脂肪肝に効く5つのハーブ療法

· 12月 29, 2017
脂肪肝と診断されたことはありますか? 脂肪肝と診断された方や、脂肪肝予備軍になるのが怖い方は今回ご紹介するハーブ療法を継続してください。

脂肪肝は医学用語では肝脂肪症として知られている病気で、生活の質を著しく低下させる可能性のある病気です。しかし幸いにも、脂肪肝に効く自然な方法があります。

体内器官の細胞に脂肪酸およびトリグリセリドが蓄積することで脂肪肝を発症し、排泄機能と代謝機能に障害が発生します。脂肪肝はアルコールを過剰に摂取する人によく見られる症状ですが、乱れた食生活や肥満とも関連していると言われています。

脂肪肝を制御するための治療法が数多く存在しますが、なかなか深刻な症状が現れないため、多くの患者は早期治療を行わないことがほとんどです。

ただし、脂肪肝により体内の炎症反応を誘発し、特定の食品の消化不良を発生する可能性があるため、正しい生活習慣を実践して専門医の医学的な指導に従いながら、脂肪肝の症状を緩和する自然療法を実践することをお勧めします。

本記事では、脂肪肝に効く5つのハーブ療法をご紹介します。ぜひお試しください!

1.アーティチョーク茶

アーティチョークウォーター

アーティチョークで作ったお茶にはデトックス作用と消化機能を向上する効果が期待できるため、脂肪肝に良いかもしれません

また、豊富に含まれる食物繊維と抗酸化物質により、肝臓の健康を維持する助けとなるかもしれませんよ。

材料

  • アーティチョーク 1個
  • 水 3カップ (750ml)

作り方

  • アーティチョークを小さく切り、水を入れた鍋の中に入れます。
  • 鍋を火にかけて沸騰させたら、5〜8分間火にかけ続けます。
  • 火を止めてからしばらく抽出させた後、漉して液体のみを取り出します。

摂取方法

  • 空腹時、そして毎食ごとに飲んでください。

こちらもお読みください『アーティチョークの効果8選

 

2.タンポポ茶

タンポポ茶には抗酸化物質と抗炎症成分が豊富に含まれているため、肝臓組織に蓄積された脂質を減少させる効果が期待できるかもしれません。

また代謝を向上しながら脂肪と毒素の排出を促進してくれるでしょう。

材料

  • タンポポ 大さじ1(10g)
  • 水 1カップ(250ml)

作り方

  • 沸騰した水にタンポポを加えます。
  • 蓋をして10〜15分間抽出させます。

摂取方法

  • 1日2〜3回、空腹時に飲みましょう。
  • 2週間継続してください。

こちらもお読みください『タンポポが湿疹に効果を発揮

 

3.マリアアザミ茶

マリアアザミ

マリアアザミは、肝臓ケアに高い効果があるとして海外で人気の高いハーブです。特に、マリアアザミに含まれるシリマリンという成分が脂肪の蓄積から肝細胞を保護すると考えられています。

実際、シリマリン保有食品が、慢性の肝機能障害者の治療補助食品として極めて有用であることを示した研究結果があります。

材料

  • マリアアザミ 小さじ1(5g)
  • 水 1カップ(250ml)

作り方

  • 水を沸騰させたらマリアアザミを加えます。
  • 蓋をしたら10分間かけて抽出します。
  • 濾してから飲んでください。

摂取方法

  • 1日に1回飲んでください。
  • 2〜3週間継続してください。

4.ボルド茶

天然のボルド茶は肝機能障害や問題を緩和するのに最も効果のあるハーブ療法の一つです膀胱の機能を刺激しながら脂肪を分解することで肝細胞に脂肪が蓄積されるのを予防してくれるかもしれません。

材料

  • ボルドの葉 大さじ1(10g)
  • 水 1カップ

作り方

  • 水を沸騰させたらボルドの葉を加えます。
  • 3分間火にかけた後、火からおろしてください。
  • 10分間かけて抽出した後濾して飲んでください。

摂取方法

  • 1日2カップまで飲んでください。
  • 3週間続けてください。

5.ニガヨモギ茶

ニガヨモギ

ニガヨモギに含まれるアプセントなどの苦み成分が、肝臓の機能を向上させながら肝脂肪を撃退してくれるかもしれません。また脂肪の消化を促進しながら、消化機能を改善し、胃の炎症を軽減する効果が見られるかもしれません。

材料

  • ニガヨモギ 小さじ1(5g)
  • 水 1カップ(250ml)

作り方

  • 水を沸騰させたらニガヨモギを加えて火を止めます。
  • 10分間かけて抽出させます。
  • 濾してから飲んでください。

摂取方法

  • 2〜3週間続けて、1日1カップを飲んでください。

注意事項:ニガヨモギにはツジョンと呼ばれる成分が含まれているため、推奨量以上の摂取は危険です。過剰摂取は神経系の問題や消化機能の問題の原因となります。

脂肪肝と診断された方や脂肪肝が心配な方は、本記事でご紹介したハーブ療法を一度試してみてください。また加工品や脂肪分の多い食品を避け、健康的な食生活を心がけることも大切です。