心腔内注射って何?

15 4月, 2020
心腔内注射とは、緊急時に行われる医術です。直接心臓に薬剤を送り込みます。
 

心腔内注射とは、緊急時に薬剤を投与する方法の一つです。緊急時とは、その患者に死亡リスクが発生していると考えられる時です。この場合、心臓に直接薬剤を投与することができます。直接血流に流れ込み、即効性があるでしょう。

この方法が用いられる最も一般的なケースは、心停止を起こしている時です。薬剤が吸収される必要がないのでとても効果的です。すぐに効果が出始めるでしょう。待つ必要はありませんし、100%の投与量が有効です。

また、待機時間を飛ばすことによる変動性、患者の年齢などによる変動性もありません。つまり、迅速かつ的確に処置をすることができるのです。患者の意識がなく、患者から情報を引き出せない場合にとても役に立ちます。

心腔内注射はどのように行われる?

心臓

心腔内注射の最初の段階は、少なくとも10.2cmの長さの消毒針を準備をすることです。心臓に直接使いますので、長さがこれ以上短くてはいけません。

針を用意したら、投与したい薬剤を入れます。次に、患者の肋間間隙を確認します。肋間間隙とは、その名の通り肋骨の間の隙間です。通常は見つけやすい部分ですが、患者が肥満である場合は見つけにくいこともあります。

4番目の左肋間間隙または、4番目と5番目の肋骨の隙間を見つけたら、左側の胸骨に繋がるであろうラインを想像し、それに従います。大体、そこに心臓があります。

 

最後に、シリンジを入れ、薬剤を投与します。とても難しい技術ですが、薬剤が心筋に到達すれば、止まっていた心臓が動き出す助けとなるでしょう。

 

こちらも合わせてどうぞ:心臓の機能を活発にするエクササイズ4種

 

心腔内注射に使われる薬剤はどのようなもの?

心腔内注射で最もよく使われる薬剤は、アドレナリンでしょう。通常0.1%のアドレナリンが投与されます。深刻な副作用なく、心臓が活動を始めてくれるからです。また、投与された薬剤はすぐに働くということを覚えておきましょう。そのため、量が多すぎると死に繋がる危険もあるのです。

アドレナリンは、エピネフリンとしても知られています。交感神経系の強力な活性剤の一つです。心臓は、交感神経系の送るシグナルによって鼓動を始めます。従って、交換神経系を変えることは、心臓の電気的活動を変えてしまうことになり得るのです。

心停止が起きた後、5分以内の心腔内注射は生存に繋がることを示した研究結果がいくつかあります。ですが、いつでも有効であるというわけではありません。一刻を争う救命救急ではタイミングが重要だからです。そのため、生存率はどのくらい早く薬剤を投与できたかによるでしょう。

 

こちらも合わせてどうぞ:アドレナリンの分泌:活性、ストレス、頭痛ホルモン

 

心腔内注射をするベストタイミング

ストレッチャーで運ばれる患者
 

心臓マッサージをしている時は、心腔内注射をするべきではありません。心臓マッサージは、注射とは別に行います。別に行うことで薬剤は完全に心筋に到達するでしょう。心臓虚血が減らせるかもしれません。

局所貧血とは、血液が細胞に到達せず、栄養を与えられないために細胞が死んでしまうプロセスです。このプロセスは、多くの心疾患で起こります。ですが、最もよくあるのが心筋梗塞、つまり心臓発作です。

心停止になったら、心臓は体に血液を送り出すことを止めてしまいます。そして細胞は死に始めます。この過程にストップをかけるために心腔内注射をする必要があるです。そうすると、血液が再び流れ、体にいきわたるでしょう。

最後になりましたが、この心腔内注射は、資格のあるプロのみが行える医術であることを忘れないでください。