、生き抜くために一緒に戦っている周りの人々に敬意を払うことでお互いの生活や状況を改善することができました。

4.小さな衝突を解決する方法を学び、大きな問題を解決できるようになる

「シス」を持った人々は問題にしっかりと直面してその解決策を見出します。

衝突や紛争は人生の一部であり、基本的な問題を解決し多くのことを学ぶことで、その後直面する複雑な逆境に対応できるようになります。

こちらの記事もお勧めです:精神的に強くなる7つの鍵

5.今日、明日、そしていつでも回復力に富む

勇敢さと賢さを兼ねそろえた魂を持つ人、つまり人生の逆境をチャンスに変える勇気を持った強い人は回復力に富んでいます。

フィンランドの人々が問題に直面するときの対処方法は、全く未知のものではありません。彼らの「シス」から多くを学び、日々の生活の中のインスピレーションとしてください。